[No.64] Smarter Planet
-新しい価値の創造

記事をシェアする:

no642010年が始まりました。わたしたちが経験したことのない非常に大きな構造変革や質的転換が進む毎日。次の10年、そして50年後、100年 後、わたしたち人類、そして地球の未来は、どのような世界へと変ぼうしていくのでしょうか。気候変動、資源の枯渇、環境問題、社会基盤の再構築、紛争の解 決、安全への希求、過度の利潤追及モデルの限界とゆがみ、新しい価値観への期待―これまでの地球と人類の長い歴史の中でいまだに根本的な解決に至っていな い数々の大きく本質的な命題に取り組む必要性から、多くの方の考え方そのものに変化が生じ、現在、本格的な議論と行動がうねりとなって始まっています。
そ の大きな潮流の中で、人類の役割、今わたしたちが生み出すべき新しい価値、次世代に引き継いでいくべきビジョンとは―それが全世界の方々と共に IBMが取り組みを進めているSmarter Planetです。そして、技術は今後どのような領域に、どのように生かされるべきなのか、テクノロジーは、現在どのようなチャレンジを克服しつつあるの か、世界中の人々の関心と期待が高まっています。
IBMは、1990年中盤より「e-business」「オンデマンド・ビジネス」「価値 あるイノベーション」「GIE(Globally Integrated Enterprise)―グローバルに統合された企業」と続々と新しいモデルを提唱し、全世界のお客様と1つ1つ確実にプロジェクトを通じて取り組みを進 め、お客様と共に成果を創出してきました。
Smarter Planetは、この15年の新しい価値を創造してきた活動の連続線上にある集大成であり、「進化し続ける究極のモデル」です。これまで全世界で培われた 数え切れない活動から得られた知見、経験、テクノロジーの集大成であるこのモデルは、現実の各国の政策、基本構造、法律や社会通念・システム、研究開発、 製品、サービス、わたしたちのライフスタイルにまでその影響が及んでいます。2010年は、本号を起点に、インタビュー、事例、解説、論文に至るまで、読 者の皆様のご関心の高い領域から、楽しんで読み進めていただければ幸いです。ご自身の専門領域において、また社会生活におきまして各プロジェクトへの関心 が高まり、それが新たな具体的行動・参画へとつなげていただくことができましたら、わたしたちにとりまして、これほど喜ばしいことはないものと存じます。

2010年2月 PROVISION 64号 コンテンツ・リーダー 関口 秀雄

特集の視点

巻頭言

マネジメント最前線

特別インタビュー

お客様インタビュー

解説

連載コラム

IBM事例報告

IBMプロフェッショナル論文

情報技術の匠

コンピテンシーの道程

 

More stories

[No. 96] ビジネス変革を支えるオープンソースソフトウェア

ユーザー 企業がオープンソースソフトウェア(OSS)を選ぶ理由の第一位は「システムの柔 軟性、要件に応じて機能変更ができる」、第二位 が「コスト抑制/低減」、第三位が「システムの俊 敏性、変化への対応スピード」となってい […]

さらに読む

[No. 95] エンタープライズAI

近年、企業の関心は、「AIを導入するべきかどうか」から、「どのようにしてAIを導入するか」にシフトしています。日本でも、多くの企業がAIを自社のビジネスで活用したいと思っている一方で、導入のためのスキルや人材の不足、全社 […]

さらに読む

[No. 94] ビジネスのためのクラウド

かつて企業のITシステムに関わる技術者は、クラウド・サービスがこれほど企業ITに影響を及ぼすことになるとは、おそらく考えていなかったでしょう。現在、クラウド・サービスはさまざまな企業で利用されていますが、IBMでは、クラ […]

さらに読む