モバイル・サービスのための統合

APIの公開によって、モバイル・サービスを経由してデータセンターの外部からも企業のIT インフラストラクチャ―にアクセスできます。企業のITは、ハイブリッド・クラウド環境となることで、新たな価値を実現します。

アナリティクス・サービスに最適なデータ

膨大な量のデータを素早く収集して、効率的に最適な場所に配置します。インサイトをリアルタイムに提供するために、データとアナリティクスに最適化されたシステムによってデータを処理します。

未来を予見しサービスを継続する運用

変化が激しく予測が不可能な世界や市場環境の中、適切に設計されたIT インフラストラクチャーは、優れたサービス・レベル、信頼性、可用性の実現に貢献します。

CTOの視点

コグニティブの時代に対応して調整されたインフラストラクチャー


統合

API エコノミーへの転換

IBMはAPIを管理および統合する堅固なプラットフォームを提供して、企業の安全な変革を支援します。

データ

リアルタイム・データの価値

日々、クィンティリオン(10の18乗)単位のデータ・ビットが生成されています。IBM Systemsは、このようなデータを企業がアナリティクス・サービスによって活用できるよう支援します。

運用

未来の予見

耐震システム。問題の検出、自動化、解決を行うミドルウェア。常時利用可能を実現する運用。

関連情報

資生堂、情報分析基盤を刷新。従来の20-30分の待ち時間が5秒に。ユーザーが驚く「超高速」を実現したシステム基盤とは?

キヤノンマーケティングジャパン、情報系統合基盤を10倍以上高速化。インフラ基盤刷新による業務効率の大幅改善に成功。

第一生命保険、基幹システムにオール・フラッシュ・ストレージとストレージ仮想化を採用。読み込み速度は1桁減、書き込み速度も6割減に。

大日本印刷、Hadoop on IBM Power Systemsで理想的なビッグデータ分析基盤を構築。顧客一人ひとりの価値観やニーズにあったマーケティング活動の実現に向けた取り組み。

POWER8 プロセッサー搭載サーバーのIBM Power Systems。その特長や活用のメリットをわかりやすく解説。

「IBM Watson」のプラットフォームに、なぜIBM Power Systemsが選ばれたのか、その理由を紹介します。

インフォグラフィック

IBM Systemsのトレンド


オールフラッシュは元年を迎えた?

「2016年はオールフラッシュ元年である」といった見出しの記事を見かける機会が増えました。このような状況を見ると、「オールフラッシュ(正確には、オールフラッシュ・ストレージ)」という言葉は市民権を得たのかな、なんて思います。


ビッグデータの高速処理と省電力の両立

この難題をブレイクスルーするため、テクノロジーの最先端での取り組みを、産学の取り組みの最前線を東京大学大学院 情報理工学系研究科 教授の江﨑浩氏と、日本アイ・ビー・エム常務執行役員が紹介します。


ビジネスプロセスの合理化

IBM z Systems上のブロックチェーン・コードにより、開発者はスピード、スケール、セキュリティーに優れた新たなソリューション開発が可能に。