IBM WebSphere Application Server Migration Toolkit

IBM WebSphere Application Server Migration Toolkit は、お客様が、旧バージョンのWebSphere Application Serverから、または、Apache Tomcat Server、JBoss Application Server、 Oracle Application Server、Oracle WebLogic Serverといった他社のアプリケーション・サーバーから、WebSphere Application Server V7、V8、V8.5に迅速にそしてコスト効率よく移行するためのノウハウが詰まったツールです。
WAS V8.5.5の出荷開始にあわせて、ツールを更新しています。全てのWebSphere Application Migration Toolは、Rational Application Developer V9と互換性があります。また、WebSphere Developer Tools 8.5.5もサポートします。 最新のバージョンは3.5.2になります。

Migration Toolkitを使うメリットは何でしょうか?

Migration Toolkit は、IBM独自の技術を使用して、これまでは時間のかかっていたアプリケーションと構成の移行タスクを自動化します。これにより、 WebSphere Application Server V7、V8、V8.5にアプリケーションをデプロイするまでにかかる時間を大幅に短縮することができます。Migration Toolkit を使用すると、標準的な移行作業にかかる時間を半分に削減することができます。さらにこのツールには、移行計画のタスクを支援するための情報が数多く含まれています。

Migration Toolkitには何が含まれますか?

開発

管理

計画