事業継続

「業務での省人化、自動化の徹底」- 新型コロナウイルス対策 ビジネス・ソリューション

記事をシェアする:

人の移動が制限されることを前提にした業務態勢を強化するための新型コロナウイルス対策 ビジネス・ソリューション。
本ページでは、その中でも中長期的に取り組む、お客様の次世代戦略テーマの「業務での省人化、自動化の徹底」についてご紹介いたします。


パンデミック・エピデミックケースへの業務継続性を担保するために、業務や取引での人の介在や現物での対応をできるだけ最小化し、業務の自動化を推進

 

今必要な取り組み ソリューション
  • ペーパーレス・キャッシュレス化の加速

 

  • 営業店を起点とした取引の電子化と、セルフサービスの仕組みへの加速
  • 紙をベースにした業務プロセスのデジタル化

 

  • SFA/CRM デジタル成熟度診断 – 営業領域における変革の課題を分析して、新しい時代に求められる営業戦略、業務、システム、組織、人材のあり方を再定義。顧客と物理的な接点を持たずに売上げを拡大している企業のSFA/CRMのベスト・プラクティス・データをもとに、企業の営業領域における成熟度を診断して課題と施策を具体化
  • 業務処理の自動化範囲の拡大

 

  • 電子承認(押印)・認証での印鑑文化の脱却と自動化
  • デジタル化・プラットフォーム・ソリューション – 紙ベース業務の削減・廃止、承認プロセス電子化・自動化オファリング。EDIプラットフォーム、AI-OCR、ワークフロー、RPAなどAutomationを活用し、紙での授受の極小化し、承認プロセスの電子化、承認過程で発生するチェックの自動化を行うことで業務の削減をご支援。(AI/Cognitive OCR, e- Invoice, IBM Cloud Pak for Automation)

 

  • ワークフロー・ソリューション (Blueworks Live, IBM BPM/ODM, ServiceNow etc)

 

  • E-Signiture ソリューション (Adobe Sign, DocuSign)
  • オペレーション監視業務の自動化

 

  • 経費精算、購買取引における不正検知の自動化
  • 遠隔工場監視ダッシュボード – 遠隔地からでも製造現場全体の状況が把握可能なダッシュボードにより、俯瞰と問題発生箇所のドリルダウンを実現。また現場の人手不足や経験の少ない技術者でも、問題の予兆を早めに検知し対策が可能な知見データを活用した問題発生の予兆検知・予測の仕組みを整備(歩留まり予測、設備の故障予測、劣化予兆検知など)

 

  • 遠隔&AI 作業者支援 – AI、AR、モバイル・デバイスを活用し、遠隔地からでも現場作業者を支援。作業マニュアル、保全履歴、蓄積された知見を自然言語AIで一括検索、画像・音声データを利用した不良検知の仕組み、遠隔地にいる専門家とARを活用した対話によるサポート・システムなど、生産現場の作業者を支援するツール群をご提供

 

  • 経費精算はSPSSベースの日本製FAMS
  • オペレーション・チェーン範囲の拡大
  • ブロックチェーンを利用したValue chainの効率化コンサルティング – サプライチェーン全体のSingle Source of Truthを構築し、またペーパーレス化も合わせて実施することでEnd to Endの可視化や、バイヤー・サプライヤー/カスタマー間の契約、複数システム間の照合、そしてdispute managementにかかるコストを大幅に削減

 

  • Intelligent Supply chainの実行(流通業向け受発注・請求業務。航空産業向け部品トレーサビリティー・メンテナンス履歴、他)
  • バーチャル応対・応答対象の拡大
  • 次世代デジタル・インターフェース・ソリューション(IoT+VR/AR+5G)

 


『新型コロナウイルス対策 目標実現に向けた取り組み別ソリューション』

短期的に取り組む、業務継続基盤の強化:

在宅態勢整備・インフラ・ルール/制度・運用ソリューション →

BCP (事業継続計画)態勢再整備ソリューション →

中長期的に取り組む、お客様の次世代戦略:

コスト削減・適正化の加速ソリューション →

リスク管理強化ソリューション →

業務での省人化、自動化の徹底ソリューション

コア顧客保持・ロイヤルティー強化ソリューション →

バーチャル・機動的なワークスタイル・ソリューション →


ご相談・お悩みは、専門の担当者窓口へお気軽にお問い合わせください。

More 事業継続 stories

[事例] E.&J.ガロワイナリー | 最重要資源「水」の問題解決を目指して

Cognitive Applications Blog

E.&J.ガロワイナリーは、AIと詳細気象データを用いて、ブドウの品質を向上させるインテリジェントな灌漑システムを開発し。25%の水使用量の削減とワインの品質向上を実現しました。   背景とビジネジチャ ...続きを読む


Watson Assistant に、企業のカスタマー・サービス変革を支援する新オプションが追加されました

IBM Cloud Blog, IBM Data and AI, IBM Watson Blog

Watson Assistant では、IntelePeer を活用しながら、Session Initiation Protocol (SIP) プロトコルを使用する、ほぼすべての大手コンタクト・センターのプラットフォー ...続きを読む


Modelerデータ加工Tips#18-連続値の最適分割とモデルの出し分け

Data Science and AI, SPSS Modeler ヒモトク, アナリティクス...

  みなさま、こんにちは。(株)リバーフィールドの磯部と申します。 弊社は、商社としてスタートしてから30年、「豊かな社会と快適な暮らしの創出」に貢献できるよう、時代の変化に合わせて様々な製品・サービスをご提供 ...続きを読む