EGMフォーラム

EGMサミット2015での生まれて初めての2つの経験 – 会社はコミュニティーだって言ってんじゃん

記事をシェアする:

 

昨夜は、私にとってとても大切なイベント「EGMサミット2015 “会社というコミュニティーでやりたいこと”」でした。

久しぶりに顔を合わすことができた旧くからの仲間や、初めておしゃべりできた人も少なくなかったこともあり、改めてイベントを企画・開催することの大切さを感じた1日になりました。いやー楽しかった! 嬉しかった!!

イベント全体のレポートは、EGMフォーラムのメンバー誰かがきっと書いてくれると思うので、私は自分にとって生まれて初めての2つの経験のことを書こうと思います。

1つ目は、数日前から大きな声が出せなくなり、ささやくような声でしか喋れなくなってしまったことです。

これまで、風邪を引いてのどが痛いとか、かすれ声になるということは経験していましたが、これほど「大きな声が出ない」という経験はしたことなかったので、ちょっとだけあわてました。

何人かには「パチはもう、一生分しゃべったでしょ?」とか「あー、ついに花粉症を発症したんじゃない?」とか言われ、「もしかしたら?」と思っていたのですが、イベントに来てくれた言語聴覚士の仲間が「しゃべりすぎによる声帯炎ですね。乾燥している時期に起こりやすいので、ひとまずは炎症が治まるまで声帯を大事にしてあげてください」と簡易チェックをしてくれました。

持つべきものは仲間!

2つ目は、書記さんに私の話や言葉、仕草を掴み上げてもらい、次々と1枚の大きな模造紙に書き出してもらったことです。

「書記さん?」という方は、ちょっと前に書いたブログでご確認ください: 公開イベント「EGMサミット(2月23日)」の見どころ: パネル・ディスカッションwith書記さん

今回、パネル・ディスカッションだけではなく、一人ひとりのミニ・セッションもビジュアル化してもらいました。

そして分かったのは、自分のプレゼンテーションが一枚の違うものに生まれ変わるのって、とても素敵な経験だってことです。

パネルがグラフィックされていく気持ちよさが「可視感」に対して感じるものだとしたら、自分のプレゼンがグラフィックされていくのは「コラボレーション」に対する気持ちよさ。

自分の言葉やしぐさ、チャートに違うアレンジが施されてできあがる。これってめっちゃコラボレーションだなぁと感じ入ってしまいました。

というわけで、私のプレゼンチャートと、書記さんのグラフィックの競演をご覧ください!

イメージ

Happy Collaboration!

コラボレーション・エナジャイザー

More stories

デンマーク流【望ましい未来をデザインする力】

  デンマークの大切な仲間「Bespoke(ビスポーク)」からニックとアンドレアスの2人を招いて、フ […]

さらに読む

Building Bridge to the better(#BB2B)越境イベントVol.0 レポート

  先週金曜の4月12日夜に、「(Building) Bridge to the better(#B […]

さらに読む

身の丈でSDGsを考えてみた(福岡でSDGsを考える プレゼン資料)

  来週2月5日に、「福岡でSDGsを考える」という株式会社オカムラさんの福岡における共創拠点[Op […]

さらに読む