IBM Cloud Blog

オンプレミスのデータセンターでパブリック・クラウドを安全に利用できるとしたら?

記事をシェアする:

この投稿は、2021年2月26日に、米国 IBM Cloud Blog に掲載されたブログ(英語)の抄訳です。

IBM Cloud Satelliteで、オンプレミスといろいろなクラウドをオンデマンドで活用しましょう

今日の企業の多くは、アプリケーションをパブリック・クラウドに移行することでメリットを実感しています。クラウド・ネイティブ・アプリケーションを構築し、オンデマンドでスケーリングし、APIベースのサービスとしてパブリック・クラウド上で消費することで開発スピードを向上させています。しかし、多くのワークロードがまだクラウドに移行していないのが現実です。多くの企業、特に規制された業界では、セキュリティーやコンプライアンスの要件やパフォーマンスやレイテンシーの要件があり、それらのアプリケーションを物理的にパブリッククラウドのデータセンターに移動させることが困難になっています。

 

必要なところでワークロードを実行する

最近のある調査では、73%の企業がクラウド間の移動を優先課題として挙げています。例えば、既存のデータセンターのオンプレミス、世界中の複数のパブリック・クラウド・プロバイダー、ネットワークのエッジなど、処理に必要なアプリケーションやデータ・ソースに近い場所でワークロードを柔軟に実行できるとしたらどうでしょう。

クラウド・サービスをオンデマンドでどこでも利用でき、これらのサービスはすべてパブリック・クラウド・プロバイダーによってサービスとして完全に管理されているとしたらどうでしょう?

 

IBM Cloud Satellite: 迅速に構築でき、安全で、どこでも実現可能

IBM Cloud Satellite は、クラウド、オンプレミス環境、およびエッジでのアプリケーションの迅速な構築を支援します。IBM Cloud Satellite は、IBM Cloud のクラウド・サービスのカタログを IBM Cloud のリージョン以外の場所にまで拡張しますが、これらのサービスの継続的な管理は IBM が行います。開発およびITチームは、クラウド・ネイティブ・ツールを使用して、高速でスケーラブルなソフトウェア・デリバリ・パイプラインを作成し、任意の場所にデプロイし、必要に応じてスケーリングし、APIベースのAs a Service消費を通じて開発のスピードを向上させることで、ソフトウェアをより速く提供することができます。

 

ユースケース: パーソナライズされた住宅ローン体験が可能な金融サービス事業者の事例

では、ユースケースを見てみましょう。ある多国籍銀行は、住宅ローンへのオンライン・アクセスを提供しています。MoveNow! というこの専有アプリの裏側で、すべての顧客取引が実行されて、 何百もの重要な銀行業務アプリケーションが実行されてています。この銀行には、パーソナライズされたユーザー体験を通じて住宅ローンの契約数と収益を拡大し、顧客が自分のニーズに合わせて適切なタイプの住宅ローンを選択できるようにするという戦略があります。さらに、地域や変動する金利に基づいてサービスを提供する必要があります。

ITの歴史が長く、セキュリティーを意識した規制の厳しい業界では、すべてをパブリック・クラウドに展開できるわけではありません。この銀行の CTO は、新しいアプリケーションを迅速に構築し、すべてのデータセンターに一貫して展開することで、顧客のニーズを満たすための新しい方法を開発者に考案してもらいたいと考えています。彼女が本当に必要としているのは、クラウド・サービスのメリットと俊敏性をデータセンターで一貫して利用できるようにすることです。そうすれば、開発者は迅速に行動することができます。

CTOの懸念事項には以下のようなことがあります:

  • 新製品や新機能に対する需要からは、俊敏性とスピードが必要とされている。
  • 規制、ポリシー、レイテンシーの懸念から、バックエンドシステムはオンプレミスで運用されている。
  • インフラストラクチャー・リソースの断片化によりワークロードが分離され、使用されていないリソースの価値がロックされてしまう。

銀行のオンプレミス・データセンターでクラウド・サービスを安全に利用可能

IBM Cloud Satellite を使用すれば、銀行の開発チームと運用チームは、バラバラで移動不可能な独自のツールの制約から解放され、クラウド・ネイティブのテクノロジーとプラクティスをオンプレミスに実現することができます。開発者は、モーゲージ・アプリケーションを近代化するために選択したツールを使用してコンテナ化されたアプリケーションを構築することができ、銀行の IT チームは一貫した構成を使用して、アプリケーションがすべての場所で均一に展開、構成、管理されるようにすることができます。バックエンド・システムはオンプレミスのままであるため、銀行はレイテンシー、プライバシー、セキュリティー、コンプライアンスの要件を継続して満たすことができます。

ソリューション: IBM Cloud Satellite

  • Satellite ロケーション: 銀行は、MoveNow! アプリを展開したい既存のデータセンターのそれぞれにSatelliteロケーションを作成し、IT チームにコンピュート・サイズ、ネットワーク接続性、およびリソース割り当ての選択肢を利用可能にします。
  • IBM Cloud の大規模なカタログにアクセス: IBMのクラウドサービスの大規模なカタログにアクセスできる。銀行は、KubernetesベースのOpenShift コンテナ・プラットフォーム、DevOpsツール、AI機械学習のためのフレームワークなどのクラウド・サービスをオンデマンドで利用することができます。これらのサービスはAPIベースであるため、開発者やITチームはAPIを利用して銀行のアプリケーションを構築し、デプロイすることができます。
  • 一貫したオペレーション体験: 単一のダッシュボードにより、すべてのロケーションにわたって可観測性と管理の一元化をご提供します。銀行のモーゲージ・チームは、IBM Cloud上の共通のダッシュボードから、アプリケーションのデプロイ、監視、更新を自ら行うことができます。IBMはクラウドからサービスのデプロイと運用ライフサイクルを処理するため、国内の熟練したリソースの必要性を軽減します。サテライトの構成管理により、銀行はアプリケーションを最新の状態に保ち、何百ものインスタンスにまたがるアプリケーションを簡単に適切に構成することができます。また、IBM Cloudのセキュリティーにサテライトが接続されているため、銀行のチームがデータを安全かつ完全に管理できるようになっています。
  • As-a-service モデル: IBM Cloud Satelliteをご利用いただけば、CTOのチームはPaaSサービスの実行をIBMにまかせて、コアのビジネスに集中できるようになります。これで、エンジニアリング・チームは、各データセンターで熟練したスタッフを確保する必要はありません。

IBM Cloud Satellite を利用すれば、CTO とそのチームは世界中のオンプレミス・サイトでクラウド・ネイティブ・サービスを利用できるようになります。同行は、顧客に新商品と強化されたパーソナライズされた体験を迅速に提供することで、住宅ローンの契約件数と収益を拡大するという戦略的な目標を達成できるようになります。

 

つまるところはロケーションの問題をどう解決するか

多くの企業は、パブリック・クラウドに柔軟性と俊敏性を求めていますが、レイテンシー、セキュリティー、コンプライアンス要件の制約から、それが困難になっていることがよくあります。IBM Cloud Satelliteを利用すると、次のようなことが可能になります:

  • 最も適切な場所でアプリを実行する
  • あらゆる場所にセキュリティー管理を拡張
  • 最短3週間程度で新しいアプリを構築
  • アプリを常に最新の状態に保つ

 

分散クラウドについてより詳しくは

なお、分散クラウドやIBM Cloud Satelliteについてさらに詳しいことは、こちらもご参照いただけますと幸いです。

  • IBM 分散クラウドお役立ち情報: こちら
  • IBM 分散クラウド Cloud Satellite 公式サイト: こちら

分散クラウドやIBM Cloud Satelliteに対するご質問やご相談がございましたら、ぜひ公式サイト(こちら)からお寄せください。


翻訳:IBM Cloud Blog Japan 編集部

*このブログは、2021/2/26に発行された“What if You Could Securely Consume Public Cloud in Your On-Prem Data Center? ”(英語)の抄訳です。

More IBM Cloud Blog stories

クラウドネィティブにおけるサービスメッシュとカオスエンジニアリングについて

IBM Cloud Blog, IBM Cloud News, IBM Partner Ecosystem

こんにちは。IBM Cloud Platform Technical Sales坂田です。 クラウドネィティブ時代のシステム信頼性を向上させる新しい手法であるカオスエンジニアリング及びマイクロサービスの連携管理基盤である ...続きを読む


店舗のDX・集客強化に最適。テイクアウトと来店予約アプリ「ec-design」のご紹介

IBM Cloud Blog, IBM Partner Ecosystem, 顧客体験の最適化

昨今、新型コロナウィルスの感染拡大にともなう外食自粛傾向から、飲食店の料理や食品スーパーの総菜を購入し自宅で食べる「中食」や、テイクアウトや宅配サービスへのニーズが高まっています。 今回は、飲食店様向けにテイクアウト機能 ...続きを読む


第19回『何から始めるコンテナ導入 ~JTPの考えるコンテナ導入ステップ~』

IBM Cloud Blog, IBM Cloud News, IBM Partner Ecosystem

昨今のビジネス環境の変化やユーザーニーズの多様化に伴い、これに対応できるITシステムとチーム構築が求められています。システムに特化したオンプレインフラ基盤では、ビジネス環境の変化や顧客のニーズに対する継続的な対応が難しく ...続きを読む