コグニティブ・ビジネスのための設計

  • 複雑なアナリティクスと機械学習のために設計されたコグニティブ・コンピューティングによってインサイトを加速します。
  • 多種多様な大量のデータを収集して、データとアプリケーションを適切な場所に適切なタイミングで配置します。
コグニティブな IT インフラストラクチャーに取り組む男性の画像

連携によるイノベーションで構築

  • ソリューションを市場に出すまでの時間を短縮するために、オープン・アーキテクチャーとエコシステムに基づく、オープンなイノベーションを採用します。
  • 目的に合ったアーキテクチャー上でプラットフォーム、ランタイム、展開モデルを選択することによって、ビジネス・サービスを最適化します。
2 人の IT 専門家の画像

クラウド・プラットフォームで提供

  • 強化された組み込み済みのセキュリティー機能を活用することによって、ハイブリッド・クラウドに接続するビジネス・システムやデータに含まれる機密性の高い資産を保護します。
  • マイクロ秒単位の応答時間で規模に応じたビジネス・サービスをサポートしながら、開発と反復をスピーディーに行います。
IT インフラストラクチャー担当 VP の画像

コグニティブ・ビジネスの未来の設計

IBMは、コグニティブ・ビジネスを設計、構築、提供するための能力を提供。

クラウド、オンプレミス、あるいは両方でのコグニティブ・インサイト

コグニティブ・ワークロードのためのITインフラストラクチャーに関する特別なアナリスト・レポート。

アプリケーションへのプラットフォームの適合

コグニティブ・ワークロードに対応した今日のITインフラストラクチャーに対する需要について説明します。

コグニティブ・ビジネスを構築するために適切なインフラストラクチャーはありますか?

コグニティブに関する組織の強みの確認

関連情報

なぜ、データセンターにとってLinuxONEがx86よりも優れた選択肢なのでしょうか? コストを65%節約するからです。1

IBMのオールフラッシュ・ストレージ IBM FlashSystem は、価格性能比でディスク・ストレージを凌駕。高速なアクセス性能により業務効率向上を実現します。

デジタルによる破壊に関する IT リーダーへのガイド: ハイブリッド・クラウドを使いこなすための準備

インフォグラフィック

トレンド

Paulo Carvao

接続された経済における競争

接続された経済で成功を収めるには、テクノロジー・エグゼクティブが6つの主要領域に集中する必要があります。それが何であるのか、そしてさらに学習できる方法を説明します。


IBM Edge 2016 で IT ヒーローに参加する

インフラストラクチャーを超えて

コグニティブ時代をリードするには、最新の知識が必要です。Edge 2016では、コグニティブ・コンピューティング、オープン・イノベーション、ハイブリッド・クラウドに関する最新情報を 1 つの場所で学習できます。


IT リーダーは未来の設計者

ITの役割はがらりと変わりました

ビジネス・エグゼクティブは、ITリーダーにビジネス・イノベーターとなることを期待するようになっています。つまり、考えるのと同じ速度でインサイトを得るためにコグニティブ・テクノロジーを採用する必要があります。