セキュリティー・インテリジェンス

2017年上半期 サイバー攻撃の実態とトレンド解説 Web セミナー ~チーフ・セキュリティー・アナリストが語る、最新サイバー攻撃の動向~

IBMでは、全世界8拠点のセキュリティー・オペレーション・センター(SOC)にて観測したセキュリティー・イベント情報に基づき、主として日本国内の企業環境で観測された脅威動向を、東京SOCが独自の視点で分析・解説したレポートを年に2回公開しています。
本Webセミナーでは、9月に発表した最新のレポートを元に、IBM SOCのチーフ・セキュリティー・アナリストから企業へのサイバー攻撃の実態と今後に向けての見解をご紹介します。

講師
日本アイ・ビー・エム株式会社 セキュリティー事業本部
セキュリティー・オペレーション・センター
チーフ・セキュリティー・アナリスト
猪股 秀樹

IBMセキュリティー・オペレーション・センター(SOC)とは
IBMのネットワーク・セキュリティー監視サービス(IBM Managed Network Security Services)の拠点としてリモートからお客様のセキュリティー機器を監視し、サイバー攻撃の検出とその対応策のアドバイスを行っています。お客様は世界133カ国に及んでいます。

More stories
2019-09-27

【オンデマンドWebセミナー】マルチクラウド時代におけるサイバーセキュリティーの考慮点

オンデマンドWebセミナーのご案内 マルチクラウド時代におけるサイバーセキュリティーの考慮点 今日、多くの企業 […]

さらに読む

2019-08-09

「The Forrester Wave: Data Security Portfolio Vendors (2019 年 Q2 版)」に関する IBM の洞察

データ・セキュリティーは、数十年にわたって企業の防衛戦略の中核を成してきました。しかし、連続するサイバー攻撃や […]

さらに読む