IBM Cloud Private for Data

オンプレミスでも、クラウドでも場所を選ばず稼働可能、「データとAIの時代」に向けた新たなプラットフォーム

IBM Cloud Private for Data の紹介Webinar オンデマンドで視聴可能 IBM Cloud Private for Data概要説明資料をダウンロード(PDF, 3.05MB)

概要

Ladder to AI

賢いAIを生み出すために必要なのは、『きれいなデータ』で学習させることです。

しかし、先進企業におけるAI/機械学習の事例を見ると、その工数の8割がデータをきれいにすること、つまり『データの準備作業』に費やされていることがわかっています。
この8割をより短縮し、AI/機械学習を活用したデータ活用そのものに費やせるようにする必要があります。

IBM Cloud Private for Dataは、データの蓄積から探索/加工、分析、活用まで、一貫したデータ環境を提供するソフトウェア製品です。
Kubernetes基盤をベースにしたプラットフォームのため、従来型のデータプラットフォームに比べてインフラの俊敏性・管理性が高く、オンプレミスやクラウドどこでも稼働可能、より賢いAIを生み出すためのデータ基盤を実現します。

主な機能とIBMをお勧めする理由

あらゆるデータへシンプルにアクセス

どんなデータ形式でも、どこに保存されていてもあらゆるデータに対応。行いたい分析に必要なデータをすぐに収集/活用することができます。

データをきれいにする「エンタープライズカタログ」

データ利用者が必要なときに正しいデータを探して取り出せるようにするためのカタログだけでなく、AIへの学習データや学習モデルもカタログ化し、整備された形式で管理することでより効果的なデータ活用基盤を提供します。

AI/機械学習への即時適用

きれいになったデータをすぐにAI/機械学習を通じて分析できるようになります。また、API化による即時業務適用も可能なためビジネスの加速化につながります。

お問い合わせ

ICP for Dataの導入に興味をお持ちですか?
お気軽にエキスパートにお問い合わせください。

識別コード:Analytics