Web 2.0 and Mobile アプリケーション セミナー資料

2011年6月にリリースされたWAS Feature Pack for Web2.0 and Mobileを利用して、モバイルWebアプリケーションを開発するための基礎知識をご紹介します。

2012年 2月 01日

スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末の急速な普及を受け、業務システムでもモバイル端末を活用したいというニーズが高まっています。しかし、モバイル端末向けのアプリケーション開発はモバイル固有の開発環境を必要とするなど、敷居が高い面があるのも事実です。

2011年6月にリリースされたWAS Feature Pack for Web2.0 and Mobileを利用して、モバイルWebアプリケーションを開発するための基礎知識をご紹介します。

本資料は2011年12月15日に開催されたセミナー資料です。

ダウンロード

内容ファイル名サイズ
概要00_web20mobile_intro.pdf361KB
リッチクライアントWebアプリケーション01_web20mobile_web.pdf1.35MB
モバイルアプリケーション02_web20mobile_mobile.pdf1.69MB

参考文献

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=WebSphere
ArticleID=789461
SummaryTitle=Web 2.0 and Mobile アプリケーション セミナー資料
publish-date=02012012