[No.88] IoT時代のサイバー・セキュリティー
-今そこにあるリスク

記事をシェアする:

PV88サイバー・セキュリティー問題は、実は2000年代の前半から既に顕在化していました。米国政府機関のシステムに中国から大量のサイバー攻撃が仕掛けられ、大量の政治や外交、軍事関連の機密情報が流出し、外交問題にまで発展しました。当時の日本では、将来こうした問題に直面することになるとは思いが至らず、国外の特定国家間の騒動に過ぎないと考え、国内では警鐘すら鳴らされませんでした。当時からこの問題の重要性を察知し、さまざまなセキュリティー対策や人材育成など、今日大きな課題とされているセキュリティー上の各種問題に先取りして取り組んでいれば、日本の情報セキュリティー事情はもっと違ったものになっていたかもしれません。
社会基盤の主要な部分がインターネットと密接かつ不可欠なつながりがある以上、20世紀に後戻りもできず、大きな代償を払わざるを得ないケースが日々発生していることは否定できない事実です。今後もこの問題はテクノロジーだけでは解決できず、いわば私たちは、“終わりなき戦いの道”に足を踏み入れたと言えるでしょう。
今号の特集が、いわゆる“終わりなき戦いの道”に踏み込んだセキュリティーの現状と、より身近に迫っているセキュリティー問題の理解を深めるための一助となれば幸いです。

2016年2月 PROVISION 88号 コンテンツ・リーダー 我妻三佳

特集の視点

特別インタビュー

特別インタビュー

Spotlight

テクノロジー最前線

技術解説

情報技術の匠

コンピテンシーの道程

IBM東京基礎研究所「日々是革新」

編集後記

More stories

[No. 94] ビジネスのためのクラウド

かつて企業のITシステムに関わる技術者は、クラウド・サービスがこれほど企業ITに影響を及ぼすことになるとは、お […]

さらに読む

[No. 93] 企業変革を加速するオートメーション
-「自動」「自学」、そして「自律」へ

ホテルや銀行における電話の自動応答やスマートフォンに導入されているソフトウェアの自動更新など、我々は日々ITの […]

さらに読む

[No. 92] サイエンスの力

近年、情報技術とサイエンスを取り巻く社会 環境が大きく変わりつつあります。この背景に は、IBM Watso […]

さらに読む