IBM Cloud アップデート情報

IBM Cloud Certificate Managerにて暗号証明書の自動更新が可能になりました

記事をシェアする:

IBM Cloud Certificate Managerにて暗号証明書の自動更新が可能になりました

IBM Cloud Certificate Manager は、IBM Cloud、その他Cloud およびオンプレミスのデプロイメントに使用するTLS証明書の取得、保管、および管理を提供します。

従来は証明書の更新のためにサービスUIを通じて手動で更新、もしくはAPIの起動を行う必要がありました。
自動更新を有効にしておくと、有効期限切れの31日前に自動更新がされ、更新後、通知がされ、TLSのエンドポイント(Kubernetes cluster や必要とされるアプリケーションやサービス)にデプロイすることができます。

自動更新を有効にするには、
  • 証明書の 注文時に自動更新を有効にする
  • 注文した後に、証明書のオーバー・フロー・メニューから自動更新を有効にする
  


Posted by Tomoyuki Tatsuno, Product marketing IBM Japan, Ltd.

More IBM Cloud アップデート情報 stories

Log Analysis/Activity Tracker with LogDNA の毎時アーカイブ機能 登場

IBM Cloud News, IBM Cloud アップデート情報

  監査のために、証拠調査のために、何らかの洞察を得るためにアーカイブされたデータにアクセスする機会 ...続きを読む


RabbitMQ 3.7 のサービス終了と 3.8への移行のお願い

IBM Cloud News, IBM Cloud アップデート情報

Messages for RabbitMQ をご利用のお客様へ重要なお知らせ   2020年 9月1 ...続きを読む


Local Load Balancer EOSのお知らせ

IBM Cloud News, IBM Cloud アップデート情報

[重要なお知らせ]  すでに IBM Cloud Product Lifecycle Policy(英語)に掲 ...続きを読む