設備保全・高度解析

AI Applications | 設備保全・高度解析

高いビジネス価値を生み出すインテリジェントな植生管理

Cognitive Applications Blog, 設備保全・高度解析

  ■ 伐採不足がもたらした40億ドル以上の被害額 2003年8月14日、米国北東部およびカナダで発生した停電は歴史に残る最悪規模のもので、5000万人近い人びとに影響を与えました。 アメリカ国内だけをみても、 ...続きを読む


[事例] エンジニアリング革命のはじめ方 | AIを活用したリモート監視サービス

Cognitive Applications Blog, 事例, 設備保全・高度解析

  ときおり、本当に独創的で先見性に溢れたアイデアが登場し、業界全体が塗り替えられることがあります。その代表例の一つが、流れ作業式組み立てラインです。その登場により、製造業はそれ以前と完全に異なるものとなりまし ...続きを読む


IBM Open Technology Summit 2020 「本番志向!!業界特化型 IBM IoTソリューション」レポート

Cognitive Applications Blog, イベントレポート, 設備保全・高度解析

  「量子コンピューター、オープンテクノロジー、クラウド…。そうした新たなテクノロジーが次々出現する中で、われわれIBMはどこから来たのか、そして今どこにいて、どこへ向かうのか。 今日はそれをご来場の皆さまにご ...続きを読む


設備資産をどう守る? 複数の戦略を比較してみる

Cognitive Applications Blog, 設備保全・高度解析

  事前に決められたスケジュールに従うべきか。問題が明確になるまで待つべきか。予防保全にはメリット以上のデメリットがあるのか。 さまざまな戦略が存在していることからも分かるように、長期的に最も費用対効果が高い方 ...続きを読む


AIを使って設備稼働の未来を予測! Maximo “Predict”を動画で学ぶ

Cognitive Applications Blog, Webセミナー, 設備保全・高度解析

  想像してください。 あなたが管理・運用している施設や工場の、「どこに、いつ(何月何日に)、何を原因とした故障が発生するか」それらすべてが予測できたとしたら?   「それが分かれば苦労しませんよ…」 ...続きを読む


AIとIoTで現場を変革する施設・設備点検管理ソリューションセミナー・レポート

Cognitive Applications Blog, 設備保全・高度解析

  11月21日、「AIとIoTで現場を変革する施設・設備点検管理ソリューションセミナー」が日本IBMにて開催されました。 設備の老朽化によるコスト増、熟練者減少による作業品質の低下といった課題を抱える製造業、 ...続きを読む


想定外のメンテナンスを一掃するMaximo Asset Monitor

Cognitive Applications Blog, 設備保全・高度解析

  2030年までに、全世界で接続されているIoTデバイスの数は、1,250億に達すると予測されています。 この数字は、設備機器のインテリジェント化がどのように進んでいくかを明確に示していると言えるでしょう。そ ...続きを読む


ガートナー、2019年版のマジック・クアドラントでもIBM MaximoをEAMソフトウェアのリーダーと評価

Cognitive Applications Blog, 技術動向・トレンド, 設備保全・高度解析

  ■ ガートナー、Maximoを10年以上連続エンタープライズ資産管理のリーダーとして評価 IBMは、2019年のガートナー社のマジッククアドラント(特定テクノロジー市場で競合している各社を相対的に位置付ける ...続きを読む


5G時代に企業が成功を収めるために – マルチクラウド、AI、IoT

Cognitive Applications Blog, 技術動向・トレンド, 設備保全・高度解析

5Gの「超高速大容量」「超低遅延」「多接続」がもたらすもの バルセロナで開催された今年のモバイルワールドコングレスでは、実用化が検討されている次世代通信システム「5G(Fifth Generation、第5世代移動通信シ ...続きを読む


AIとIoTで、設備資産管理を「周期基準対応」から「状態基準対応」へ

Cognitive Applications Blog, 設備保全・高度解析

  安価なセンサー、低コストの通信、そしてクラウドコンピューティングの普及により、さまざまなモノ(Things)から莫大なデータが生みだされ発信され続けています(IoT: Internet of Things) ...続きを読む


IBMが描く未来の労働者の安全 – 産業用IoT界のイノベーターと共に

Cognitive Applications Blog, 設備保全・高度解析

  ■ 従業員の安全をどう守るのか 米国安全性評議会は、毎年2万人以上の参加者が集まる恒例のコンベンションをカリフォルニア州サンディエゴで先日開催しました。このコンベンションは世界最大規模の健康と環境に関する会 ...続きを読む


動画紹介: 作業員向けAIアシスタントの概要と機能

Cognitive Applications Blog, Webセミナー, 設備保全・高度解析

  設備の複雑化、保全業務の高度化、技術者不足などから「保全品質の低下と運用コストの増大」への対応策が求められています。 IBMは、すべての技術者が熟練技術者のように活動できるよう支援するAIアシスタントにより ...続きを読む