Maximo Base Service (以下 Maximo) *1 は Maximo Asset Management だけでなく、2008 年 5 月にリリースされた IBM Service Management (以下 ISM) 製品群の基礎となるフレームワークです。Maximo ではこのフレームワークの柔軟な機能を使用して、ユーザー要件に応じた GUI の変更・DB の構成、独自開発したロジックの組み込みなどを行うことも可能です。本稿では、Maximo にログインすると表示されるスタート・センターの機能及び新規作成、変更/編集の手順について紹介します。

高城 明彦, Tivoli開発 / ソフトウェア開発研究所, IBM

高城 明彦(たかじょう あきひこ)日本アイ・ビー・エム、ソフトウェア開発研究所に所属。2007年,日本IBM入社。現在はTivoli第一開発にてサービス・マネジメント製品とアセット・マネジメント製品の品質検証を担当。



赤松 猛, Tivoli 開発 / ソフトウェア開発研究所, IBM

赤松 猛(あかまつ たけし) 日本アイ・ビー・エム株式会社 ソフトウェア開発研究所 Tivoli開発 Tivoli AC & 先進技術推進
2003年4月入社。Maximo Enterprise Asset Managementを担当するセールスエンジニアとしてソフトウェア開発研究所からTivoli事業部へ出向し、Maximo関連のビジネスの立ち上げに従事した後、 WW Tivoli SWAT Teamの一員としてMaximo関連製品をはじめとしてISM製品群を担当している。IBMではこの他に、Tivoli Application Dependency Discovery Manager(TADDM)の国際化、Discovery Library Adapter(DLA)開発、Tivoli製品全般の国際化検証テスト・マルチバイト文字環境での統合テストを担当してきた。趣味はスキーで、SAJ公認正指導員の資格を持ち、シーズン中はIBM SKI部にて強化指定選手および講師として活動している。また、最近はウィンドサーフィンを始め毎週末海に通っている。



2009年 4月 03日

はじめに

スタート・センターとは、Maximo にログインして利用者が最初に目にする画面で、データ・業務の見える化、可視化を推進する際にキーとなる機能のひとつです。このダッシュボードのような画面には、Maximo が提供する複数のポートレットを自由に配置することができます。そして配置した各ポートレットの設定により、

  • よく使用するアプリケーションへのショートカットリンク
  • 自分が行わなければいけない業務上の処理一覧
  • 目標と現状の差を示すグラフ
  • 自分が管理している資産のステータス一覧

などを表示させることができます。

図 1. スタート・センター画面例

クリックして大きなイメージを見る

図 1. スタート・センター画面例

また、利用者の知りたい情報は業務上の立場・役職によって異なります。

  • 経営者

    昨日の工場の稼働率は?前年同月比は?

  • 設備保全部門マネージャー

    作業依頼で対応できていない案件は?

  • 設備保全部門オペレーター

    私の作業の遅れは?

スタート・センターは、複数の画面デザイン (スタート・センター・テンプレート) を定義することにより、利用者の役職に合わせて最適な画面を表示するように設定できます。


スタート・センターの管理

システム管理者は、あらかじめ自社の役職・役割にあわせた画面デザイン (スタート・センター・テンプレート) を作成しておく必要があります。Maximo では、利用者の役職・役割ごとに各アプリケーションでの表示・実行を制限・管理する機能として、セキュリティー・グループが提供されています。スタート・センターの画面デザインでは、このセキュリティー・グループで定義されたひとつのグループに対して、ひとつのスタート・センター・テンプレートを割り当てるようになっています。

図 2. セキュリティー・グループに対応するスタート・センター・テンプレートを関連づける
図 2. セキュリティー・グループに対応するスタート・センター・テンプレートを関連づける

複数のセキュリティー・グループに所属する利用者は、スタート・センター画面上部にタブが表示され、複数のスタート・センターを切り替えて使用・表示することができます。例えば、資産管理者とプロセス要求者のセキュリティー・グループに所属しているユーザーは Maximo にログインすると、管理者が用意した、それぞれの役割に必要な情報が配置されたスタート・センターが、表示されます。表示された画面を基に、ユーザーは好みに応じて配置、表示を変更/修正することができます。(ユーザーがスタート・センターを変更できないように設定することも可能です。) 各ユーザーが行ったスタート・センターへの変更/修正は、ユーザー毎に保存されます。ユーザーA の行った変更はユーザーA のみに有効で、同じセキュリティー・グループに所属するユーザーB に影響はありません。ユーザーB も、自分の好みに合わせてスタート・センターを変更/修正することができます。図 3 は、スタート・センターのデータモデル*2 の一部です。1 つのスタート・センター・テンプレート (SCTEMPLATE) に対して、ユーザー (USERID) とセキュリティグループ (GROUPNAME) を外部キー[FK]にして、表示の設定 (SCCONFIG) が複数保持されることがわかります。

図 3. スタート・センター データモデル 一部
図 3. スタート・センター データモデル 一部

スタート・センターの画面構成

スタート・センターは、Maximo が提供する複数のポートレットから構成されており、スタート・センター・テンプレートを新規作成する際には、画面のレイアウト、配置するポートレットの選択、配置したポートレットの設定を行います。スタート・センター画面上部には、スタート・センター メニューが表示され、利用者の権限、開いているスタート・センターによって表示される項目が変わります。図 4 は、システム管理者でログインしたときのもので、全てのメニューが表示されています。新規テンプレートの作成をクリックすると、新しいタブが作成され、空のスタート・センターが表示されます。

図 4. スタート・センター メニュー

クリックして大きなイメージを見る

図 4. スタート・センター メニュー

表 1. スタート・センター メニュー
メニューの名称機能
コンテンツ/レイアウトの変更現在表示中のスタート・センターの名前・内容を変更できます。レイアウトの選択と表示するポートレットの選択はここから行います。レイアウトには、“均等幅”、“ナロー - ワイド”、“ワイド - ナロー”の 3 つが選べます。
表示設定複数のスタート・センターの内、表示させるスタートセンターを選択し、どのスタート・センターをデフォルトとするかを設定します。また、タブに表示される名前の編集もできます。
新規テンプレートの作成このボタンをクリックすると新規テンプレートのタブが作成され、空のスタート・センターが表示されます。レイアウト、配置するポートレットを選択、設定して、新しいスタート・センター・テンプレートを作成します。
テンプレートの保存作成したスタート・センターをスタート・センターのテンプレートとして保存します。保存されたテンプレートはセキュリティー・グループに紐付けることができ、その役割を持つユーザーがログインすると関連付けたスタート・センターが表示されます。表示されたスタート・センターは各ユーザーが自身にとって使いやすいように「コンテンツ/レイアウトの変更」メニューから変更/修正することができます。
既存のテンプレートの変更すでに作成されているテンプレートを選択して編集します。変更を保存し反映させるには、各ユーザーがスタート・センターの更新をクリックして更新を行う必要があります。このメニューを選択せずに、すでに表示されているテンプレートを編集してもテンプレートとして保存することはできません。(スタート・センターメニューにテンプレートの保存が表示されません)
テンプレートの削除現在編集中のテンプレートを削除します。
変更のキャンセル現在編集している内容を破棄して、テンプレートの変更を終了します。
スタート・センターの更新管理者が作成/編集したスタート・センター・テンプレートの状態に、利用者のスタート・センターを更新します。管理者がテンプレートに加えた変更を反映させる場合や、ユーザーが変更した内容を破棄してテンプレートの状態に戻したい場合などに使用します。

スタート・センターに配置できるポートレット

Maximo には、あらかじめ数種のポートレットが用意されています。スタート・センター メニューの コンテンツ/レイアウトの変更 をクリックすると、配置するポートレットの選択、レイアウト、表示順を編集することができます。同じ種類のポートレットを複数配置することも可能です。ここでは、各ポートレットの機能と使用例を紹介します。

図 5. スタート・センター メニュー コンテンツ/レイアウトの変更
図 5. スタート・センター メニュー コンテンツ/レイアウトの変更

KPI グラフ

KPI (重要業績評価指数) マネージャー アプリケーションで作成した KPI のグラフが表示できます。1 つの KPI を選択した場合は、メーターグラフ、複数の KPI を選択した場合は、棒グラフで表示されます。KPI の実績、目標、差異の値が表示されます。KPI が安全範囲にある場合は緑、注意と警告の間にある場合は黄色、警告値より上の場合は赤で表示されます。ステータスに表示されているアイコンの形状は、前回計測値からの変化を示しています。横線の場合は変化なし、上向きの矢印は、KPI 値の上昇を示しています。ステータスのアイコン形状に注目することで、前回の状態から改善されている (赤→黄方向への変化) のか、悪化している (緑→黄方向への変化) のかといった傾向も監視することができます。

図 6. KPI グラフ ポートレット

クリックして大きなイメージを見る

図 6. KPI グラフ ポートレット

KPI 一覧

複数の KPI が一覧形式で表示されます。グラフが必要ないときに使用します。関連レポートのアイコンをクリックすると、関連する帳票を表示することができます。

図 7. KPI 一覧 ポートレット

クリックして大きなイメージを見る

図 7. KPI 一覧 ポートレット

お気に入りのアプリケーション

資産管理者ならば資産アプリケーションへのリンク、サービスデスク担当者ならばインシデントアプリケーションへのリンク、というように使用頻度の高いアプリケーションへのショートカットリンクをお気に入りのアプリケーションポートレットに登録することができます。

図 8. お気に入りのアプリケーション ポートレット
図 8. お気に入りのアプリケーション ポートレット

インボックス/割り当て

ログインしたユーザーに割り当てられたワークフローが表示されます。ユーザーは、自分が行わなければいけない業務上の処理を把握し、必要な処理を迅速におこなうことができます。

図 9. インボックス/割り当て ポートレット

クリックして大きなイメージを見る

図 9. インボックス/割り当て ポートレット

結果セット

保存されているクエリーの結果を表示することができます。クエリーについては、Maximo シリーズ Part 3 - Maximo Query を参照してください。クエリーの結果は、表形式でただ表示するだけではなく、条件を定義して、表示色を変更したり、円グラフ、棒グラフで表示したりすることもできます。例えば、現在進行中のインシデントの一覧を表示し、自分が担当になっているものは、赤で表示する。管理しているリース資産一覧を表示し、更新期限が近いものは黄色で表示する。など、クエリーを駆使して自分の見たい形で情報を表示することができます。

図 10. 結果セット ポートレット

クリックして大きなイメージを見る

図 10. 結果セット ポートレット

掲示板

掲示板のメッセージを閲覧することができるポートレットです。ここでは、「リンク先→管理→掲示板」アプリケーションで他のユーザー (主に管理者) が発信した重要な問題、メッセージが表示されます。表示される期間、表示させるユーザーが設定でき、アクションメニュー→通信の作成から、掲示板メッセージを基に電子メールを作成することもできます。

図 11. 掲示板 ポートレット

クリックして大きなイメージを見る

図 11. 掲示板 ポートレット

図 12. 掲示板 アプリケーション 通信の作成 機能

クリックして大きなイメージを見る

図 12. 掲示板 アプリケーション 通信の作成 機能

クイックレポートの挿入

頻繁に実行するアクションのショートカットリンクを登録できます。リンク先メニューからアプリケーションへ移動、新規作成アクションなどを行う代わりに、ワンクリックでアクションを実行できるようになります。

図 13. クイックレポートの挿入 ポートレット

スタート・センターの新規作成、変更/修正

新しいスタート・センター・テンプレートを作成し、ユーザーがログインした時に作成したスタート・センターが表示されるようにしてみましょう。作成時には、スタート・センター・テンプレートに対して変更/修正を行っているのか、自分のスタート・センターに変更/修正を行っているかを確認してください。間違えてしまうと、せっかくテンプレート用に変更を加えたのに、テンプレートとして保存できない (自分だけに有効) ということになってしまいます。

図 14. スタート・センターの新規作成、変更/修正 作業流れ

システム管理者がスタート・センター・テンプレートを作成し、作成したテンプレートをセキュリティー・グループに関連付けます (①, ②)。ユーザーを、スタート・センター・テンプレートを関連付けたセキュリティー・グループに追加します (③)。追加されたユーザーが Maximo にログインすると、スタート・センター・テンプレートを基に複製されたスタート・センター画面が表示されます (④)。ユーザーは、現在表示されているスタート・センターを好みに応じて、変更/修正することができます (⑤)。ユーザーによる変更/修正は、ユーザー毎に保持されています。変更/修正されたスタート・センターは、メニューの 「スタート・センターの更新」を実行すると、テンプレートの状態に戻ります (⑥)。スタート・センター・テンプレートに変更を加えた場合や、ユーザーが自分の加えた変更を破棄して、元のテンプレートの状態に戻したい場合に使用します。

スタート・センターの更新を行うと、ポートレット内のデータではなく、スタート・センターのレイアウトとポートレットの設定が最新のテンプレートの状態へと更新されるため、自分が行った変更/修正は破棄されてしまいます。

スタート・センター・テンプレートの作成/保存

スタート・センター・テンプレートを作成してみましょう。ここでは、図 15 のようなスタート・センターを作成します。お気に入りのアプリケーション、現在アクティブなインシデントの一覧、誰に何件のインシデントが割り当てられているかを表示するグラフ、インシデント平均解決時間の KPI グラフを追加し、設定します。

図 15. スタート・センター・テンプレート作成例

スタート・センターの読み取り/変更アクセス権を持つユーザーで Maximo にログインします。ログイン後、スタート・センター上部のメニューより、「新規テンプレートの作成」を選択し、レイアウト、配置したいポートレットを選択します。

図 16. テンプレートの作成

レイアウトとポートレット配置決定後、スタート・センターには空のポートレットが指定したレイアウトで表示されます。各ポートレットの編集ボタンをクリックして、設定を行います。表 2 は、ポートレットのメニューバーに表示されるアイコンの説明です。このアイコンの機能は、スタート・センターだけでなく、各アプリケーション、テーブル・ウィンドウでも共通です。各ポートレット設定完了後、テンプレートを保存します。

図 17. 作成直後画面
表 2. ポートレットメニューバーのアイコンの説明
アイコン説明
編集
最小化
削除
テーブルのフィルター
フィルターフィールドの表示切り替え
検索
クリックすると、フィルターフィールドに基づいてテーブルの絞込みが行われます。フィルターが空の場合は全レコード表示
クリア
フィルター条件がクリアされます
アプリケーションで結果セットを開く
クリックすると、関連づけられたアプリケーションに移動します

セキュリティー・グループ

作成したスタート・センター・テンプレートを、セキュリティー・グループに関連付け、そのセキュリティー・グループにユーザーを追加します。「リンク先→セキュリティー→セキュリティー・グループ」アプリケーションに移動し、作成したスタート・センター・テンプレートを関連付けます。

図 18. セキュリティー・グループにスタート・センター・テンプレートを関連付ける

ユーザーをセキュリティー・グループに追加します。

図 19. セキュリティー・グループにユーザーを追加
図 19. セキュリティー・グループにユーザーを追加

ユーザーによる変更/修正

一旦サインアウトし、セキュリティー・グループに追加したユーザーで再度ログインすると、作成したスタート・センターが表示されます。ユーザーは、好みに応じて現在表示されているスタート・センターへ、ポートレットの追加、削除、変更/修正を行うことができます。このユーザーが行った設定は、ユーザー毎に自動保存されるため、サインアウトしても変更は破棄されません。

スタート・センターの更新

スタート・センターの更新を行うと、テンプレートの状態に戻すことができます。これまでに、自分が行った変更/修正は破棄されます。


まとめ

本稿では、スタート・センターの機能、設定方法について紹介しました。蓄積されたデータを有効活用し、業務効率を高めるには、各ユーザーの使用法に合わせた有用なスタート・センターを作成することが重要です。


注釈

*1 Maximo Base Service とは Maximo 関連製品の共通部分を指しています。製品、ガイド、マニュアル等にはこれ以外に Tivoli Process Automation Engine、Tivoli Process Automation Platform となっている所もあります。2008 年 10 月以降、IBM では、この Maximo 関連製品が持つ共通機能としてのフレームワークを指して Tivoli Process Automation Engine と呼んでいます。

*2 Maximo のデータモデルは、Open Process Automation Library(OPAL) (US) よりダウンロードできます。

参考文献

コメント

developerWorks: サイン・イン

必須フィールドは(*)で示されます。


IBM ID が必要ですか?
IBM IDをお忘れですか?


パスワードをお忘れですか?
パスワードの変更

「送信する」をクリックすることにより、お客様は developerWorks のご使用条件に同意したことになります。 ご使用条件を読む

 


お客様が developerWorks に初めてサインインすると、お客様のプロフィールが作成されます。会社名を非表示とする選択を行わない限り、プロフィール内の情報(名前、国/地域や会社名)は公開され、投稿するコンテンツと一緒に表示されますが、いつでもこれらの情報を更新できます。

送信されたすべての情報は安全です。

ディスプレイ・ネームを選択してください



developerWorks に初めてサインインするとプロフィールが作成されますので、その際にディスプレイ・ネームを選択する必要があります。ディスプレイ・ネームは、お客様が developerWorks に投稿するコンテンツと一緒に表示されます。

ディスプレイ・ネームは、3文字から31文字の範囲で指定し、かつ developerWorks コミュニティーでユニークである必要があります。また、プライバシー上の理由でお客様の電子メール・アドレスは使用しないでください。

必須フィールドは(*)で示されます。

3文字から31文字の範囲で指定し

「送信する」をクリックすることにより、お客様は developerWorks のご使用条件に同意したことになります。 ご使用条件を読む

 


送信されたすべての情報は安全です。


static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Tivoli (service management)
ArticleID=375062
ArticleTitle=Maximo シリーズ: Part 4 - スタート・センター
publish-date=04032009