IBM Cloud Blog

ニューノーマル時代のエッジを活用した人の密集度の測定とは

記事をシェアする:

世界中で、従業員の健康と安全が最大の優先事項になっています

現在、公共の場における人の密集を最小限に抑えるための取り組みが実施されていますが、これは、おそらくより長期にわたっても実施されるでしょう。

COVID-19をはじめ、空気感染するウイルスの拡散を食い止めるためには、稼働率を低くおさえる必要があります。小売店や、スーパーマーケット、工場、銀行、公共の建物など、あらゆるビジネスに当てはまります。

同様に、特定の場所における人の密集度をリアルタイムに監視できることも重要です。

特定の場所で、カメラの視野の中で測定される情報に基づいて。人の密集度を監視するために、エッジコンピューティング技術がどのように活用されているかをご覧ください:

動画(1分21秒,英語)を見る:

 

他にもいくつかの事例を確認しましょう

これにはAIとエッジを活用した仕組みが使われています

IBM Edge Application Manager を活用した、AIベースのビデオ分析により、人々の安全が守られています。

IBM Edge Application Manager は、人の密集度を近接度を、個人を認識せずに、リアルタイムで測定できるエッジ対応カメラでワークロードを分析します。

カメラが分析する際、ビデオデータや個人のプライバシーは保護されます。データの送信や分析処理にかかる費用もかかりません。

分析結果は、取り込まれると IBM Maximo Worker Insights platform に送られます。人々の安全に関するさまざまな規制・条件を改善に導くための洞察に基づいて行動することができます。

IBMのエッジを活用したイノベーションにより、人々を健康上のリスクからも保護することができます。

いかがでしたでしょうか。データからの洞察に基づいて行動するために、IBMがどのようにお手伝いできるか、ご理解いただけると幸いです。そして、 通常の業務へ1日も早く戻れるようになることを祈念しております。


投稿:IBM Cloud Blog Japan 編集部

*このブログは、2020/8/31に発行された”IBM Cloud Blog “Crowd Density Measurement at the Edge”(英語)の抄訳です。

More IBM Cloud Blog stories

第9回『サーバーレスとバッチ処理の運命的な出会い』

IBM Cloud Blog, IBM Partner Ecosystem

コンテナオーケストレーション環境であるKubernetesを利用して得られるメリットとして何が思いつくでしょうか? 良く聞く中には、コンテナ(Pod)がダウンした際に自動復旧する、複数のコンテナが分散配置されることで、W ...続きを読む


第8回 『IBMが企業におけるコンテナ利用実態を調査!採用する企業の急増』

IBM Cloud Blog, IBM Partner Ecosystem

こんにちは。コンテナ共創センターを担当しております佐々木です。 日本企業でもいよいよキャズムを超えたと言われているコンテナですが、実際の現場ではどうでしょうか? アプリケーションのコンテナ化という概念は数十年前からありま ...続きを読む


総覧 : 2021年度 IBM Cloud関連 お客様事例

IBM Cloud Blog, IBM Cloud News, IBM Cloud アップデート情報

このブログでは、2021年度に、IBM Cloudをご利用いただき、そのお取り組み内容を広く一般に公開されたお客様並びにパートナー様をご紹介します。あらゆる業種、さまざまな企業規模のお客様が、どのようなビジネス・シーンで ...続きを読む