イベント

5/30は「IBM Connect Japan 2013 東京開催」でいかが?

記事をシェアする:

 

IBM Connect Japan 2013 ソーシャルの力をビジネスの価値へ」というイベントが東京(5/30)・大阪(6/7)・名古屋(7/5)で開催されます。

まずは皮切りの東京会場、いったいどんなセッションがあるのかを見てみたら、午後は5つのセッションが同時進行なんですね。

皆さん、こういうのってどのセッションに参加しようかなって迷いませんか?

ということで、今回は「おすすめセッションPachiチョイス」の紹介です。

なお、セッションの中身をきちんと知っているわけではなく、あくまでもWebページの説明文だけで選んでますので、「見立て失敗」もあるかも?! です。


IBM Connect Japan 2013 【東京開催】セッション一覧

日時:2013年5月30日(木曜日)10時~18時30分(受付開始9時15分)
場所:品川プリンスホテル アネックスタワー(港区・高輪)

午前中はワントラックで選択不要ですね。ということで飛ばします。
さあ、問題は午後からです。

image

【B-1】トップから企業内ソーシャルの検討を指示されたらまず考えるべき3つのこと

IBM 組織・人財変革 シニア・マネージジング・コンサルタント 川見 有彦

私なら、まずは組織・人財変革のコンサルタントの川見さんのセッションからスタートしますね。

人材系のコンサルがエンタープライズ・ソーシャルを語る機会って、あんまり多くないと思うんですよ。

【A-2】企業内ソーシャルをビジネスに活かす3つのプロセス

兼松エレクトロニクス株式会社 昇 日出海 氏

『ソーシャルをビジネスに活かすためのポイントをスタート期・展開期・成熟期の3つの段階的プロセスに分類』ということらしいです。

個人的には「成熟期」に一番興味があります。


image

【C-3】IBMチャンピオン達がチームスタジオのセッションをハイジャック!

【裏・基調講演】XPages、モバイル化、OpenNTFなど重要トピックを本音弾丸トーク

そもそも「IBMチャンピオン」ってなに? ですよね。答えは「IBM社外のエバンジェリスト」です。私もつい半年ほど前、このページを見て初めて知りました: 『IBM チャンピオンとは?

『進行は予測不可、発言は制御不能。だめだしも少々』とのことで、なんだかよく分からないけどやたらと勢いを感じるのでこれ!

【B-4】企業ソーシャルで効果を出す5つのヒント

アクロス株式会社 コラボレーションエバンジェリスト 木村 隆 氏

木村さんとは一度、エンタープライズ・ソーシャルについてじ~っくり話しをしたことがあるんですが、セッションを聞くのはこれが初めてです。

『1. 導入定着のポイント 2. ユーザー導入事例 3. 定着化支援ツールのご紹介』をがっつりお伝えいただけるようですよ、がっつり!

image

【C-5】The Science of Fit-心理学を用いた人材の最適化-

IBM コラボレーション・ソリューションズ事業部 渡邊 努

『心理学とテクノロジーを融合させた新しい人材選択の事例を考察』ということで、ここ数年社会心理学と行動経済学に心惹かれ続けている私にとって、この日のメインイベントはこのセッションです。

【C-6】事例に学ぶ企業ソーシャル -成功されているお客様との違いはどこか!-

IBM ソーシャルウェア・エバンジェリスト 行木 陽子

セッションは何度も聞いているけど、毎日のようにどこかでお客様に会っている行木さんだから、どこか常に新しいところがあるんですよね。

ということで、今回も新しい『成功要因・失敗要因をひも解き、企業ソーシャルの成功のポイント』を話してもらえるんじゃないかな、と。


ということで、「リアルタイム・コミュニケーション型」ではなく、「非同期コラボレーション型」のエンタープライズ・ソーシャルを語るセッションが中心という、たいへん私好みの並びとなりました(そう選んでるんだから当然ですねww)。

若干の身内びいき感はあるかもしれないけど、きっと有意義な一日になると思いますよ!

Happy Collaboration!

コラボレーション・エナジャイザー

More stories

デンマーク流【望ましい未来をデザインする力】

  デンマークの大切な仲間「Bespoke(ビスポーク)」からニックとアンドレアスの2人を招いて、フ […]

さらに読む

Building Bridge to the better(#BB2B)越境イベントVol.0 レポート

  先週金曜の4月12日夜に、「(Building) Bridge to the better(#B […]

さらに読む

私の越境体験

今度、とあるクローズドなイベントで、「私の越境体験」というお題でショートプレゼンをやることになりました。 いく […]

さらに読む