市場のグローバル化、IoTをベースとした第四次産業革命の進展、デジタル技術を駆使するディスラプターの台頭など、ビジネスを取り巻く環境はかつてないスピードで大きく変化しています。
この変化に対応し、企業が生き残っていくための鍵を握るのがデータです。

現段階では多くの企業が、データから「何が起こったのか」という過去を理解しているに過ぎません。これからは、将来に対する予測と、「それがなぜ起こったのか」というより深いレベルの洞察を得て意思決定を行うインサイト・ドリブン型組織への前進が求められています。
それを支えるのが AI です。しかし、一足飛びに期待どおりのAIに到達することはできません。

多種多様なデータに統一的にアクセスできる環境、そして、分析の元となるデータの信頼性が担保されて、はじめて機械学習やAIの活用が意味あるものとなります。
IBMでは「AIへの架け橋」となる各ステップのソリューションを取り揃え、お客様のAI活用やデジタル・トランスフォーメーションを、さまざまな角度からご支援します。

パターン1 AI 機械学習 アナリティクス 信頼できるデータ 統一的なアクセス 多種多様なデータ

データ活用のための3要素

注目のトピック

人材分足からの脱却・強い分析チームを作るには

+続きを読む

最先端の機械学習等を高速処理するには

+続きを読む

GDPRに対する準備を進めるには

+続きを読む

イベント/セミナー

次世代データプラットフォームを支える新時代の統合型ETLツール・ハンズオンセミナー

2018年10月4日(木曜日) 14時-17時


DB Online Day 2018 powered by 日本IBM

動き出したデジタル変革 - IT部門はどう対処すべきか
「もしも社長に明日からAIを入れろと言われたら?」

2018年10月11日(木曜日) 13時-16時20分


製品を探す