Watson IoT Blog

開催速報: インダストリー4.0で活用されるIoT・AI高度分析(2月7日)

記事をシェアする:

2月7日に開催したセミナー「インダストリー4.0で活用されるIoT・AI高度分析」は、お申し込み36名のうち34名の方にご来場いただきました。

参加率が非常に高く、また会場の皆さまからたくさんの質問をいただき熱意と活気に溢れるセミナーとなりました。ご来場いただきました皆さま、誠にありがとうございました。

なお、3月には7日に名古屋で、14日には東京でIoTソリューションを紹介する関連セミナー「AIで進化するIoT – ものづくりとデータ活用ビジネス」を開催します。皆さまのご来場をお待ちしております。

名古屋開催(3月7日) | 東京開催(3月14日)

 

オープニングの段階で、すでに
9割以上の方にご来場いただきました
セッションの合間にも熱心に
メモを取られる方の姿が多く見られました

 


(セミナーは終了しております)

開催概要

ドイツに端を発したインダストリー4.0。
日本でも、IoTとAIを活用したスマートファクトリー化に取り組む企業が増えています。
IoTとAI技術の発展により、既存データとIoT機器データを組み合わせた高度分析が可能となりました。

これにより、多品種少量生産に柔軟に対応する生産ラインの最適化や、製造ボトルネックの解消、スループットの向上が期待できます。深刻な人手不足に対応するためにも、スマートファクトリーは日本の製造業にとって重要な施策です

このセミナーでは、インダストリー4.0を推進する多くの企業で導入実績のあるソリューション(*)を題材に、スマートファクトリーの全体像や製造プロセスの最適化、設備保全の高度化について、お客様事例や現場への導入ステップもふまえて分かりやすく解説します。

社内に蓄積されたデータ活用や、IoT・AI導入に向けた具体的なアクションを起こす第一歩として、ぜひご参加ください。

 

(*)本セミナーにて解説するIBMソリューション

  • 製造プロセスの最適化:IBM PO (Production Optimization)
  • 工場・プラントにおける設備保全の高度化:IBM APM (Asset Performance Management)

 

セミナー概要

日時  2019年 2月7日(木)15:00-17:30(受付開始 14:30)
会場
参加費  無料/事前登録制(定員25名)
対象者
  1. 製造現場のプロセス最適化や設備保全の高度化、スマートファクトリーを検討しているお客様
  2. 自社製品のIoT化(品質異常検知や故障予知機能の搭載など)を検討しているお客様
  3. 関連するシステム部門、SIerの方
お申し込み

プログラム(予定)

1 インダストリー4.0に対するこれまでの取り組みと2019年のトレンド
2 AIを活用したIBM Watson IoT 高度分析ソリューションのご紹介
1.  製造プロセスの最適化ソリューション (IBM Production Optimization)
2.  工場・プラントにおける設備保全高度化ソリューション (IBM Asset Performance Management)
3.  お客様成功事例と導入・展開ステップ
3 質疑応答

※セミナー内容は予告なく変更される場合があります。あらかじめご了承ください。
※当日はお名刺をご持参いただきますようお願いします。
※当セミナーは、法人のお客様対象のセミナーです。個人・学生の方のお申し込みは受け付けておりません。
※競合他社からのお申し込みは、お断りさせていただく場合があります。

問い合わせ情報

不明点や質問事項などありましたら IBMWIoT@jp.ibm.com までお問い合わせください。

More Watson IoT Blog stories

ドラクエの勇者になりたかった。その夢をPMとして叶えました(Watson IoT 松下 望)

Watson IoT Blog

  Watson IoTチームメンバー・インタビュー #17 松下 望 Watson IoTサービス ...続きを読む



セッションレポート – ウェアラブルの伝道師による「産業用ウェアラブルデバイスの動向と将来」

Watson IoT Blog

  「私は18年間ウェアラブル生活を続けています。その間、何度か”これはいよいよ大ブレイ ...続きを読む