GDPR

GDPR対策に効果を発揮するIBMセキュリティー・ソリューションご紹介セミナー(名古屋開催)

欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)が施行されて、はや半年以上が経過しました。
各企業・組織では、ルールやプロセスづくりなど、考えうるあらゆる対策をほどこしたものの、実際に運用を始めてから新たな課題にぶつかったという話を多く耳にします。また、いざ事故が起きるとどうなるのか、何をしたらいいのか、漠然とした不安をいまだ感じている幹部や担当者も数多くいらっしゃいます。

そのような中、あいにくにも数件のインシデントが報告されています。
当セミナーでは、それら事例からの学びを踏まえ、対策の勘どころをおさらいし、さらなる強化に向けた具体的なサービスや製品をご紹介いたします。それらは 「IBM GDPR フレームワーク」として包括的にまとめられており、評価、設計、構築、運用、管理・監査といった各段階での課題に応えます。

お客様のGDPR 対応の強化にこのセミナーをぜひお役立てください。ご参加をお待ちしております。


開催概要

開催日時 2019年2月1日 金曜日 15:00-17:15 (受付開始 14:30)
会場 日本アイ・ビー・エム株式会社 名古屋事業所オーディトリウム

桜通線/名城線 久屋大通駅 4番出口 徒歩7分

東山線/鶴舞線 伏見駅 東出口 徒歩12分

東山線/名城線 栄駅 1番出口 徒歩 15分

参加費 無料/事前登録制
お申し込み 終了しました。

プログラム

15:05-15:45 GDPR対策に役立つIBMセキュリティー・コンサルティング・サービスのご紹介
・GDPR セキュリティー対策のおさらい
・IBM Security ご支援策

日本IBM株式会社 セキュリティー事業本部
セキュリティー・コンサルタント 中山 裕之

15:45-16:25 データベースをリアルタイムで監視・監査: IBM Security Guardium を核としたソリューションのご紹介
・DBアクティビティー監視 – IBM Security Guardium
・機密データとリスクの見える化 – IBM Data Risk Manager
・ファイルの暗号化 – IBM Multi-cloud Data Encryption

日本IBM株式会社 セキュリティー事業本部
テクニカル・セールス 與安 隆志

16:25-17:05 セキュリティー対策のさらなる運用効率化への対応を目指して
・72 時間報告義務へどう備えるか、見えてきた課題
・インシデント発生に対応できるようになるために
・運用は終わらない、エキスパートの知見を活用する

日本IBM株式会社 セキュリティー事業本部
セキュリティー・インテリジェンス・センター 工藤 憲雄

17:05-17:15 質疑応答・クロージング

*テーマなどは事前の予告なく変更させていただく場合がございます。あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。

More GDPR stories
2019-10-16

Open Cybersecurity Alliance (OCA): 相互運用性を高めるオープン・ソース・イニシアチブ

サイバー・セキュリティー業界ではベンダーと製品の数が急増しています。ESGによると、企業は平均で最大10社のプ […]

さらに読む

2019-10-04

IBM セキュリティーによる調査結果: ランサムウェア攻撃を受けた自治体がハッカーに金銭を支払うことに納税者は反対

大多数が自治体のリソース保護のために今より高い税金を納める意思はなく、63%が身代金に税金を使うよりも、それよ […]

さらに読む

2019-10-03

国家の支援を受けた攻撃者から一般的なサイバー犯罪者に至るまで、増大する破壊的マルウェア攻撃

この数年間、破壊的な攻撃が大きな脅威となり、世界中の企業でデータを消去したり、数百万台のエンタープライズ・デバ […]

さらに読む