IBM Cloud News

3ステップで始めるIBM Cloud for VMware Solutions Shared

記事をシェアする:

 

IBM Cloud for VMware Solutions Shared (IC4V Shared) の環境を構築する3ステップ

IC4V Shared は VMware vCloud Director を活用し、マルチテナント方式で、ハイパーバイザーまでの管理をIBMが行うことで利用者の管理負荷がなくなり、コストの低さが魅力的な VMware Solution を提供します。

 

IBM Cloud for VMware Solutions Shared (IC4V Shared) を使って、数分で、コスト効率高く、セルフサービスで VM をクラウドに移行してみましょう。

下記の簡単な3つのステップで、 IC4V Sharedを数分で構築してみましょう。

 

ステップ 1:  Virtual Data Center (VDC)を注文

注意: 次に進む前に、お客様のお持ちのアカウントが従量課金(PAYG) またはサブスクリプション・アカウントのいずれかにアップグレードされていることを確認してください。アップグレードの方法

IBM Cloud for VMware Solutions Shared – VDC (Virtual Data Center)の注文方法 (04:42)
*必要に応じsettingから自動翻訳をご利用ください。
 

 

 

ステップ 2: ネットワークを設定

  • インスタンスのデプロイに成功したら、インバウンドおよびアウトバウンドのトラフィックを使用可能にします。

IBM Cloud for VMware Solutions Shared – ネットワークのセットアップ (06:08)
*必要に応じsettingから自動翻訳をご利用ください。
 

 

ステップ 3:  VMのデプロイ

  • 新規のVMとネットワークを接続します。

IBM Cloud for VMware Solutions Shared – VMのデプロイ(04:20)
*必要に応じsettingから自動翻訳をご利用ください。

 

 

 

以上で、IBM Cloud for VMware Solutions Sharedの環境とVMのデプロイが完了しました。

 

オリジナル(英語)
https://www.ibm.com/cloud/blog/3-steps-to-get-started-with-ibm-cloud-for-vmware-solutions-shared

 


投稿:IBM Cloud Blog Japan 編集部

More IBM Cloud News stories

VRA OSを最新にアップグレードしましょう

IBM Cloud Blog, IBM Cloud アップデート情報, IBM Cloud テクニカルサポート

VRAをご利用の皆様、現在使用しているバージョンは1912でしょうか? VRA OS 1912は、2022年6月にEOS (End of Support)となる予定です。 この機会に2012へのアップグレードを推奨致しま ...続きを読む


IBM Cloud ベアメタルサーバーでカスタム・イメージを作成するベスト・プラクティス

IBM Cloud Blog, IBM Cloud アップデート情報, IBM Cloud チュートリアル

この投稿は、2021年3月31日に、米国 IBM Cloud Blog に掲載されたブログ(英語)の抄訳です。 最後までお読みいただくと、インテル・ベースの IBM Cloud ベアメタルサーバーが 10% 割引となるプ ...続きを読む


Red Hat OpenShift on IBM Cloud で Openshift バージョン4.6が利用可能になりました

IBM Cloud Blog, IBM Cloud アップデート情報

この投稿は、2021年2月17日に、米国 IBM Cloud Blog に掲載されたブログ(英語)の抄訳です。 Red Hat OpenShift on IBM Cloud でOpenShift バージョン4.6 をご利 ...続きを読む