イベント & Webinar

サイバー・レジリエンス・レポート解説Webセミナー

記事をシェアする:

新しい生活様式へと大きな変化を迎える中でもサイバー攻撃が止むことはありません。企業でサイバー攻撃やデータ侵害が発生した時に、ビジネスへのインパクトを最小限に抑えていち早く回復・復旧するための「サイバー・レジリエンス」を高めるためにはどのような取り組みが有効でしょうか?年次発行の最新レポートの要点を解説します。

小川 真毅

小川 真毅
日本アイ・ビー・エム株式会社 セキュリティー事業本部
コンサルティング&システムインテグレーション 理事 パートナー


開催概要

開催日時 オンデマンドでご視聴いただけます
形式 Webセミナー
ご自身のPCやスマートフォンで受講可能
受講料 無料(事前登録)
お申し込み
お問合せ 各社担当営業、もしくは、 IBMGRM@jp.ibm.comまで

 

 

More イベント & Webinar stories
2020-10-05

情報漏えい時に発生するコストの三大要因とその軽減策

データ侵害、情報漏えい発生時のコストは、過去6年間の平均で微増しています。Ponemon Institute が調査を実施し、IBM Security が発表した「情報漏えい時に発生するコストに関する調査:Cost of […]

さらに読む

2020-08-25

情報漏えい時に発生するコストに関する調査2020年版を公開

不確実性と変化の世界では、毎年一貫していることがあるのは安心感につながります。今年で15年目を迎えた「情報漏えい時に発生するコストに関する調査(Cost of a Data Breach Report)」は、Ponemo […]

さらに読む

2020-08-06

マネージド・セキュリティー・サービス調査でIBMを「リーダー」と評価

マネージド・セキュリティー・サービス・プロバイダー(MSSP)を活用することで、複雑で分散化したセキュリティー環境における検知と対応能力を高速化することができます。 しかし、従来のマネージド・セキュリティー・プロバイダー […]

さらに読む