ソーシャルライフ

2021-01-10

ぱちはらダイアログ16〜20

ここんとこハイピッチで「ぱちはらダイアログ」やってたら、なんと年内にトータル20回に!「100回まではやろうぜ」なんて2人で言ってたんだけど、このペースで行くとあっという間に100回到達しそう!? 今回は16回から昨日の […]

さらに読む

2020-12-16

雑談と対話(と多様性と民主主義)

半月ほど前、『民主主義は雑談に支えられている(冬のフォルケ総括その2)』にこんなことを書きました: 「行動は外部から見えやすいけど、そこに至るプロセスは行動だけでは見えない。」「相手と自分の『一線』がどこにあるのかを認識 […]

さらに読む

カテゴリー


アーカイブ


2020-12-01

民主主義は雑談に支えられている(冬のフォルケ総括その2)

11月の中旬、北海道のど真ん中にある東川町という人口8,000人強の町で、10数人の仲間たちと8日間一緒に過ごしてきました。 その期間の前後は、こちらのブログからちょっと離れてnoteにわしゃわしゃと書き綴っています。先 […]

さらに読む

2020-11-24

ぱちはらダイアログ11〜15

「民主主義」をメインテーマの1つに掲げて打ち合わせなしでトークする「ぱちはらダイアログ」も早いもので先日15回目を終えました。楽しいものは続くもんですなぁ。 第11回から「ゲストは女性」というシバリを取っ払いました。そし […]

さらに読む

2020-09-08

ソーシャルクリエイターとソーシャルビジネス

先週、「社会課題に気づき解決するための思考力を養い、ポジティブな危機意識を持って行動するソーシャルクリエイターを、2030年までに100万人くらいに増やしたい」とブログに書きました。 参考: CCDLab.エナジャイザー […]

さらに読む

2020-08-31

CCDLab.エナジャイザーになりました

  去年一昨年と、春〜夏にかけてコペンハーゲンからBespokeに来日してもらい、フューチャーズデザインのワークショップを一緒にやっていたのですが、今年はコロナもあってそうもいかず…。 とは言え、いつまでも状況 […]

さらに読む

2020-08-24

なんで民主主義? そして民主主義に何をしてるの?

  今朝、坂本さんの24時間ライブ配信マラソン「のたりのたり」に、ゲストとして1時間、原さんと一緒に参加させていただきました。 週初めの月曜朝9時から約1時間、民主主義とデザインにまつわる話をあーでもないこーで […]

さらに読む

2020-08-14

ぱちはらダイアログ6〜10

  台本・構成一切なし。ルールは「民主主義」をメインテーマをとすることだけ。それが「ぱちはらダイアログ」です。早いもので、昨日が第10回でした。 第5回を終えたときに1度まとめブログを書いたように、今回は第6〜 […]

さらに読む

2020-07-11

賛成か反対か。○かxか | 原則ですか個々も含みますか

  「夫婦であっても同棲中でも、家事は男女が半々やるべきだ」 — 賛成か反対か。○かxかで示してください。 特定の事柄に「まるばつ」で意思表示する機会や、それをしているものを目にする機会がここのとこ […]

さらに読む

2020-06-16

8+1のデモクラ筋 | 民主主義トレーニング

  ちょっと前に参加したシブヤ大学の授業で「デモクラ筋」なる言葉が紹介されていました。 「デモクラ筋」は、民主主義社会を築くのに必要な筋肉のこと。民主主義は筋肉と同じように日々鍛えていないと衰えてしまうもので、 […]

さらに読む

2020-05-24

ぱちはらダイアログ1〜5

  2人でブロードキャスティングやんない? テーマ決めてゲスト呼んでダイアログして、ライブ配信しながら質問も受け付けたりしてさ。 いい年したおっさんが2人で言いたことを言うだけじゃなくてさ、「分かってないなぁお […]

さらに読む

2020-05-04

あらゆる類の誘いは断っていい (Feel no guilt

  「あらゆる類の誘いは断っていい。それに対して罪悪感を感じる必要はない。感じ過ぎると自分もみんなも生きづらくする。」 今回、もっとも書きたいことはこの55文字に集約されます。でも、だからと言って「罪悪感を感じ […]

さらに読む

2020-04-22

ソーシャルメディアとAIと民主主義

  ソーシャルメディアとAIと民主主義。 — 昨日、読み終えたばかりの『AI vs. 民主主義 高度化する世論操作の深層』という新書のキーワードはこの3つだ。 そして3つのキーワードは、職業としても […]

さらに読む

2020-04-13

何がわたしの責任で、何が国家の責任?

  非常事態宣言に違反した場合の罰則を決めるのは誰の責任? | ◯市民 – 国家◯ あなたの子どもが教育を受けるのに、責任を負うのは誰? | ◯あなた自身 – 国家◯ 議員に対する疑惑解 […]

さらに読む

2020-04-04

こんなときだからこそ「どこにどうやって行きたいのか」

  「僕、この絵が大好きなんです。昔から一番。」     尊敬している友だちからこの言葉を聞いたのがちょうど2カ月前。それからずーっと頭に残っていて、ときどき思い出しては絵のタイトルのことを […]

さらに読む