Maximo シリーズ: Part 1 - Maximo Basic

Maximo の基本について紹介します

Maximo Base Service (以下 Maximo) *1 は Maximo Asset Management だけでなく、2008 年 5 月にリリースされた IBM Tivoli ブランド IBM Service Management (以下 ISM) 製品群の基礎となるフレームワークです。Maximo Asset Management と ISM 製品群では製品が活躍する場面は大きく異なっています。しかし、どの場合でも Maximo がフレームワークとして動作し、各アプリケーションの根幹をなしています。Maximo というフレームワークを理解することはどの製品を扱うにしても重要なことであると言えます。Maximo 上ではこのフレームワークの柔軟な機能を使用して、ユーザー要件に応じた GUI の変更・DB の構成、独自開発したロジックの組み込みなども可能です。

本稿では、そういった Maximo の機能を使用していくにあたり、まず Maximo の基本について紹介していきます。Maximo のお作法ともなる部分です。これから Maximo 戦士として戦っていくあなたの道しるべとなるでしょう。

赤松 猛, Tivoli 開発 / ソフトウェア開発研究所, IBM

赤松 猛(あかまつ たけし) 日本アイ・ビー・エム株式会社 ソフトウェア開発研究所 Tivoli開発 Tivoli AC & 先進技術推進
2003年4月入社。Maximo Enterprise Asset Managementを担当するセールスエンジニアとしてソフトウェア開発研究所からTivoli事業部へ出向し、Maximo関連のビジネスの立ち上げに従事した後、 WW Tivoli SWAT Teamの一員としてMaximo関連製品をはじめとしてISM製品群を担当している。IBMではこの他に、Tivoli Application Dependency Discovery Manager(TADDM)の国際化、Discovery Library Adapter(DLA)開発、Tivoli製品全般の国際化検証テスト・マルチバイト文字環境での統合テストを担当してきた。趣味はスキーで、SAJ公認正指導員の資格を持ち、シーズン中はIBM SKI部にて強化指定選手および講師として活動している。また、最近はウィンドサーフィンを始め毎週末海に通っている。



青山 希, Tivoli 開発 / ソフトウェア開発研究所, IBM

青山 希(あおやま のぞむ)
日本アイ・ビー・エムのソフトウェア開発研究所に勤務。オートノミック・コンピューティング関連のソリューション開発、Tivoli製品の品質検証などに従事。現在は、ワールドワイドの開発拠点と協業で、Maximo関連製品の品質検証を行っている。



西村 康孝, Tivoli 開発 / ソフトウェア開発研究所, IBM

西村 康孝(にしむら やすたか)
日本アイ・ビー・エム、ソフトウェア開発研究所に所属。2006年,日本IBM入社。以来,ソフトウェア開発研究所にてシステム管理製品のソリューション開発に従事。現在はTivoli第一開発にてサービス・マネジメント製品とアセット・マネジメント製品の品質検証を担当。



2008年 12月 05日

はじめに

Maximo は J2EE テクノロジーをベースとした Web アプリケーションフレームワークです。様々なビジネスアプリケーションがこのフレームワーク上に構成されています。Maximo Asset Management/Tivoli Asset Management for IT/Tivoli Service Request Manager/Change and Configuration Management Database、その他各種 ISM 製品は全てこのフレームワーク上に構成されたアプリケーションです。Maximo という共通プラットフォーム上に構成されているため、各アプリケーションはデータをシームレスに連携させることができます。

また、Maximo はそれ自体が開発環境です。IBM が提供する製品の基本機能だけでは、あらゆるお客様のニーズを完全に満足させるためには、少々物足りないかもしれません。お客様のニーズを 1 つ 1 つ捉えていくのが、この Maximo 上の開発機能です。テーラリング*2 と呼ばれるこの機能やさらに強力なカスタマイズ*3 を駆使して、ユーザーはお客様の要求に応えていくことができます。このシリーズでは、こういった Maximo の深い機能を紹介していく予定です。ここではまず Maximo の基本的なお作法を説明したいと思います。まず、Maximo を知ってください。その後、Maximo の上で動くアプリケーションを変えていくのは、皆さんです。


Maximo 共通機能

図 1 は Maximo の構成を示しています。ピンクの部分は IBM が製品として提供しているアプリケーションです。それぞれのブロックが各 Maximo/ISM 製品となります。図 1 のブロックで表される製品は一部で、これ以外に様々な製品があります。ユーザーは自らのビジネスロジックを Maximo 上に作成し、新しいアプリケーションをここに追加して作成、または既存のアプリケーションを修正していくことができます。

Maximo 共通機能として紹介するのは、青い部分です。大きく 3 つに分けることができます。

  1. ユーザーインターフェース環境
  2. 基本機能 (アプリケーションデザイナー・ワークフロー開発実行・レポート・外部連携等)
  3. データベース
図 1. Maximo 構成図

1.のユーザーインターフェース環境は、主に本稿で紹介する部分です。ログイン後に最初に表示される Maximo の画面、スタートセンターやその他 Maximo アプリケーションの UI を提供しています。図 2 は Maximo スタートセンターの例です。

図 2. Maximo スタートセンター

スタートセンターは、上部のメニューとポータルエリアによって構成されています。上部メニューから各種機能を起動します。「リンク先」がもっとも使われることになるメニューでしょう。

ポータルエリアは役割によって内容が変化します。どのようなポータルを構成するかはユーザー次第です。また、ポータルはタブにより複数表示され、役割が複数ある場合はタブにより切り替えて使用します。

2.の基本機能では、UI 以外の Maximo 共通機能の大半を提供しています。ワークフロー機能はお客様のビジネスを遂行していく上で必要なプロセスをワークフローとして Maximo に実装し確実に実行していく環境を提供します。図 3 は Maximo 上で提供されているワークフローの例です。この例では対象のオーナーの承認を行っています。ワークフロー内の 菱形のアイコン画像 ノードでオーナーの割り当てがあるか検査しています。四角形のアイコン画像 ノードではオーナーの割り当てや割り当てられたオーナーの承認を行っています。

この他、外部連係機能・ワークフロー・GUI・データベースのデザイン機能、KPI や BIRT*4 によるレポートの実行環境・ユーザーセキュリティ・E メール連携機能を提供しています。これらの機能の活用方法は今後紹介していく予定です。図 4 は Maximo 上で実行された BIRT レポートの例です。

図 3. Maximo ワークフローサンプル
図 4. レポートサンプル

3.のデータベースには、Maximo のデータが全て納められています。Maximo を実行する際のパラメーターもこのデータベースに格納され、また実行時に変更・更新することが可能になりました。

Maximo データベースの定義は Web で公開されており、IBM Tivoli Open Process Automation Library(OPAL) から ER 図を Download することができます。また、Maximo ユーザーは 2.のデータベース管理構成機能により自由に Maximo の画面からそのデータベースの構成を確認・修正することができます (図 5 資産テーブルの例)。また、JavaDoc もダウンロードすることが可能です。その他、有益な情報が OPAL には掲載されています。

図 5. データベースの構成アプリケーション

これ以降、Maximo の画面・アプリケーションの使用方法・基本的なオブジェクトの紹介をします。


システムへのログイン、ログオフとスタートセンター

Maximo へのログイン

Maximo へログインするには、以下のような手順を行う必要があります。

  1. Internet Explorer を起動して URL を入力するアドレスバーに Maximo へアクセスするためのアドレスを入力します。図 6 は Maximo Asset Management の標準のログイン画面です。
  2. 例: http://<サーバー名>/maximo
  3. ユーザーID を入力します。
  4. パスワードを入力します。

Maximo を標準で導入している場合は、maxadmin が使用可能です。デフォルトのパスワードと役割は Table 1 の通りです。(ただし、パスワードを個別に変更していない場合)。

Table 1 Maximo のユーザアカウント情報
ユーザーIDパスワード役割
maxadminmaxadminMaximo のシステム管理者のアカウント
図 6. Maximo のログイン画面

スタートセンター

Maximo にログインすると図 2 の様にスタートセンターが表示されます。

スタートセンターには「良く使うアプリケーション」や「掲示板」、「KPI グラフ」など様々な情報が表示可能です。この表示項目やレイアウトはユーザーごとに変更することが出来ます。これは保全管理を行なう担当者、管理者、工場経営者などの各役割によって使用するアプリケーションや評価基準・見たいグラフが異なるためです。Maximo の「スタートセンター」は各個人が通常使用する役割に応じて表示を行なうことができるようになっています。各個人に割り当てられる役割が複数の場合、スタートセンターにはタブが複数表示され、役割毎にスタートセンターを切り替えることができます。また、上部のメニューを「ナビゲーションメニュー」と呼びます。以下各々のメニューの機能を説明します。

Table 2 Maximo のメニュー
メニューの名称機能
掲示板管理者やユーザーが他のユーザーに伝えるべき内容を掲示するために使用します。いわゆる掲示板と同等の機能があります。掲示板に内容を書き込む権限はセキュリティにより制御することができます。
リンク先ユーザーがアクセスできるアプリケーションがポップアップメニューで表示されます。このメニューを選択すると目的とするアプリケーションを表示することが出来ます。表示されるメニューはユーザーのアクセスセキュリティーの設定で決定され、アクセス権限のない機能の画面を表示することは出来ません。
レポートMaximo に設定されたレポート (帳票) を作成する場合に使用するメニューです。このメニューをクリックすると「リンク先」メニューと同様にアプリケーションが表示されます。そのアプリケーションを選択するとアプリケーションに登録された帳票の一覧表が表示され、目的とする帳票を実行することが出来ます。
スタートセンターこのボタンをクリックすると「スタートセンター」に戻ることができます。例えば故障の登録を行なうアプリケーションの画面からスタートセンターに戻る場合に使用します。
プロファイル現在ログインしているユーザーの個人情報 (プロファイル情報)、デフォルトの設定情報を変更する場合に使用します。パスワードを変更する場合にもこのアイコンをクリックします。
サインアウトMaximo の使用を終了してログイン画面に戻ります。
ヘルプMaximo のヘルプを Web ブラウザー上に表示します。

Maximo からのログアウト

Maximo の使用を終了してシステムからログアウトする場合は Web ブラウザーの上部右側に表示されている「サインアウト」をマウスでクリックします。クリック後は Maximo のログイン画面が再度表示されます。

図 7. Maximo からのログアウト

アプリケーション画面の選択と表示

Maximo には様々な機能を持つアプリケーションが登録されています。このアプリケーションにアクセスし業務に関する情報を検索したり、記録を残す等の作業を行います。アプリケーションの起動は「リンク先」メニューをマウスでクリックし、目的のアプリケーションを選択します。

図 8. アプリケーションの選択メニュー

「リンク先」メニューをクリックすると、はじめに幾つかのアプリケーションをまとめた大分類が表示され、その大分類を選択することで Maximo の個々のアプリケーションまたは、中分類を選択できます。上記の例では「システムの構成」をクリックするとその分類に登録されている中分類が表示されています。中分類で「プラットフォームの構成」を選択し、その中分類に登録されているアプリケーションが階層下のメニューとして表示されています。次に資産アプリケーションを例にアプリケーションを説明します。


アプリケーション

ここからは資産アプリケーションを例として、Maximo の基本操作を紹介します。一覧からの検索、また、新規作成・複製・削除と資産に限らず他のどのアプリケーションでも共通して使用される機能になります。Maximo ではアプリケーション間で非常に多くの操作が共通化されています。アプリケーション独自のロジックは個々に実装されていますが、共通機能はフレームワークが提供しています。そのため 1 つのアプリケーションで覚えた内容は他のアプリケーションでも同様に使用することできます。

一覧画面

資産を参照するためには「リンク先」メニューの資産から「資産」メニューを選択します。

図 9. 資産アプリケーションの起動

資産アプリケーションを起動するとまず「一覧」画面が開きます。このアプリケーションの画面は、他のアプリケーションでもほぼ同様の構成となっています。最初の一覧画面は、対象が一覧表示されます。各項目でフィルターできます。説明欄に”ポンプ“と入力して”Enter”キーを押すとポンプと名称が付けられている資産のリストが表示されます。

図 11 はツールバーの部分です。ここは登録されているクエリーや ID でのクイックアクセス、アプリケーションで使用可能なアクションメニュー、比較的良く使用される機能をボタンとして提供しています。

図 10. 一覧画面
図 11. メニューバー

資産を一覧画面で選択すると、資産データは以下の画面にあるように資産の詳細が表示されます。この詳細画面で内容を詳しく確認することができます。また、他のタブに移動し、詳細画面とともに業務を進めていくことになります。

図 12. 詳細画面

レコードの新規作成

レコードを新規に作成するには、「新規登録」アイコンをクリックします。新規登録ボタンには 2 種類あります。資産アプリケーションでは、図 13 のスタイルが標準で使用されています。このほかに図 14 のスタイルもあります。こちらは作業指示書アプリケーションにて標準で使用されています。このボタンで作成した際には ID が自動で生成されます。作成後は、最低限「*」 (赤のアスタリスク) で示される必須フィールドを埋めなければ保存することはできません。

図 13. 新規作成ボタン 1
図 14. 新規作成ボタン 2

アクション

アクションメニューには様々な機能が登録されています。アプリケーション固有のメニューや各アプリケーションで共通のメニューがリスト表示されます。リンク先メニューの様に階層化されているメニューもあります。ここでは、各アプリケーションで共通の複製・削除機能を紹介します。

図 15. アクションメニュー 複製/削除

削除機能は、その名の通りレコードを削除する機能です。各アプリケーションで共通に存在しています。削除を実行すると前提条件がチェックされ以下の様に確認が求めまれます。

図 16. 削除の確認

ここで確認し、実行すると実際に資産が削除されます。削除されるとデータベース上のレコードからデータが削除されます。

複製の場合も削除と同様ですが、前提条件チェックは無く複製を実行すると以下のように上部にメッセージが表示され、データが複製された状態で新規にレコードが作成されます。この状態で保存を行うとデータがデータベースに登録されます。

保存するには、必須フィールドを埋める必要があります。これは新規の場合と同様です。

図 17. 複製完了

ステータス変更

ステータスの変更は、各アプリケーションで使用されている機能です。ほとんど全ての Maximo 上のデータはステータスを持っています。ステータスの変更は、他のフィールドと違い変更に前提がある場合が多く、単純にフィールドデータを更新するだけでは動作しません。変更はアクションメニューかメニューバー上のアイコンより操作を行います。

図 18. ステータス変更

ステータスの変更を実行すると、以下のようなダイアログボックスが表示されます。この例は資産アプリケーションの例ですが、その他のアプリケーションでは選択可能なステータスが異なっていたり、変更時に選択可能なオプションが違います。

図 19. ステータス変更ダイアログ

まとめ

ここまで、簡単に Maximo の概要と Maximo を使っていく上で必要な操作を紹介しました。Maximo というフレームワークは、様々なアプリケーションをその上に実装することを可能にしています。ここで紹介した Maximo の概念はそのようなアプリケーション上でも同様です。また、この後につづくシリーズでの前提となる情報でもあります。概念も操作方法も難しい物ではありません。ここでマスターして、後続のシリーズを楽しんでいただければと思います。


注釈

*1 Maximo Base Service とは Maximo 関連製品の共通部分を指しています。製品、ガイド、マニュアル等にはこれ以外に Tivoli Process Automation Engine、Tivoli Process Automation Platform となっている所もあります。2008 年 10 月以降、IBM では、この Maximo 関連製品が持つ共通機能としてのフレームワークを指して Tivoli Process Automation Engine と呼んでいます。

*2 *3 ここで言うテーラリング、カスタマイズとは、それぞれ Maximo に対する変更・拡張を指しています。Maximo のアプリケーションデザイナーやデータベースの構成等標準機能を用いた変更をテーラリングと呼びます。これに対して Maximo に無い機能を Java 等を用いて拡張していくことをカスタマイズと呼びます。

*4 BIRT とは Business Intelligence and Reporting Tool の略です。BIRT は Eclipse Project の 1 つでレポート・帳票開発の為のプラットフォームです。

参考文献

コメント

developerWorks: サイン・イン

必須フィールドは(*)で示されます。


IBM ID が必要ですか?
IBM IDをお忘れですか?


パスワードをお忘れですか?
パスワードの変更

「送信する」をクリックすることにより、お客様は developerWorks のご使用条件に同意したことになります。 ご使用条件を読む

 


お客様が developerWorks に初めてサインインすると、お客様のプロフィールが作成されます。会社名を非表示とする選択を行わない限り、プロフィール内の情報(名前、国/地域や会社名)は公開され、投稿するコンテンツと一緒に表示されますが、いつでもこれらの情報を更新できます。

送信されたすべての情報は安全です。

ディスプレイ・ネームを選択してください



developerWorks に初めてサインインするとプロフィールが作成されますので、その際にディスプレイ・ネームを選択する必要があります。ディスプレイ・ネームは、お客様が developerWorks に投稿するコンテンツと一緒に表示されます。

ディスプレイ・ネームは、3文字から31文字の範囲で指定し、かつ developerWorks コミュニティーでユニークである必要があります。また、プライバシー上の理由でお客様の電子メール・アドレスは使用しないでください。

必須フィールドは(*)で示されます。

3文字から31文字の範囲で指定し

「送信する」をクリックすることにより、お客様は developerWorks のご使用条件に同意したことになります。 ご使用条件を読む

 


送信されたすべての情報は安全です。


static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=Tivoli (service management)
ArticleID=355305
ArticleTitle=Maximo シリーズ: Part 1 - Maximo Basic
publish-date=12052008