[No.52] インフォメーション・オンデマンド

記事をシェアする:

no52テクノロジーの世界だけではなく、一般社会においても、今ほど情報の価値に注目が集まっている時代はないでしょう。
つい数年前には考えら れなかったことですが、普通のユーザーがPCの前に座るだけで、インターネット上にある世界中の膨大な情報から、話題の GoogleやYahoo!の検索エンジンを使って即座に気軽に欲しい情報を安価に手に入れることができるようになりました。Web 2.0で代表されるような新しいビジネスモデルも出現してきました。
企業においては、社内システムの構築開始以来、数十年にわたって膨大な情 報がさまざまなシステム内に蓄積されてきました。それは、例えばコールセン ターのお客様情報であり、パートナーからの受発注情報であり、顧客への請求書のデータであり、マーケットリサーチの情報であり、いずれもとても貴重な情報 です。しかし、そのような情報を、管轄部署以外の社内ユーザーが欲しいときに、欲しいデータの形で手に入れることができるでしょうか? 有益な情報が、各セクション内や各アプリケーション内で埋もれていないでしょうか? また、多数のデータを総合した分析情報として活用できているでしょうか? 経営者は、それらの最新情報を横断的に見て、毎日の経営に利用できているでしょうか? 昨今のビジネス環境では、スピードがますます重要になってきています。今日欲しい情報が、明日手に入るのでは遅いのです。
「インフォメーショ ン・オンデマンド(IOD)」とは、本来はアプリケーションと密接に結び付いたデータを切り離して、任意のアプリケーションが必要 に応じて適切なデータにアクセスできる環境を実現しようとする考え方です。また、それを実現するためのミドルウェア製品やソリューションを含んだ体系で す。
本特集では「インフォメーション・オンデマンド」の考え方の持つ可能性や、先進的な企業や団体で実際にどのようにしてIODの環境を実現しているのか、またその実現によってどのような果実を手に入れたのかについて、事例を交えながらご紹介します。

2007年2月 PROVISION 52号 コンテンツ・リーダー 菅原 香代子

特集の視点

マネジメント最前線

お客様インタビュー

解説

IBMプロフェッショナル論文

情報技術の匠

コンピテンシーの道程

VISION NOW

More stories

[No. 95] エンタープライズAI

近年、企業の関心は、「AIを導入するべきかどうか」から、「どのようにしてAIを導入するか」にシフトしています。 […]

さらに読む

[No. 94] ビジネスのためのクラウド

かつて企業のITシステムに関わる技術者は、クラウド・サービスがこれほど企業ITに影響を及ぼすことになるとは、お […]

さらに読む

[No. 93] 企業変革を加速するオートメーション
-「自動」「自学」、そして「自律」へ

ホテルや銀行における電話の自動応答やスマートフォンに導入されているソフトウェアの自動更新など、我々は日々ITの […]

さらに読む