イベント

チラ見せストと自己効力感 – 社内コミュニティーチラ見せナイト(4/20)・レポート

記事をシェアする:

「自己効力感」という言葉があります。

自分自身に対する信頼感や有能感を意味し、自分の「目標達成能力」をどれだけ信じられるかの鍵となるものです(これが低いと、やる前から「やったってどうせ…」という考えが強くなり、最初からチャレンジしなくなってしまったり、全力を出そうとしなくなってしまうと言われています)が、皆さんはご自分の自己効力感をどう捉えていますか? 高いほうですか、それとも低いほうでしょうか?

一般には、例外的に極端に高過ぎない限りは、高いほうが良いとされています。

さて、なぜ突然「自己効力感」の話を始めたかというと、そこにいるみんなが自己効力感を高められる場をイメージすることが、イベントやコミュニティーをデザインする上でとても大切なんじゃないかと感じる一夜を昨日過ごしたからです。

image

Thetaのグリグリ動くVersionはこちら 社内コミュニティチラ見せナイト? #シャチラナイ! #theta360

  1. 「和魂への道」 by 増山秀人
  2. 「田んぼ同好会について」 by すぎうらなおき
  3. IBM Japan working mother community」 by 岡田愛 from 日本IBM
  4. 「SWQCという社内のソフト品質に関するコミュニティ」 by 樋口潔
  5. 「ONE RICOH について」 by 中野雄介 from リコー
  6. 「ランチヨガ」 by 若原有希奈

上の6人とタイトルは、昨日の「社内コミュニティーチラ見せナイト with EGMフォーラム」で、自分たちの社内コミュニティーの成り立ちと、その成功と課題を紹介してくれたチラ見せスト(チラ見せするヒト)たちです。

自分の楽しみを社内で実践しているうちに、せっかくなら会社の仲間にも社会にも! と拡げ拡がっていった話とか、

逆境に諦めずに知恵を絞り続けてきた結果、おっかなかった先輩から絶賛の言葉を受けたとか、

社長への直談判が奏功して妄想を実現できることになったが、そこから思わぬ展開が…とか。

そんなそれぞれのコミュニティーについて、イイところばかりではなくダメなところも含めて語ってくれました。

そんな自分たちと似ている仲間のリアルなストーリーは、その場にいた参加者に「自分たちにもできるんじゃないか」という自己効力感を与えてくれていたと思います。

自画自賛ですが、「参加者に意味や意義のある場を提供できるのか?」という不安を押し殺して実施した自分とEGMフォーラムの仲間、とりわけ八田さんと松下さんに感謝の拍手を送りたいと思います。やってよかったよねー!

さて今回、参加いただいた方に満足して欲しいという気持ちも強かったのですが、同時に自発的に「見せます!」と手を挙げてくれたチラ見せストの方たちにも、満足して欲しいという裏テーマを持っていました。

そこで、八田さんと松下さんが考えてくれたのが、チラ見せストへの「2つのお土産」です。

まず最初は、自分の言葉が、大きな模造紙にライブで書き出されていくという体験をしてもらうことでした。

打ち合わせなどで議事を取ったり取られたりということは珍しいことではないと思いますが、それが「みんなのやり取り」ではなく、自分の話だけを受けて作られていく経験って、そんなにないのではないでしょうか?

それ自体が経験として貴重だと思うし、同時に「ああ、自分の伝え方と相手の受け取り方にはこういうギャップが生まれるんだな」と後から見直すことができるという良さもあると思っています。

そんなわけで、松下さんが6人のチラ見せストのストーリーを書きとってくれました。ナイス!

image

もう1つは、参加者の感想やメッセージを目に見える、手で持てる形にして、チラ見せストたちにコミュニティーに持ち帰ってもらうことでした。

もちろん、普通のイベントと同様に、チラ見せストたちにとっては直接会場で応援メッセージやフィードバックを貰うことも嬉しいことのはず。

でも、彼らチラ見せストたちの背後には、イベント会場には来ていないコミュニティーのメンバーたちがいます。

会場でのやり取りで得た「モチベーションの素」を、チラ見せストたちがコミュニティーのメンバーに持ち帰れるできるように、そしてまたチラ見せストたちが挫けそうになった時の小さな支えとなるように、感想やコメントをを色紙に貼りチラ見せストたちにプレゼントしました。八田さんナイス提案、ブラボー!

image

イベント運営上もっともっとできたことはあったと思います。

それでも、あの場で紹介されたコミュニティーにとっても、そしてEGMフォーラムにとっても、実施したことで生まれた可能性を感じる夜になったんじゃないでしょうか。

そして参加した個人にとっては、「自己効力感」を高められる場になっていたんじゃないでしょうか。

(いや、自画自賛でしかないのは承知してますって言ってるじゃないですかww)

そんなわけで、参加者向けに『次回開催時にも参加したいと思いますか(チラ見せストとして/チラ見する側で/いいえ)』というアンケートを送ったのですが、今現在ちょうど1/3の回答をいただいておりまして…

すでに3人の方から「次回はチラ見せストとして参加したい」の回答をいただきました。イエィ!

ということで、近いうちに第2回を開催しようと思います。

今回の記事と、以前書いたイベント予告記事『社内コミュニティーチラ見せナイト(#シャチラナイ) @4/20(月) 19:00スタート!』などを読み、「自分もチラ見せストになりたい」と思った方は、ぜひPachiまで、あるいはお近くのEGMフォーラムメンバーまでご連絡くださいね。

Happy Collaboration!

保存

保存

コラボレーション・エナジャイザー

More stories
2019-09-22

デンマークのデザイナーと考えるサステナブルデザイン(10月12日開催)とSculptural Type

10月11日10時追記: 大型台風19号の接近に伴い、12日のイベントは参加いただく方の安全を考慮し中止するこ […]

さらに読む

2019-08-03

所信表明をきっちり書け – #noteのつづけ方

  先日「#noteのつづけ方」というイベントに参加してきました。 参加理由は徳力さんと最所さんのお […]

さらに読む

2019-07-14

「問い」の大切さ(大学生CSVビジネスアイデアコンテスト)

  昨日、立教大学で開催された「第3回大学生CSVビジネスアイデアコンテスト」に審査員として参加させ […]

さらに読む