IBM Notes/Domino

IBM Domino Mobile Apps ベータ

Share this post:

10月10日に発表された IBM Notes/Domino V10 で大きな注目を集めた目玉機能の 1 つである

IBM Notes/Domino アプリケーションをそのまま iPad からの利用を可能とする

IBM Domino Mobile Apps のベータ版が予定通り10月末(アメリカ時間)に公開されました。

すでにベータプログラムへの登録を行っていた人にはベータアクセスへの招待がメールで届いているかと思います。

登録をし忘れてしまった、登録したはずなのだが招待メールが届かないという人は以下の URL から参加が可能になっています。

https://ibm.biz/V10MobileApps

 

この IBM Domino Mobile Apps のベータ版ですが、Apple 社が提供するベータ版テストのためのプログラムである

TestFlight を利用して提供されています (https://developer.apple.com/jp/testflight/) 。

従いまして、事前準備として iPad に TestFlight アプリケーションの導入が必要となります。

こちらは App Store から導入可能になっているので事前に導入をしておいてください(https://itunes.apple.com/jp/app/testflight/id899247664)。

 

TestFlight の導入が済んだら、iPad からベータ招待のメールについているリンクをクリックないしは、

新たなサインアップアプリケーション(https://ibm.biz/V10MobileApps)から登録を行ってください。

自動的に TestFlight が起動して、IBM Domino Mobile Apps のベータ版を TestFlight 経由で導入できるようになります。

インストールが完了したら、ユーザー名と接続したい IBM Domino の入力を求められるので、

iPad のネットワークから接続可能な場所にある IBM Domino を指定してセットアップを進めてください。

ID Vault が設定されていると、指定したユーザーのパスワードを入力する事で利用可能となりますが、

ID Vault が設定されていない場合には iTunes から IBM Domino Mobile Apps に Notes ID をアップロードしてください。

セットアップが完了したら、指定した IBM Domino 上に存在するアプリケーションを開くことが可能になります。

OpenNTF.org に公開されている Wine Testing アプリケーション(https://openntf.org/main.nsf/project.xsp?r=project/Wine%20Tasting)を

IBM Domino Mobile Apps から開いてみるとこのようになります。

IBM Domino Mobile Apps ベータに関する詳細なドキュメントはこちらに公開されています。

https://www-01.ibm.com/support/docview.wss?uid=ibm10738139

 

IBM Domino Mobile Apps の制限事項は以下になります。

  1. セットアップ時には必ず iPad から接続可能な IBM Domino が必要になります。
  2. メールへのアクセスはできません。
  3. Java で書かれたロジックは動作しません。

 

ぜひ、IBM Domino Mobile Apps ベータで社内にある IBM Notes/Domino アプリケーションの動作を確認してみてください!

そして、動作が確認でき差し支えのないものであればハッシュタグ 「#ずっとノーツ」および「# iPadで動いた」をつけて

ソーシャルメディアで公開してみてください。たくさんの iPad 上で動いているアプリケーションを見るのを楽しみにしています。

 

最後に、IBM Domino Mobile Apps を紹介したムービーもありますので見てみてください。

IBM Domino Mobile Apps from h1karum on Vimeo.

 
 

Customer Success Manager for IBM Collaboration Solutions

More IBM Notes/Domino stories
By Atsushi Sato on April 1, 2019

IBM Domino AppDev Pack 1.0.1

IBM Notes/Domino アプリケーション開発機能を拡張し、外部アプリケーションの権限管理、 OAuth によるアプリケーションにアクセスの認可を与える仕組み、Node.js アプリケーションから IBM Notes/Domino にアクセスする仕組みなどを提供する IBM Domino AppDevPack の バージョン 1.0.1 がリリースされました!パーツ番号 CC0NGEN で検索してみてください。 また英語でのアナウンスは以下のブログにあります。 https://www.ibm.com/blogs/collaboration-solutions/2019/03/29/exciting-news-ibm-domino-appdev-pack-1-0-1-is-now-available-on-windows-and-verse-on-premises-1-0-7-has-ical-import/   IBM Domino AppDev Pack 1.0.1 のもっとも大きな機能拡張は Windows 版のサポートかと思います。 ベータ版およびバージョン 1.0 では Linux 版のみのサポートだったため、二の足を踏まれていた開発者も多くいらっしゃるかと思いますが、 今回からは Windows 上の IBM Domino に導入し利用する事が可能になっています。   その他には、アプリケーションの権限などを管理する仕組みである IAM サーバーが正式版になったり、 Node.js から IBM Notes/Domino へのアクセスを実現するためのパッケージである domino-db が機能拡張されたりしています。 その domino-db の機能拡張の中で、テストスクリプトが用意されたのが開発時に役立つのでは無いかと思います。 このテストスクリプトを利用する事で、Node.js アプリケーションと […]

Continue reading

By Atsushi Sato on February 25, 2019

IBM Notes/Domino Day 2019 Spring

2月22日(金)に IBM Notes/Domino Day 2019 Spring が開催されました。 同日は、ノーツコンソーシアム主催の ノーツコンソーシアム FESTA 2019 も開催され、 たくさんの IBM Notes/Domino に関わるお客さま、パートナーさまにご参加いただきました。 ご来場いただいたみなさま、どうもありがとうございました!   ノーツコンソーシアム FESTA 2019 では、IBM Domino Application on Cloud (DAC) の事例として 浜松ホトニクスさまに登壇いただき、よかった点も改善されるべき点もお話しいただき DAC の可能性を感じさせていただける内容でした。 また、2018 年度の各研究会の成果発表も同時に行われました。   ザ・ノーツ研究会 – IBM Notes/Domino の製品評価をグループワークで実施し大きな視点での評価を実現 XPages 研究会 – XPages をより有効利用してもらえるよう学習も兼ねて逆引きリファレンスを作成し公開(http://code.xpages.jp/) クラウド研究会 – クラウドで提供される Watson や Azure AD と IBM Notes/Domino との連携の実証検証 […]

Continue reading