WebSphere MQ V7.5 (分散系) への 移行における考慮点

当資料ではWebSphere MQ V7.5への移行に際しての考慮事項について解説しています。

2013年 3月 28日

当資料ではWebSphere MQ V7.5への移行に際しての考慮事項について解説しています。

  1. 移行プランニング
    A-1 現行システム調査ポイント
    A-2 前提の確認
    A-3 移行パスの確認
    A-4 移行方法(MQサーバー)
    A-5 MQ構成データを引き継ぐ移行(MQサーバー)
    A-6 MQ構成データを引き継がない移行(MQサーバー)
    A-7 MQクライアントの移行
    A-8 マルチ・バージョンの利用
    A-9 可用性ソフトウェアによるテイクオーバー構成時の考慮点
    A-10 異なるバージョン間の接続について
  2. 移行時の考慮点
    B-1 旧バージョンへの戻し
    B-2 新規属性の設定
  3. アプリケーションへの影響
    C-1 リコンパイルの必要性
    C-2 非推奨になったJava用APIの使用
    C-3 エラー・コードの変更および追加への対応
  4. バージョン、リリース、および保守レベル別の変更点のリスト
    D-1 MQ V7.0での変更点
    D-2 MQ V7.0.1での変更点
    D-3 MQ V7.1での変更点
    D-4 MQ V7.5での変更点
  5. 運用に関する考慮点
    E-1 監視プロセスの追加
    E-2 エラーログ・フォーマットの変更
  6. (付録)V5.3以前のバージョンからV7.5へ移行する際の考慮点
    F-1 キュー・マネージャーの64ビットに伴う対応
    F-2 LIBPATH / LD_LIBRARY_PATH環境変数設定について
    F-3 EXTSHM環境変数設定について(AIX)

ダウンロード

内容ファイル名サイズ
WebSphere MQ V7.5 (分散系) への 移行における考慮点mq75_migration.pdf1.11MB

参考文献

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=WebSphere
ArticleID=862516
SummaryTitle=WebSphere MQ V7.5 (分散系) への 移行における考慮点
publish-date=03282013