[No.59] 変貌を遂げるソフトウェア・テクノロジー

記事をシェアする:

no59ソフトウェアは企業のビジネスならびに社会基盤を支える情報システムの重要な要素として進化を遂げてきました。そして、大規模かつ複雑化した情 報システムをビジネスや市場の変化に機敏に対応させていくためには、SOA(Service Oriented Architecture)に代表される柔軟かつ拡張性のあるソフトウェアのアーキテクチャーやテクノロジーを導入していくことが大切です。柔軟なシステ ムを実現する選択肢としてオープン・スタンダード、オープン・ソース、そしてオープン・アーキテクチャーなどの活用があります。IBM はこれらオープン戦略に積極的に投資をしています。例えば、オープンソースにEclipse を提供してJava 統合開発環境ならびにリッチ・クライアント基盤としての大きな成功を収めました。その成果はIBM ソフトウェア製品にも利用されていますが、オープンソース・ソフトウェアをアプリケーション開発サービスにおいて有効に活用する事例として実績を重ねてき ています。
オープンソース・ソフトウェア開発の成功体験から、コミュニティーの力を生かしたオープンソース型開発やコミュニティー駆動型開 発という新しいソフト ウェア開発手法が生まれました。世界中から専門家がコミュニティーに集まり、Web2.0 などのツールを活用して議論やフィードバックを集中的に繰り返し、新しいテクノロジーが効率よく生み出されたのです。Jazz™ とProjectZeroはコミュニティー駆動型開発を導入し、製品開発の初期段階から社外ユーザーのフィードバックを取り入れて機能や品質の向上が図ら れました。
本特集では、新しいソフトウェア・テクノロジーとともに、テクノロジーを生み出すツールや開発手法に関してご紹介します。IBM は最新のテクノロジーに関する情報をいろいろな形で積極的に発信していますが、この記事が変貌を遂げつつあるソフトウェア・テクノロジーへの理解を深める きっかけとなれば幸いです。

2008年10月 PROVISION 59号 コンテンツ・リーダー 野田 晴義

特集の視点

マネジメント最前線

お客様インタビュー

解説

IBMプロフェッショナル論文

情報技術の匠

コンピテンシーの道程

コラム

コメントを追加する
コメントなし

コメントを残す

Your email address will not be published.* が付いている部分は入力必須フィールドです

さらに詳しく Uncategorized 記事

[No. 92] サイエンスの力

近年、情報技術とサイエンスを取り巻く社会 環境が大きく変わりつつあります。この背景に は、IBM Watso […]

さらに読む

[No.91] FinTechの共創戦略が金融サービスを変える

金融(Finance)とテクノロジー(Technology)を融合させたFinTech。モバイルから銀行の口座 […]

さらに読む

[No.90] 動き出したコグニティブの時代

2014年10月に発行されたPROVISION83号では、「コグニティブ・コンピューティングが拓く未来」と題し […]

さらに読む