イベント

7月24日アキバで「働き方とVerseの本当」を話します!

記事をシェアする:

 

本当は、5月20日に「IBM XCITE SPRING 2015」で行木さんと一緒に「モバイルとソーシャルで賢く楽しく働こう! – IBM 社内活用事例」というタイトルでセッションをやるはずだったのですが、2日前の5月18日に父が急死し、キャンセルせざるを得ない状況になってしまいました(参考: 身内が亡くなるということ)。

そのセッションでは、モバイルとソーシャルがどんないきさつでIBM社内に登場し、どんな風に使われていくようになったのか。そもそもなぜモバイルとソーシャルなのか? みたいなことをちょっとした裏話と共にお伝えしようと思っていました(参考: 企業ソーシャル × モバイル – 新しい働き方)。

「まあ、また別の機会があるかもしれないしな」と思っていたところ、案外早くそんな機会がやってきました。

再来週7月24日(金)の「IBM Connect Japan 2015」(@秋葉原コンベンションホール)の中で、臼井さんとコラボセッションをすることとなりました。

ワークスタイル変革の最新像 IBM社員の働き方と「IBM Verse」 日本アイ・ビー・エム株式会社 ソーシャル事業部 第一テクニカル・セールス 臼井 修 エンタープライズ・ソリューション&ウェブ・イネーブルメント BT/IT Collaboration Energizer 八木橋 昌也 「ワークスタイルなんて総務かITの話」と思っていませんか? 働き方を変革するのは、働いている一人ひとりです。個人の働き方が変われば、それが組織のワークスタイルです。IBMがどのように働き方を変えてきたのか、その中で直面した課題は? そして IBM Verse とは? IBM自身の業務改革の事例と、IBM Verse の「本当の話」をお伝えします。

(部署名が旧いままになってしまっています…。「エンタープライズ・ソリューション&ウェブ・イネーブルメント BT/IT」ではなく、正しくは「CIOサービス デジタル・チャネル&ソーシャル」です。)

「日々の仕事の中で私たちがモバイルとソーシャルをどう活用しまくっているのか。その背景にはどんな考え方があるのか。」今回こそ、そんな話をしたいと思っています。

そして、現在IBM社内で展開が進んでいるIBM Verseについても、日本の展開チームリーダーの視点からコメントしたいと思っています。

なお、ありがたいことにすでにセッションには200名を越える申し込みを頂いているそうなので、おそらくあと2~30人で満席締め切りとなってしまうんと思います。その場合はご容赦ください。

臼井さんとオープンなセッションを一緒にやるのは、昨年渋谷の「やる見えセミナー」以来なので個人的にも楽しみです!

 

Happy Collaboration!

コラボレーション・エナジャイザー

More stories

「問い」の大切さ(大学生CSVビジネスアイデアコンテスト)

  昨日、立教大学で開催された「第3回大学生CSVビジネスアイデアコンテスト」に審査員として参加させ […]

さらに読む

まぜなきゃ危険 (6月22日エデュカソン資料)

  何年か前にIT業界から教育業界へと転身した仲間から「パチさん、エデュカソンでちょっと暴れてみませ […]

さらに読む

大学生のみんなからの質問へのおれなりの答え。

  先日の中央大学での授業で、熱心な学生のみなさんからたくさん質問をいただきました。 その場で答えを […]

さらに読む