CISO

企業のサイバー攻撃への耐性は?調査レポート

IBM傘下企業のResilientとPonemon Instituteは、毎年実施しているCyber Resilient Organization(サイバー・レジリエントな組織)に関する調査の結果を明らかにしました。これによると、自社のサイバー・レジリエンス(サイバー攻撃への耐性)が優れていると考えるIT専門家およびセキュリティー専門家は32%のみとなり、2015年の35%からわずかに減少していました。また、2016年の調査では、回答者の66%が、自社ではサイバー攻撃から復旧するための準備ができていないと答えていました。

この調査では、2年連続で、インシデント対応(IR)における課題がサイバー・レジリエンスの妨げになっていることが明らかになっています。75%の回答者は、全社に一貫して適用される正式なサイバー・セキュリティー・インシデント対応計画(CSIRP:Cyber Security Incident Response Plan)がないことを認めています。CSIRPが導入されていたとしても、導入以降計画の見直しや更新をしていないか、その予定すらないという企業は52%に達します。また、この1年間でサイバー・インシデントの解決に要する時間が増えたと答えている企業が41%であるのに対し、減ったと答えた企業は31%です。

詳しくは、以下の資料をダウンロードしてご覧ください。

resilience2016-reportcapture

さらに詳しく CISO 記事
2017-09-05

ランサムウェアの脅威に備える!セキュリティー・アナリストの頼もしい味方

新たなサイバー攻撃に目を光らせる企業、組織、グループは、その攻撃をより速く識別して除去するため、高度な予防検知 […]

さらに読む

2017-08-31

Watson を活用したセキュリティー・アナリティクス、 クラウドサービスでお手軽に!

Webセミナーのご案内 ランサムウェア攻撃を代表とするセキュリティー脅威への対抗策のカギは、組織内のセキュリテ […]

さらに読む

2017-08-24

あの金融マルウェアは今?かつて日本で猛威を振るったShifu

サイバー犯罪を取り巻く脅威の状況は非常に動的です。2016 年には 1 億種ものマルウェアが独立調査機関AV- […]

さらに読む