市場のグローバル化、IoTをベースとした第四次産業革命の進展、デジタル技術を駆使するディスラプターの台頭など、ビジネスを取り巻く環境はかつてないスピードで大きく変化しています。
この変化に対応し、企業が生き残っていくための鍵を握るのがデータです。

現段階では多くの企業が、データから「何が起こったのか」という過去を理解しているに過ぎません。これからは、将来に対する予測と、「それがなぜ起こったのか」というより深いレベルの洞察を得て意思決定を行うインサイト・ドリブン型組織への前進が求められています。
それを支えるのが AI です。しかし、一足飛びに期待どおりのAIに到達することはできません。

多種多様なデータに統一的にアクセスできる環境、そして、分析の元となるデータの信頼性が担保されて、はじめて機械学習やAIの活用が意味あるものとなります。
IBMでは「AIへの架け橋」となる各ステップのソリューションを取り揃え、お客様のAI活用やデジタル・トランスフォーメーションを、さまざまな角度からご支援します。

パターン1 AI 機械学習 アナリティクス 信頼できるデータ 統一的なアクセス 多種多様なデータ

データ活用のための3要素

注目のトピック

人材分足からの脱却・強い分析チームを作るには

+続きを読む

最先端の機械学習等を高速処理するには

+続きを読む

GDPRに対する準備を進めるには

+続きを読む

イベント/セミナー

「AI/IoT時代のデータ戦略実践セミナー」
《分析・活用編》

〜データの価値を引き出し成果につなげるために〜

2018年9月6日(木曜日) 14時-17時15分


「AI/IoT時代のデータ戦略実践セミナー」
《プラットフォーム編》

〜次世代データ・プラットフォームの実現に向けて〜

2018年9月13日(木曜日) 15時-17時


製品を探す

無料評価版

IBM SPSS Modeler

予測分析によって意思決定とビジネス成果を向上

IBM Data Science Experience

RStudio、Jupyter、Pythonを使用して、IBMが管理するSpark上のデータを分析

IBM Db2 on cloud

クラウドに最適化されたフル・マネージドのオンライン・トランザクション処理(OLTP)データベース

IBM Planning Analytics

ビジネス・ユーザー向けの革新的なプランニング・ワークスペース

IBM Cloudant

Web アプリケーションとモバイル・アプリケーションに対応したスケーラブルな NoSQL クラウド・データベースを使用