GDPR

GDPR施行後3ヶ月:セキュリティー対策アップデート・セミナー

GDPR施行後3ヶ月:セキュリティー対策アップデート・セミナー

GDPR(EU一般データ保護規則:General Data Protection Regulation)が施行されて約3ヶ月が経過しました。

「概要は把握したけれども、実際の対応策はまだ実装していない」「ルールや体制作りは完了したが、ITシステムでの具体的な対応がわからない」「実際に運用を始めて新たな課題が出てきた」というお悩みをお持ちではありませんか?

日本IBMは、GDPR への対応を支援するため、評価、設計、構築、運用、管理・監査といったすべての段階におけるケイパビリティーを「IBM GDPRフレームワーク」として包括的にまとめ、具体的な製品やサービスの提供を行っています。

当セミナーでは施行後3ヶ月で見えてきた現状と課題、そしてお客様のフェーズに合わせた分科会にて今できる対策を再度おさらいし、さらなるGDPR対応策の強化に向けての課題や対策、国内外企業の事例をご紹介します。

お客様のGDPR対応策の強化にこのセミナーをお役立てください。皆さまのご参加をお待ちしております。


開催概要

開催日時 2018年9月5日 水曜日 15:00-17:30 (受付開始 14:30)
会場 日本アイ・ビー・エム株式会社 本社箱崎事業所

参加費 無料/事前登録制
お申し込み

プログラム

キーノート
15:05-15:40 GDPR 施行後 3か月でみる課題と現状

・GDPR 対応の現状、課題、アップデート
・GDPR 対応としておさえておくべきポイントのおさらい
・国内外企業の事例
・IBM GDPR 対策フレームワークご紹介

日本IBM株式会社 セキュリティー事業本部
セキュリティー・コンサルタント パートナー 小川 真毅

15:40-15:55 休憩と移動
分科会
15:55-16:25 A: 【 継続的に情報収集中のお客様向け 】
データベースをリアルタイムで監視・監査: IBM Security Guardium を核としたソリューションのご紹介

・IBM Security Guardium
・IBM Data Risk Manager
・その他 IBM お勧めオファリング

日本IBM株式会社 セキュリティー事業本部
テクニカル・セールス 與安 隆志

B: 【 ルール作りと体制作りは完了されているお客様、あるいはすでに運用を開始されているお客様向け】
GDPR セキュリティー対策:現在までの評価と今後

・GDPR セキュリティー対策のおさらい
・さらなる改善点について
・今後対策すべき領域
・IBM Security ご支援策

日本IBM株式会社 セキュリティー事業本部
セキュリティー・コンサルタント  中山 裕之

16:25-16:40 休憩と移動
フォーカス・セッション
16:40-17:10 セキュリティー対策のさらなる運用効率化と監査への対応を目指して

・72 時間報告義務へどう備えるか、見えてきた課題
・インシデント発生に対応できるようになるために
・運用は終わらない、エキスパートの知見を活用する

日本IBM株式会社 セキュリティー事業本部
セキュリティー・インテリジェンス・センター
工藤 憲雄

17:10-17:30 全体を通じての質疑応答、クロージング

*テーマなどは事前の予告なく変更させていただく場合がございます。あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。

More GDPR stories
2019-10-04

IBM セキュリティーによる調査結果: ランサムウェア攻撃を受けた自治体がハッカーに金銭を支払うことに納税者は反対

大多数が自治体のリソース保護のために今より高い税金を納める意思はなく、63%が身代金に税金を使うよりも、それよ […]

さらに読む

2019-10-03

国家の支援を受けた攻撃者から一般的なサイバー犯罪者に至るまで、増大する破壊的マルウェア攻撃

この数年間、破壊的な攻撃が大きな脅威となり、世界中の企業でデータを消去したり、数百万台のエンタープライズ・デバ […]

さらに読む

2019-09-27

【オンデマンドWebセミナー】マルチクラウド時代におけるサイバーセキュリティーの考慮点

オンデマンドWebセミナーのご案内 マルチクラウド時代におけるサイバーセキュリティーの考慮点 今日、多くの企業 […]

さらに読む