Collaboration

第2回「勝手に箱根駅伝」に勝手にシンクロするDominoV10

記事をシェアする:

カモシーこと、鴨志田です。

先日、有志で「勝手に箱根駅伝」なるものを開催いたしました。
「勝手に箱根駅伝」とは、毎年年始に開催される「箱根駅伝」の東京から箱根までの往路区間を
大手町読売新聞社をスタートして最後は箱根の山を登り、芦ノ湖をゴールとして、有志で勝手に
タスキを繋いで駅伝をするというものです。

本番は、往路5区間ですが、さらにその5区間を数区間に分け、子供から大人まで総勢20数名で
タスキを繋いだのでした。

本番では交通規制もされ、信号もなく、きれいな車道を走ることができるわけですが勝手に・・・
なので、歩道を走ります。普段走りなれていない私は、歩道の小さな下り/上りの坂だけでも
身体にこたえました(汗) 夜中の2時に大手町をスタートし、ゴールはお昼すぎでしたので、青学が
往復するくらいの間に芦ノ湖着でした。それでも安全に20数名を細かく区間に分けてしかも最終的
には全員を芦ノ湖に連れて行くには周到な準備が必要です。準備をした幹事には頭が下がりますし
おかげさまで楽しくイベントを全うすることができました。

 

さて、本番の箱根駅伝は、現在青学が4連覇中ですが、箱根駅伝伝統校といえば中央大学です。
中大は我が母校ということもあり、この駅伝というと愛着を感じます。

 

その伝統校である中大も2017年大会で落選し連続出場記録が途絶えたというのはニュースにも
取り上げられ記憶に新しいかと思います。しかし翌年、奮起し2018年大会には再度この大舞台に
立つことができたわけです。

 

何やらこの「伝統」「復活」をNotes/Domino V10に共感してしまうのは私だけでしょうか。

 

Notesももう少しで誕生30年です。伝統を守り抜くという表現もおかしいですが、当時のV1の
頃のNotesデータベースをV10でも普通に利用できてしまうのは凄くないですか?
「Notesはなくなる」と揶揄されたこともありました。以前にも触れました通り、
「Notesの将来性が不安だから他社を検討する」という声
も聞きました。

 

しかし、その声を払拭すべくNotes/Domino V10が誕生いたしました。
Notesの伝統は働き方改革ですよ。働き方改革は昨今の話ではなく、それを以前からNotesは実現
してきていたと思います。それをV10でさらに加速いたしませんか?!

10/10に始まったNotes/Domino Dayも本日の名古屋開催で一旦終了します。

 

そこで1つ宣伝:
塩漬けか?「Notes/Domino 10」か? 選択が迫られるNotesの行方
10月29日(月) 13:30~14:15

(若干タイトルは違うが:)11月7日(水) 10:30~11:15

More Collaboration stories

ついに来たか、企業SNS !?

カモシーこと、鴨志田です。 Research and Markets社によれば、2018年から2023年にかけ […]

さらに読む