[No.90] 動き出したコグニティブの時代

記事をシェアする:

PV902014年10月に発行されたPROVISION83号では、「コグニティブ・コンピューティングが拓く未来」と題し、コグニティブ・テクノロジーや、それが持つ可能性ついてお伝えしました。あれから2年。果たしてどんな未来、いや“今”が拓かれつつあるのでしょうか。

IBMは、コグニティブ・ビジネスを推進することを明確に打ち出し、そのためのソリューションやシステムの革新に、テクノロジーの進化も含めて取り組んでいます。ある種の熱狂とは別の次元で、コグニティブ・テクノロジーが実社会に、実ビジネスにどのように貢献できるのかを、この2年間お客様と一緒に検証してきたように思います。
コグニティブ・システムが皆さまの生活を自然に支える――そんな世界への歩みは着実に進んでいます。PROVISION90号では、IBMが技術の現在を理解し、かつ将来の可能性を視野にいれながら、どのようにコグニティブ・ソリューションを生み出してきたか。また、コグニティブ・ビジネスをお客様とともにどのように進めてきたのかを、事例を通じてお届けします。

2016年9月 PROVISION 90号 コンテンツ・リーダー 高橋志津

特集の視点

マネジメント・メッセージ

お客様インタビュー

特別対談

Spotlight

イベントレポート

技術解説

情報技術の匠

編集後記

More stories

[No. 94] ビジネスのためのクラウド

かつて企業のITシステムに関わる技術者は、クラウド・サービスがこれほど企業ITに影響を及ぼすことになるとは、お […]

さらに読む

[No. 93] 企業変革を加速するオートメーション
-「自動」「自学」、そして「自律」へ

ホテルや銀行における電話の自動応答やスマートフォンに導入されているソフトウェアの自動更新など、我々は日々ITの […]

さらに読む

[No. 92] サイエンスの力

近年、情報技術とサイエンスを取り巻く社会 環境が大きく変わりつつあります。この背景に は、IBM Watso […]

さらに読む