セキュリティー・インテリジェンス

日本情報通信様におけるIBM QRadar活用事例のご紹介 導入前と導入後で何が変わったのか?

Webセミナーのご案内

自社のセキュリティ向上のためにIBM Security QRadar SIEMを導入した日本情報通信。グループ従業員数1000名超、社内接続するPC数2000台、PCの持ち出しも多い環境での効果をユーザー目線でお伝えします。
併せてお客様へのIBM Security QRadar SIEM構築及び運用サービス事例についてもご紹介させて頂きます。

講師
日本情報通信 ソリューションビジネス本部ソフトウェア・テクニカルセールス部 第2グループ
吉川 裕樹氏

日本アイ・ビー・エム
セキュリティー事業本部 セキュリティー・インテリジェンス営業部
中田 太

アジェンダ

  • QRadar のご紹介
  • QRadar 活用事例のご紹介

開催概要

日時
2017年11月1日(水) 16:00-17:00
場所
Webオンライン(お申込後に視聴方法をご案内)
参加費
無料(事前申し込み制)

More stories
2019-09-27

【オンデマンドWebセミナー】マルチクラウド時代におけるサイバーセキュリティーの考慮点

オンデマンドWebセミナーのご案内 マルチクラウド時代におけるサイバーセキュリティーの考慮点 今日、多くの企業 […]

さらに読む

2019-08-09

「The Forrester Wave: Data Security Portfolio Vendors (2019 年 Q2 版)」に関する IBM の洞察

データ・セキュリティーは、数十年にわたって企業の防衛戦略の中核を成してきました。しかし、連続するサイバー攻撃や […]

さらに読む