働きかた

コラムとインタビューとビデオ(Mac Fanとエコッツェリアと社内動画)

記事をシェアする:

Mac Fanという月刊誌に、IBM社員が自分の仕事や最近の活動を紹介する「Apple@Works」という、1ページの連載企画があるのですが、今発売中の3月号にちょっとしたコラムのようなものを書かせていただきました。

「コミュニティマネージャーと欲張りエナジャイザー」

少し照れくさい気もするのですが、コミュ二ティー・マネージャーやエナジャイザー、そして一般社団法人ソーシャルシフト・ラボや複業のことを知ってもらう良い機会だと思うので、中身をちょっとシェアしますね。

 

170207_1

 

全文をここで公開するのは、著作権的にも問題があるだろうし出版社さんにも大変申し訳ないし…と思っていたのですが、なんと、グーグルで”コミュニティマネージャーと欲張りエナジャイザー”で検索すると、全文が表示されることが分かりました…!

ということで、いますぐちょっと立ち読みしてみたいって方はググってみてくださいね。

 


 

そしてこちらは昨年11月に公開されたものなのですが、3×3 Lab Futrure(さんさんラボ・フューチャー)というオープンコラボレーションを推進する場の運営でもよく知られているエコッツェリア協会さんのウェブサイトの「Voice」というコーナーに、ショート・インタビューを掲載していただきました。
170207_2

 

【VOICE】八木橋 Pachi 昌也さん  

一般社団法人ソーシャルシフト・ラボ 理事

 

Q1 あなたは、いまどのような仕事をしていますか。
Q2 3×3Lab Futureでやっていること、やりたいことは何ですか?
Q3 それをやるために、どんな仲間がほしいですか?
Q4 3×3Lab Futureに期待することは何ですか?
Q5 今一番関心を持っていること、好きなこと、楽しみにしていること、を教えてください。

 

上記5つの質問に、マジメに答えています。

こちらもMac Fanのコラムと併せて読んでもらえると、コミュ二ティー・マネージャーやソーシャルシフト・ラボのことをもうちょっと理解してもらえる気がします。ぜひ!

 

そうそう。Q2への答えに「最近では社内宣伝用の動画撮影を3×3Labでさせてもらいました。」と答えているのですが、現在その動画がIBM社内では結構話題になっています(賛否両論?!)。

残念ながら「完全社内公開限定」なのでここでシェアすることはできないのですが、私に直接会う機会がある方は「見せて」と一言お伝えください。

まあ、結構楽しめる作品かなぁって自分では思っています(自画自賛)。

GENKI 松本さん、ソフトウェア 岡崎さん。そして企業間フューチャーセンター 若松さん、臼井さん。ご協力ありがとうございました!

170207_3
 

Happy Collaboration!

 

Collaboration Energizer

More 寄稿 stories

大衝撃 – 職業的パーソナリティ調査の結果を開示します

  個人の性格特性をベースに分析し、キャリア開発や最適なポジションの選択に活かすための<職業的 […]

さらに読む

ワーキングマザーVR体験レポート

  リクルート社が推進している〈iction!〉というプロジェクト主催の〈ワーキングマザー / ファ […]

さらに読む

読書メモ『なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか』 – もう一つの仕事から…

  私が『なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか』という本を手にした理由は、「プロジェクト・アリストテレ […]

さらに読む