おやすみ

2021-03-31

(多分ここでは)さようなら。ありがとうございました。

数年前から「このブログ・プラットフォームをクローズする」とか「この場の社員個人での利用は終了する」とか言われてずーっと抵抗し続けてきたけど、どうやらそれも終わりのようだ。 早ければ今日いっぱいで、もうここには書き込めなく […]

さらに読む

2020-09-15

いつか宇宙に吸い込まれたりしないかしら? | ありがとうおふくろ

先週、おふくろが亡くなりました。 「調子がかなり悪くなっているらしい。今週か来週顔を見に行こう。ひょっとしたらこれが意識があるうちの最後の顔合わせになるかも?」という話をお姉ちゃんとして、「じゃあ明日、施設に電話して弘前 […]

さらに読む

カテゴリー


アーカイブ


2020-08-05

ありがとう旧中川!

  3月の終わりごろに完全自宅勤務にしてからは、外出はスーパーマーケットと図書館と病院、そして近所のウォーキングだけです(一時期公園でのバドミントンにもハマってたな)。 家から10分くらい歩いたところに亀戸中央 […]

さらに読む

2020-03-27

登計(とけ)トレイルって知ってる?

トレッキングが好きになってかれこれ3年くらい。結構山だの川だの丘だの湖だのにいくようになったんだけど、特定の場所に「惚れた!」って感じたことはありませんでした(「近くでBBQができる」とか「猫と遭遇するチャンス大」とか、 […]

さらに読む

2020-03-03

残された15分で伝えたいこと

  理不尽だなとは思う。でも仕方ないな…。 もう15分しかおれには残されてないってことなので、ここは諦めて腹をくくり遺言を残すね。 電話しようかなとも思ったんだけど、やっぱりちょっと照れ臭いし、声に出したらもっ […]

さらに読む

2018-09-26

訃報 八木橋(パチ)さん 118歳 著述家

  訃報 八木橋(パチ)さん 118歳 著述家 八木橋昌也(やぎはし まさや) 一九六九(昭和四十四)年九月二十七日、埼玉県生まれ。著述家。エナジャイザー。   先月29日、山梨県南巨摩郡の山林の中で […]

さらに読む

2016-07-24

九州ふっこう割で大分旅行に行ってきました

旅は日常の延長線上にあるのか。あるいは日常とは旅と旅をつなぐ線でしかないのか。 –失礼。旅は、凡人に詩人を気取らせます。 「九州ふっこう割」というお得なプログラムを利用して、夫婦2人で別府の温泉街に宿を取り、 […]

さらに読む

2015-10-01

島が猫カフェ! 田代島に行ってきました

「島が丸々猫カフェなんだよ!」という言葉にグラグラ来た私は、この目で確かめてみるべしと宮城県は石巻市田代島に行って参りました。 結果は…田代島は島全体が猫カフェです! なお、私Pachiはまだ1度しか猫カフェ(猫リパブリ […]

さらに読む

2015-06-21

風化前に。

父親が死んだ直後から、物心両面のさまざまをブログに書いておけば、後々自分たちに役立つんじゃないか、意味あるものになるんじゃないかと思っていました。 でも書き始めると、どこかメランコリーな感が強すぎたり、なんとなくクール過 […]

さらに読む

2015-05-19

身内が亡くなるということ

「亡くなる」という言葉は尊敬語ではなく丁寧語らしく、自分の身内に使ってもおかしくない言葉だそうです。   確かに、「×××は死にました。」という言葉では、その死との時間的、心理的、物理的な距離が近い者たちにとっ […]

さらに読む

2015-01-05

星を増やす方法(とりとめのない話)

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 年始早々かたい話もどうかな? ってことで、めっちゃゆるゆるでとりとめのない、12月に熱海の露天風呂に行った話を書きました。 繰り返します。 ここからとりとめの […]

さらに読む

2014-11-02

海外生活とか英語とか

先週、アメリカ赴任生活中の友だちが一時帰国していて、日々の生活の話をきいたり、それを受けて(だと思う)よしおかさんが書いた『海外生活とか』を読んだら、なんだか当時のことを少し書いておきたくなりました。 ということで、たま […]

さらに読む

2014-09-24

にわかファンからのラブレター、藤城清治さまへ。

  藤城清治美術館 那須高原に行ってきました。 2年前、何かのはずみで藤城清治さんを紹介しているテレビ番組を観て、その後、銀座で作品展に行ったところ、とても心地よかったんです。 そして2013年に常設美術館がで […]

さらに読む

2014-08-24

月は毎年地球から3センチずつ離れている

  その日泊まる宿には本格的な天文台が併設されているらしく、チェックインまでまだしばらく時間が空いていた僕らは、散歩がてらにさっきまで降っていた雨でまだびしょびしょの遊歩道を歩いていった。 天文台には、作業着姿 […]

さらに読む

2014-05-05

フットワークと所有欲と思い出補正

  あなたが最後に引越しをしたのは、何歳のときですか? 平均では、日本人は22歳から25歳をピークとする「移動期」を過ぎると年々ひとところに落ち着いていき、例外的に再び移動が増えるのが60歳のときのようです。 […]

さらに読む