ファシリテーション

2019-11-25

煮え煮えフードロス

  先週、東京都庁でのイベント「TOKYO×SDGs 都市における美しい資源循環モデルとは?」に、テーブルファシリテーターとして参加してきました。 プログラムディレクターの松尾 沙織さんが紹介した世界と日本の新 […]

さらに読む

2019-11-07

フューチャーズデザイン・ワークショップ後の自分スキャン

  先週は丸3日にわたりBespokeの「フューチャーズデザイン・ワークショップ」の通訳&ファシリテーションをやりました。 受講者としてだったり通訳としてだったりワークショップデザイナーとしてだったり。 […]

さらに読む

カテゴリー


アーカイブ


2019-04-15

Building Bridge to the better(#BB2B)越境イベントVol.0 レポート

  先週金曜の4月12日夜に、「(Building) Bridge to the better(#BB2B)」というグループ主催のシリーズイベントの第0段的な集いを、青山フラワーマーケット本社のめっちゃオシャレ […]

さらに読む

2018-12-07

融和の外へ共に迷いこむ

  皆さんは「会話と対話」のどちらがより価値があるものだと、あるいはより優れていると思いますか? なんとなくですが、私の周りでは「対話の方が会話より深いものであり、より価値の高いものである」って感じで捉えている […]

さらに読む

2018-09-18

ワークショップデザイン・実施 – 20のヒント

  数カ月前にとあるファシリテーション1日体験コースに参加したのですが、その際、講師のディランさんに『20 Lessons Learned in Designing and Delivering Worksho […]

さらに読む

2018-05-24

「パーソナリティ調査」ワークショプ – 自己認知と他者認知

あなたは、あなた自身のことをどれくらい理解していますか? あなたは、理解している(あるいはしていない)あなた自身を、職場でどれくらい開示していますか?   しあわせをより強く感じながら仕事を続けていくには、より […]

さらに読む

2018-03-10

文化のデザインとは未来のデザイン。未来のデザインとは文化のデザイン。

  デンマークでの学びを言語化しようシリーズ第5弾です。この形式で書くのは今回が最後となります。 前回はこちら: 信用と付加価値と共創 — デンマークのデザイン   帰国前日の実質的な最終日に、世界中 […]

さらに読む

2016-12-05

ファシリテーターとファシリテーターシップ。あるいは目的地と地図と時計。

皆さんは「ファシリテーター」について、じっくり考えたことがありますか? 私の場合、「ファシリテーション的」なものについては日常的に考えています。例えば、社内キャンペーンの企画についてだったり主催コミュニティーの盛り上げだ […]

さらに読む

2015-12-02

ファシリテーションとリーダーシップ(ファシリテーター Advent Calendar2015) #fsAD

「俺は”なんちゃってファシリテーター”だよ。それは知ってるよね?」 「私にとってはパチさんは立派なファシリテーターです!」 「あら嬉しい…オーケー、それなら書くよ。タイトルは『ファシリテーターとリ […]

さらに読む

2015-03-05

頭でっかちファシリテーション

自分で言うのもなんですが、私はそれなりに好奇心も強い方だしフットワークも重くはない。空気読むことも読まないこともできるしそこそこ機転も利くほうなんじゃないか、と自己分析しています。 そんなわけで、そのときどきの興味に合わ […]

さらに読む

2015-02-13

公開イベント「EGMサミット(2月23日)」の見どころ: パネル・ディスカッションwith書記さん

  昨夜は、2月23日夜の公開イベント「EGMサミット」に向けて、パネル・ディスカッションの参加予定者 + アルファで打ち合わせをしたのですが、これがかなり「おおおっ。これは面白いものになる!」と確信できるもの […]

さらに読む

2013-05-01

コミュニティーに必要な「役わり」と「言いわけ」

どこで読んだのか誰のブログだったのか忘れてしまったのですが、ここ数日ずっと頭に残っている話があります。 娘のおままごとに付き合い、男の子を演じていたおとうさん。 もうそろそろ切り上げようとお母さん役の娘に「xx、もう十分 […]

さらに読む

2011-07-14

災害救助犬とワークショップ

ちょっと遅くなりましたが、先週末、これまでに何度かブログにも書かせていただいているNPO団体のPeace Winds Japan(PWJ)さんで、ちょっと、これまでとは違う感じのボランティアをしてきました。 世界最級の某 […]

さらに読む