IBMはNGOとパートナーシップを組み、IBM社員による海外支援チームを組織、派遣し、開発途上国の経済、環境、教育分野への基盤構築支援に取り組み、グローバルな人材の育成を推進しています。

世界のNGO(非政府組織)の専門家と、さまざまなスキルや経験を持ったIBM社員がチームを組み、開発途上国などで経済、環境、教育分野の基盤構築支援など社会、経済的に重要な課題解決に取り組むことを通じて、グローバルな問題解決力、コミュニケーション力、さらには感知力などリーダーに必要な体 験を得るというプログラムです。

この活動は新興国市場における社会経済的な課題に対処するグローバルな社会貢献活動を通じて、次代のリーダーとなる人材を育成することを目的としています。

メンバーの写真
タンザニア・ツアーオペレーター協会
(TATO) にアサインされたメンバー
このプログラムは、グローバルな企業を目指すIBMが企業市民として、国や組織の枠を超えてグローバルでの社会貢献を果たすための取り組みである 「Global Citizen's Portfolio(地球市民のポートフォリオ)」の一環として展開されています。社員が有するスキルやノウハウを社会貢献活動に役立てると同時に、参加する社員自身の成長を促し、さらにはIBMとしても社員のグローバルなリーダーシップを育成することにもつながる、3つのメリットを併せ持ったユニークな プログラムです。

当プログラム実施にあたりIBMは、32の国際的なNGOの中から3つのNGO(ワシントンD.C.のCitizens Development Corps、カナダのDigital Opportunity Trust、オーストラリアのAustralian Business Volunteers)との提携関係を締結しました。これらのNGOは、IBM社員が持つスキルを最大限に発揮できる適切なプロジェクトと現地の組織の選 定に協力するなど、プログラムを成功に導く上で重要な役割を担っています。

派遣される社員チームは、1カ月に及ぶ現地への赴任に先立ち、派遣チームは、当地の習慣、文化、言語、参画するプロジェクトの目標、社会経済情勢お よび政治情勢について学習するため、3カ月間の研修を受講します。任期終了後、派遣された社員は元の職場に戻り各自の経験を生かします。なお、プログラム に参加する社員は、出身国や事業部門が異なる10名~15名で1チームを構成、多様なバックグラウンドを持った社員同士のネットワークを築く機会も提供さ れます。