[No.85] エンタープライズ・モバイル元年
-スマホとタブレットは企業活動をどう変えるか

記事をシェアする:

no85_h1今号のPROVISIONでは、スマホとタブレットの業務活用について取り上げます。
ITが一般的でなかったころ、ITは企業内で活用された後、徐々にコンシューマーに広まるという流れでした。しかし、近年の業務ICT活用の特徴として、 コンシューマー向けに発展したものを企業活動に流用するという流れがあります。例えば、パソコンはコンシューマーに最初に広がり、メインフレーム端末を置 き換える形で徐々に企業に取り入れられていきました。インターネットもコンシューマーで広まり、企業が追従するように社内システムをWebに置き換えまし た。スマホ・タブレットにも同じことが起き始めており、コンシューマーで一般的になった端末群を企業活動に取り入れる時期がきていると言えます。
スマホやタブレットを企業活動に取り入れていくには、どんなやり方があるでしょうか? どのような業種でどのようなアプリが使われているでしょうか? ま た、スマホとやタブレットを企業でうまく活用するには、何に注意しなくてはならないでしょうか? 単なる携帯電話としてではなく、多数のセンサーを搭載し たコンピューター・デバイスとしてアプリを企業展開するにはどうしたらよいでしょう? アプリの配布方法は? 情報漏洩を防ぐには? そんなさまざまな疑 問に対して、今号で一つでも多く答えていくことができれば幸いです。

2015年5月 PROVISION 85号 コンテンツ・リーダー 米持 幸寿

特集の視点

マネジメント・メッセージ

グローバルリーダー・メッセージ

お客様インタビュー

モバイル・アプリ開発会社からの声【特別対談】

イベント・レポート

コラム

情報技術の匠

コンピテンシーの道程

Spotlight

技術解説

IBM東京基礎研究所「日々是革新」

編集後記

More stories

[No. 94] ビジネスのためのクラウド

かつて企業のITシステムに関わる技術者は、クラウド・サービスがこれほど企業ITに影響を及ぼすことになるとは、お […]

さらに読む

[No. 93] 企業変革を加速するオートメーション
-「自動」「自学」、そして「自律」へ

ホテルや銀行における電話の自動応答やスマートフォンに導入されているソフトウェアの自動更新など、我々は日々ITの […]

さらに読む

[No. 92] サイエンスの力

近年、情報技術とサイエンスを取り巻く社会 環境が大きく変わりつつあります。この背景に は、IBM Watso […]

さらに読む