IBM Cloud Blog

Citrix VM Tools(Xentools)の更新について  (4/5)

記事をシェアする:

IBM Cloudをご利用いただきありがとうございます。

前回はXentools7.xから9.xへのアップグレード手順についてお話させていただきました。
今回はxentools7.xと9.xが重複導入されている環境の9.xのクリーンインストール手順について、ご案内していきます。

第1回目で少し触れましたが、メジャーバージョンが変わるようなアップグレードを行った際に、既存のXentoolsのアンインストール処理を行っていなかったり、あるいはアンインストール処理が正常に完了していない環境下で、異なるメジャーバージョンのXentoolsのインストールを行うと複数のXentoolsが重複されて導入されるという状況が生じます。基本的な手順や流れは第3回目でご案内いたしましたXentools7.xの手順とほとんど同じですが、変更点としては項番7において重複している両方のバージョン(9.xと7.x)をアンインストールする箇所となります。

Xentoolsのクリーンアンインストールについては、Citrix社が公開している下記KBを元にしておりますので、併せてご確認ください。

How to Remove XenTools for Clean Install
https://support.citrix.com/article/CTX225911

1. システムバックアップを取得
2. インストーラーパッケージをダウンロードサイトから入手
http://downloads.service.softlayer.com/citrix/xen/
※ 上記ダウンロードサイトはIBM Cloud Private Networkに接続可能な端末からのみアクセス可能です。
3. インストーラーパッケージをVSIに配置
4. ネットワークインターフェースの設定を確認
※ Xentoolsを更新することで、ネットワークアダプターが新しいバージョンのアダプターに置き換わることがあります。この際に、もともと設定されていたネットワーク情報が引き継がれずDHCPになるという事象が確認されております。このような事象が発生した場合に備え、KVMコンソールから接続しネットワークの設定を手動で戻すことができるように作業前に設定情報を確認しておくことが推奨されます。
5. 「システム構成」からMicrosoft以外のサービスとCitrixのサービスを無効化

※McAfee関連サービスなど一部無効化できないものもあります。
6. 表示される指示に従いWindowsを再起動
※「システム構成」でサービスの有効化/無効化を行うと再起動を求められます。
7. 「プログラムと機能」から”Citrix VM Tools”と”Citrix XenServer Windows Management Agent”をアンインストール
※ マイナーバージョンによって「プログラムと機能」に表示されるXentoolsの名称が異なりますので適宜読み替えてください。
9.2.x – Citrix VM Tools
9.1.x – Citrix Hypervisor Guest Tools
9.0.x – Citrix Hypervisor PV Tools
8. 表示される指示に従いWindowsを再起動
9. system32/drivers/xen*.sysファイルを任意のバックアップフォルダにカット&ペースト
10. 「デバイスマネージャー」を開き「表示」>「非表示のデバイスの表示」を選択し以下のデバイスを削除
10.1 ネットワークアダプター > XenServer PV Network Device #
10.2 記憶域コントローラー > XenServer PV Storage Host Adapter
10.3 システムデバイス > XenServer Intreface
10.4 システムデバイス > XenServer PV Bus 0002/C000
10.5 システムデバイス > XenServer PV Network Class(表示されている場合)
※ Storage Host Adapterなどを削除した際に再起動を求められることがありますが、ここでは再起動を行わないようにしてください。
※ デバイスを削除する際に「このデバイスのドライバーソフトウェアを削除する」というオプションが表示される場合は、選択してください。
11. 「レジストリエディター」を開きバックアップとしてレジストリファイルをエクスポート
12. 値がxenfiltのアッパーフィルター(UpperFilters)を削除(存在する場合)
※ 例
HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Class{4d36e96a-e325-11ce-bfc1-00802be10318
HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Class{4d36e97d-e325-11ce-bfc1-00802be10318
HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Class{…

13. Windowsを再起動(再起動後追加で再起動の指示が表示された場合は、必要回数再起動を行う)
※ 正常起動しない場合は、KVMコンソールで接続し、[セーフモード/Safe Mode]もしくは[前回正常起動時の構成 (詳 細)/Last Known Good Configuration]で起動してください。
14. managementagentx64.msiを実行し、ウィザードに従って導入を進め、指示に従いWindowsを再起動
※ “Installation Update Settings” にて “Install I/O Drivers Now” が選択されていることを確認してください。
※ 再起動後にネットワーク越しに接続できない場合はKVMコンソールから接続しネットワークの設定を確認し、必要に応じて設定を戻してください。
15.「プログラムと機能」にて”Citrix VM Tools”が導入されていることを確認
※ マイナーバージョンによって「プログラムと機能」に表示されるXentoolsの名称が異なります。
9.2.x – Citrix VM Tools
9.1.x – Citrix Hypervisor Guest Tools
9.0.x – Citrix Hypervisor PV Tools
16. 「デバイスマネージャー」から以下のデバイスが正常に稼働している状態であることと、Xentoolsに同梱されているバージョンになっていることを確認
16.1 ネットワークアダプター>XenServer PV Network Device #0/1 (xennet) – 9.1.1.8(Windows Server 2012/2012R2の場合)/9.1.2.23(Windows Server 2016以降)
16.2 記憶域コントローラー>XenServer PV Storage Host Adapter (xenvbd) – 9.1.2.20
16.3 システムデバイス>XenServer Interface (xeniface) – 9.1.4.23
16.4 システムデバイス>XenServer PV Bus(0002/C000) (xenbus) – 9.1.3.30
16.5 システムデバイス>XenServer PV Network Class (xenvif) – 9.1.5.48
※ 上記デバイスのバージョンはXentools9.2.3のものです。以下のKBを参照し、導入されるバージョン毎に適切なバージョンに読み替えてください。
CTX235403 : Updates to Citrix VM Tools for Windows – For XenServer and Citrix Hypervisor
https://support.citrix.com/article/CTX235403
17. 「システム構成」から無効化していたサービスを元に戻し、指示に従いWindowsを再起動

今回のポイント
・Xentoolsが重複インストールされている環境では、「プログラムと機能」から両バージョン(9.xと7.x)をアンインストールする

次回は Xentoolsの自動更新の無効化についてお話します。

当Blogは、2022/06のIBM Cloud環境をベースにした検証結果を元に記載いたしました。
お客様の OS 環境によっては、ご紹介する手順で XenTools をアップグレードいただけない場合もあるかと思います。
その場合、ご利用中のVSIの OS を再ロードすることで、最新のメジャーバージョンの Xentools が導入された状態で新たな OS 環境を入手いただく方法もあります。(※ OS を再ロードするとIBM Cloudでプロビジョニング用に用意されたイメージによってOSが上書きされるため、もともとOS上に保管されていたデータが失われます。そのため、必要に応じて再ロードの前にデータのバックアップを行ってください。)
https://cloud.ibm.com/docs/bare-metal?topic=bare-metal-reloading-the-os

著者: IBM Cloud テクニカルサポート 片山 良夫

1回目 Citrix VM Tools(Xentools)の更新について
2回目 Xentools9.xの更新手順
3回目 Xentools7.xから9.xへのアップグレード手順
4回目 Xentools7.xと9.xが重複導入されている環境の9.xのクリーンインストール手順 ←当ブログ
最終回Xxentoolsの自動更新の無効化

More IBM Cloud Blog stories

IBM LinuxONE Bare Metal Serversの発表

IBM Cloud Blog

ITリーダーは、アプリケーションのモダナイズとコスト削減という既存のミッションに加え、サステナビリティーの実現という新たな課題に直面 IBM LinuxONEは、オンプレミスおよびオフプレミスの提供により、これらの目標を ...続きを読む


第17回『Kubernetesで業務ジョブどう管理していますか? Kubernetes Jobもあわせて管理IBM Workload Scheduler 』

IBM Cloud Blog, IBM Partner Ecosystem

こんにちは。IBM Automation Technical Sales AIOps Evangelist岩品です。 ただ今回のトピックは AIOpsは関係ありません。もっと身近なKubernetes 環境でのジョブのお ...続きを読む


IBM Cloud為替レート改定 -カタログ掲載定価(円通貨) – 改定のお知らせ

IBM Cloud Blog, IBM Cloud News

IBM Cloudをご利用のお客様各位 平素よりIBM Cloud をご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。 IBM Cloudご利用アカウントオーナーにすでに通知させていただいておりますが、昨今の為替市場レート ...続きを読む