IBM Notes/Domino

IBM Notes/Domino Developer Feedback Session

Share this post:

次のメジャーバージョンアップとなる IBM Notes/Domino V11 のロードマップを決定するために、

IBM Notes/Domino を利用しているユーザーさま、パートナーさま、開発者さまから多くのフィードバックコメントを集めるための

Domino V11 Jam が世界各国で開催されています。

https://www.ibm.com/blogs/collaboration-solutions/2018/11/26/the-domino-v11-jams-are-here/

 

日本においても、1月10日(木)に Domino V11 Jam が開催されたくさんのフィードバックをいただく事ができました。

参加いただきたくさんのフィードバックをしてくださった皆様に感謝いたします。

なお、その様子はノーツコンソーシアムのブログサイトで紹介されていますのでアクセスしてみてください。

https://notescons.gr.jp/home.nsf/blog.xsp?action=openDocument&documentId=68BA1F376630CF104925838300009378

 

Domino V11 Jam at Tokyo に参加いただいた皆様との集合写真がすごくいいものだったのでここにも添付させていただきます!

 

この Domino V11 Jam ですが、参加人数に制限があったために、IBM Notes/Domino V11 に対してアイディアがあるけども、

参加できなかった人もたくさんいらっしゃるのではないかと思います。

そこで、1月18日(金)に開催を予定している 2019 年最初のテクてく Lotus 技術者夜会では、Jam を開催する事としました。

開発に特化した Domino V11 Jam を Developer Feedback Session という名目で開催させていただきます。

この Developer Feedback Session は Domino V11 Jam の責任者である Andrew も日本の開発者からフィードバックが集まることに

非常に大きな期待をしており、楽しみにしているものとなります。

 

テクてく Lotus 技術者夜会はオープンに参加いただけるセミナーとなっていますので、

IBM Notes/Domino V11 に対してアイディアがある、すでに  Product Idea Forum (https://domino.ideas.aha.io/)にあるが、

そのアイディアが実現されるようにユースケースを添えてプッシュしたいなどがございましたら是非とも参加してください。

現段階では特にアイディアなどが無くても、開発者同士のコミュニケーションの中で新たなアイディが出てくる可能性もあります。

東京に行くのは難しいという場合にはリモート参加も受け付けていますので、参加を検討してみてください。

テクてく Lotus 技術者夜会での Developer Feedback Session の詳細および申し込みは以下のサイトからお願いします。

 

https://www.ibm.com/developerworks/jp/offers/events/techtech/

 

たくさんの IBM Notes/Domino 開発者が参加し、たくさんのフィードバックが集まることを心待ちにしています!

Customer Success Manager for IBM Collaboration Solutions

More IBM Notes/Domino stories
By Atsushi Sato on April 1, 2019

IBM Domino AppDev Pack 1.0.1

IBM Notes/Domino アプリケーション開発機能を拡張し、外部アプリケーションの権限管理、 OAuth によるアプリケーションにアクセスの認可を与える仕組み、Node.js アプリケーションから IBM Notes/Domino にアクセスする仕組みなどを提供する IBM Domino AppDevPack の バージョン 1.0.1 がリリースされました!パーツ番号 CC0NGEN で検索してみてください。 また英語でのアナウンスは以下のブログにあります。 https://www.ibm.com/blogs/collaboration-solutions/2019/03/29/exciting-news-ibm-domino-appdev-pack-1-0-1-is-now-available-on-windows-and-verse-on-premises-1-0-7-has-ical-import/   IBM Domino AppDev Pack 1.0.1 のもっとも大きな機能拡張は Windows 版のサポートかと思います。 ベータ版およびバージョン 1.0 では Linux 版のみのサポートだったため、二の足を踏まれていた開発者も多くいらっしゃるかと思いますが、 今回からは Windows 上の IBM Domino に導入し利用する事が可能になっています。   その他には、アプリケーションの権限などを管理する仕組みである IAM サーバーが正式版になったり、 Node.js から IBM Notes/Domino へのアクセスを実現するためのパッケージである domino-db が機能拡張されたりしています。 その domino-db の機能拡張の中で、テストスクリプトが用意されたのが開発時に役立つのでは無いかと思います。 このテストスクリプトを利用する事で、Node.js アプリケーションと […]

Continue reading

By Atsushi Sato on February 25, 2019

IBM Notes/Domino Day 2019 Spring

2月22日(金)に IBM Notes/Domino Day 2019 Spring が開催されました。 同日は、ノーツコンソーシアム主催の ノーツコンソーシアム FESTA 2019 も開催され、 たくさんの IBM Notes/Domino に関わるお客さま、パートナーさまにご参加いただきました。 ご来場いただいたみなさま、どうもありがとうございました!   ノーツコンソーシアム FESTA 2019 では、IBM Domino Application on Cloud (DAC) の事例として 浜松ホトニクスさまに登壇いただき、よかった点も改善されるべき点もお話しいただき DAC の可能性を感じさせていただける内容でした。 また、2018 年度の各研究会の成果発表も同時に行われました。   ザ・ノーツ研究会 – IBM Notes/Domino の製品評価をグループワークで実施し大きな視点での評価を実現 XPages 研究会 – XPages をより有効利用してもらえるよう学習も兼ねて逆引きリファレンスを作成し公開(http://code.xpages.jp/) クラウド研究会 – クラウドで提供される Watson や Azure AD と IBM Notes/Domino との連携の実証検証 […]

Continue reading

By Atsushi Sato on February 12, 2019

IBM Notes/Domino V10.0.1 日本語版

IBM Notes/Domino V10 の日本語対応版が2月5日から公開されています。 https://www-01.ibm.com/common/ssi/ShowDoc.wss?docURL=/common/ssi/rep_ca/0/760/JAJPJP19-0140/index.html&request_locale=ja   今回のリリースにて先日リリースをした IBM Domino V10.0.1 に適用可能な日本語対応した言語パックおよび 日本語版の IBM Notes V10.0.1 がリリースされています。なおクライアントは Windows 版と macOS 版の両方のリリースです。 IBM Client Application Access (ICAA) に関しても同様に日本語版がリリースされています。 V10 のリリースから4ヶ月ほどお待たせしてしまいましたが、日本語で IBM Notes/Domino V10 をご利用いただけるようになりました。 ダウンロードする際のパーツ番号などは以下のサイトを参考にしてみてください。 https://www-01.ibm.com/support/docview.wss?uid=ibm10737609   日本語版の IBM Notes を起動してみると、このように日本語のユーザーインターフェースが問題無く表示されます。 ちなみに、IBM Notes に関しては、ショートカットに不具合があり一旦はリリースを控えましたが、その後リリースされています。 http://www-01.ibm.com/support/docview.wss?uid=ibm10870434   今まで紹介してきた IBM Notes/Domino V10 の新機能を是非とも日本語版でも評価いただき、 バージョンアップの計画をたてていただけることを期待しております。

Continue reading