今求められるS&OP

S&OPは、従来のSCMのゴールであった「製販調整」や「需給調整」に加えて、「経営意思」を反映して利益を最大化することを目的とします。

サプライ・チェーンがグローバル化し、顧客需要への対応とオペレーション効率の最適化の両方が求められるなか、企業は「数量による生販調整」に加え「金額による経営意思」を計画に反映し、経営リスクに迅速に対応することで利益最大化につなげることができます。

アナリティクスで実現できるAdvanced S&OPとは

Advanced S&OPは、アナリティクスによる予測や最適化の技術を活用して、より精度の高い計画と実行を支援します。
予測、計画、最適化、財務分析のサイクルを速やかに回し、生産販売計画と事業計画を一体化するための基盤を提供します。

予測

時系列データ分析

過去の時系列データをもとに、トレンドや季節性をふまえて将来の需要を予測します

計画

プランニング

予測にもとづき、生産や販売などの計画を策定。営業部門の知見を生かした意思入れを行うこともできます

最適化

最適な実行計画

収益、利益、資本、制約のトレードオフを考慮し、KPIを最適とする実行計画を、最適化技術により自動的に作成します

財務分析

財務分析と意思決定

シナリオや戦略ごとに財務指標へのインパクトを試算、比較検討したうえで、最終的な意思決定に繋げます

ポイント1

予測


計画

時系列データ分析による需要予測へ意思を入れた需要計画

過去のデータから需要を予測し、誤差率を指標としてその適用可否を判断します。誤差が大きいものは、年度データなどから需要を修正・変更します。

時系列データ分析による需要予測へ意思を入れた需要計画の図
時系列データ分析による需要予測へ意思を入れた需要計画の図

ポイント2

計画 


最適化

意思入れによる計画の生産ライン最適化

営業部門の意思入れをした計画を実行するために、生産ラインのキャパシティーや特性を考慮し、KPIを最適とする計画を自動計算

意思入れによる計画の生産ライン最適化の図
意思入れによる計画の生産ライン最適化の図

ポイント3

財務
分析

プランと結果の分析にもとづく迅速な対応

プランと結果を迅速に可視化し、現在の状況を把握。その結果をKPIスコアカードにて確認し、未達部分に迅速に対応

プランと結果の分析にもとづく迅速な対応の図
プランと結果の分析にもとづく迅速な対応の図

お客様事例

ティアック株式会社

スピーディーな計画策定や意思決定を実現。数時間要していたデータ処理がわずか3分程度で完了


S&OPのソリューションを
お探しですか?

構成コンポーネント

IBM Planning Analytics

IBM Planning Analytics

予算策定、予実管理のプロセスを効率化し、アナリティクスによる洞察を加えて予算管理の精度を高めます。

SPSS Modeler

正確な予測モデルを素早く構築し、予測インテリジェンスをもたらす予測分析プラットフォームです。さまざまな種類の高度なアルゴリズムと分析手法によって、ほぼリアルタイムで洞察を活用することができます。

ILOG CPLEX

独自技術であるCPエンジンにより複雑な制約条件を考慮しつつ設備稼働率を最大化する生産ラインのスケジュールを可能にします。

無料デモ・個別コンサルティング
Analytics Cafe

実際、画面を見ながら、どのように財務契約や業績管理、経営計画に変化をもたらすのかご体感いただける、小規模なAnalyticsカフェを開催します。
お気軽にお問い合わせください。

※IPA 無料コンサルティングの件とお伝え下さい