IBM Cloud Blog

IBM Cloud Satelliteで迅速かつセキュアにどこでもクラウド環境を実現

記事をシェアする:

この投稿は、2021年3月9日に、米国 IBM Cloud Blog に掲載されたブログ(英語)の抄訳です。

分散クラウドは、クラウド環境間で一貫したセキュリティーとサービスを提供。これによりアプリケーション開発のスピードを向上させ、レイテンシーを減らし、ワークロードを一元化して可視化するとともにコンプライアンス管理を容易にすることができます。

さまざまなクラウド環境を利用することには多くのメリットがありますが、同時に大きな課題もあります。急速に進化する複数のプラットフォームを運用し、セキュリティーを確保するためには、一貫性のなさ、複雑さ、スキルや時間の不足などの課題を克服しなければなりません。クラウドを使い分けることは、それぞれの環境で必要とされる開発手法が異なるため、問題はさらに複雑になります。

例えば、金融サービス会社が米国に拠点を置き、北米のオンライン・ビジネス向けに決済ソリューションの販売に成功したとします。急速な経済成長を遂げている東南アジアでは、その決済ソリューションを提供するチャンスがあります。しかし、地理的に遠い新規市場への参入には、データセンターや新しいスタッフなど、多額のコストがかかり、提供までの道のりも長くなるというリスクがあります。これらのリスクをうまく管理できなければ、顧客に利益をもたらす価格が上昇し、企業の競争力が低下する可能性があります。さらに、地域内で、しかも2秒以内に支払いを処理できることが規制で要求されます。違反した場合のペナルティーは数百万円にもなります。

このような課題に対応するために、分散クラウドが大きなメリットをもたらすでしょう。まず、分散クラウドを利用することで、オンプレミスのデータセンター、コロケーション・サイト、クラウド・プラットフォーム、小売店などのエッジ・ロケーションなど、お客様が選択するあらゆる環境にソリューションを提供することができます。また、一連のカスタマイズを不要にするために、開発チームは通常のパイプラインを使用して既存のアプリケーション・コードを修正し、データを取扱うためのローカル・ルールに柔軟に対応させることができます。最後に、パイプラインに新しいターゲットを追加することで、必要に応じて最新のアプリケーションを複数の拠点に展開することができ、運用スタッフを大幅に増やすことなくビジネスを拡大することができます。

分散クラウドのソリューションとして、 IBM Cloud Satellite をご利用いただけば、必要なところで、アプリケーションをより迅速によりセキュアに構築することができます。

動画 (6分27秒,英語版) を見る:

IBM Cloud Satellite がご利用可能になりました

パブリック・クラウドで管理され、IBM がas a service として管理する単一のビューで提供される IBM Cloud Satellite により、IBM クラウド・サービスをどこにでも展開できるようにします。

IBM Cloud Satellite をご利用いただけば、パブリック・クラウドのセキュリティーや運用面でのメリットをすべて活用しながら、アプリケーションを必要な場所で柔軟に実行できるようになります。サテライト・ロケーションとして、オンプレミスのデータセンター、コロケーション・センター、パブリック・クラウド、またはエッジをご利用いただけます。企業のアプリケーションを、データの置かれているすぐ近くで実行することで、遅延を減らし、データのセキュリティーを高めることができます。クラウド・サービスを特定の国や地域で稼働させることで、現地のデータ居住規制を容易に遵守することができます。IBM Cloud Satelliteでは、IBMパブリック・クラウドと同様に、冗長な運用業務やプラットフォームの違いに煩わされることなく、アプリケーション開発に集中することができます。

IBM Cloud Satellite により、以下のようなことが可能になります:

  • 最も最適な場所でワークロードを実行: 他のベンダーのパブリック・クラウドとは異なり、IBM CloudはオープンソースのKubernetesを基盤として構築されており、IBM Cloud Satelliteのロケーションへの移植性を高めています。パブリック・クラウド、自社データセンター、エッジ・ロケーションなど、どのような環境でもワークロード、データ、サービスを実行できるため、環境全体で一貫したアプリケーション運用とパフォーマンスの向上を実現できます。.
  • データやワークロードがその場所に残ることによる、監査性や説明責任の向上: ワークロードを規定の場所に維持することで、監査やコンプライアンスを優位に進めることができます。
  • 新しい市場やニーズへの迅速な対応:共通のサービス型プラットフォームを利用して、クラウド・ネイティブ・ツールをあらゆる場所に拡張できます。同時に、既存のコードを変換して、数ヶ月ではなく数日で新しいアプリケーションを構築することができます。これらのことは、競争上の脅威に迅速に対応することにつながります。
  • API駆動の豊富なクラウド・サービスとソフトウェアのカタログにアクセス: ボタンをクリックするだけで、あらゆる環境にクラウドサービスを展開できます。
  • サービスの可用性と管理を簡素化: 単一の管理ダッシュボード、共通のアイデンティティー管理とアクセス管理、IBM Cloud Satelliteのすべての拠点における集中的な可観測性を実現します。これにより、データやワークロードが存在する場所でエンド・ツー・エンドのセキュリティーを実現します。

 

主要なコンセプトとコンポーネント

IBM Cloud Satelliteは、 IBM Cloudを “ロケーション “という新しい概念で拡張します。ロケーションとは、サービスやアプリケーションを実行できるIBMパブリック・クラウド外のインフラです:

Locations are infrastructure outside IBM public cloud where you can run services and applications: 

ロケーションは、アプリケーションやIBM Cloudサービス・インスタンスを実行するためのキャパシティーを提供するRed Hat Enterprise Linuxホストによってサポートされます。IBM Cloud Satellite は、お客様が現在ご利用中のインフラストラクチャーをサポートします。さらに、お客様は、統合アプライアンスやIBM Cloud Satelliteに関連したインフラストラクチャー・サービスを介して、IBM Cloud Satelliteロケーションを実行することを選択できます:

jmc2

ロケーションを作成して入力すると、Red Hat OpenShift, IBM Cloud Pak for Data as a Service, IBM Cloud Databases, Continuous Delivery pipelines, AI などのIBM Cloudサービスを実行するために、そのロケーションの利用を開始することができます。

Once you create and populate a location, you can start using it to run IBM Cloud services, such as Red Hat OpenShift, IBM Cloud Pak for Data as a Service, IBM Cloud Databases, Continuous Delivery pipelines, AI and more:

IBM Cloud Satelliteのロケーションは、 IBM Cloud カタログ,のターゲットにもなり、IBM Cloud Satelliteのロケーションで稼働するクラスターに IBM Cloud からソフトウェアをデプロイすることができます。IBM Cloud Satelliteでは、IBM Cloud PakをクラウドのマネージドのOpenShiftクラスター上のどこにでもデプロイできます。

IBM Cloud Satelliteは、ロケーション間の構成を管理し、ロケーションとIBM Cloudの間、およびそれらのロケーションで稼働するアプリケーション間のネットワーク・トラフィックを制御する機能を提供します。

単一の管理画面により、オンプレミス、クラウド・プラットフォーム、エッジ・ネットワーク環境全体で、Satellite ロケーションで実行されているすべての IBM クラウド・サービスとアプリケーションを表示して管理できます。

Satellite Configにより、アプリケーションのグローバル・ビューを提供し、構成とアプリケーションのデプロイメントをコントロールします。

Satellite のセキュリティーにより、IBM Cloud コンソールで始まり、ポリシー、ロギング、モニタリング、IAM などの使い慣れたコントロールを拡張できます。

Satellite Linkは、IBM Cloud Satelliteのロケーションと、ロケーションを管理するIBM Cloudのリージョンとの安全な接続を管理する、双方向のトンネルです。お客様のロケーションでやりとりするする暗号化された通信は、Linkトンネルサーバーによってプロキシされ、この接続のネットワーク・トラフィックを監視・監査することができます。IBMがお客様のデータを見たり触ったりすることはありません。

IBM can never see or touch your data.

 

 

詳しくは:

IBM Cloud Satelliteについてさらに詳しいことは、こちらをご参照いただけますと幸いです。

  • IBM 分散クラウドお役立ち情報: こちら
  • IBM 分散クラウド Cloud Satellite 公式サイト: こちら

 

分散クラウドやIBM Cloud Satelliteに対するご質問やご相談がございましたら、ぜひ公式サイト(こちら)からお寄せください。


翻訳:IBM Cloud Blog Japan 編集部

*このブログは、2021/3/9に発行された“Build Faster, Securely, Anywhere with IBM Cloud Satellite”(英語)の抄訳です。

More IBM Cloud Blog stories

VMwareワークロードのモダナイゼーションを支援する新たなマネージド・サービスを開始

IBM Cloud Blog, IBM Cloud News

IBM Cloud for VMware as a Serviceにより、企業はハイブリッドクラウドから価値を引き出すことが可能に IBMは、従来のIBM Cloud for VMware Solutionsに加え、お客 ...続きを読む


無事に閉幕: IBM Cloud から Intel® Innovation 2022 イベント参加報告

IBM Cloud Blog, IBM Cloud News

初めて対面で行われた開発者向け Intel® Innovation イベントの閉幕を迎え、1 つの大きなコミュニティーとしてつながることに刺激を受けた IBM Cloud 現地には 1,300 人を超える参加者が集まり、 ...続きを読む


Unified Key Orchestrator (UKO)でGoogle KMSも簡単に暗号化鍵管理が可能となりました

IBM Cloud Blog, IBM Cloud News, IBM Cloud チュートリアル

Google KMS をご使用のお客様も、Unified Key Orchestratorに取り込むことにより、暗号化鍵管理のための時間と労力の削減が可能になります。 新たな最先端科学技術により機密データ処理を横断するこ ...続きを読む