IBM PureApplication Systemにおける仮想イメージのカスタマイズ方法

IBM PureApplication SystemやIBM Workload Deployerでは、予めプリインストールされているWAS Hypervisor EditionやDB2を用いて、 アプリケーション稼動環境を迅速にデプロイ出来ます。 プリインストールされている製品以外を利用したい場合についても、仮想イメージをカスタマイズする事で利用出来ます。 本記事では、仮想イメージをカスタマイズする3つの方法と、その選択指針についてご紹介します。

宮本 正薫, , IBM

宮本 正薫の肖像宮本 正薫
金融プロジェクトを中心に、WebSphere Application Server ファミリー製品の技術支援に従事



2013年 4月 04日

IBM PureApplication SystemやIBM Workload Deployerでは、予めプリインストールされているWAS Hypervisor EditionやDB2を用いて、 アプリケーション稼動環境を迅速にデプロイ出来ます。
プリインストールされている製品以外を利用したい場合についても、仮想イメージをカスタマイズする事で利用出来ます。
本記事では、仮想イメージをカスタマイズする3つの方法と、その選択指針についてご紹介します。

ダウンロード

内容ファイル名サイズ
IBM PureApplication System 仮想イメージのカスタマイズ方法PureAS_PatternCustomize_.pdf6.3MB

参考文献

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=WebSphere
ArticleID=863547
SummaryTitle=IBM PureApplication Systemにおける仮想イメージのカスタマイズ方法
publish-date=04042013