IBM Security Access ManagerとIBM Worklightの連携ガイド

このガイドではIBM Security Access Manager とIBM Worklight間でのSingle Sigh-On(SSO)を実現するために必要な統合手順について説明します。 SSOを実現するために、WorklightクライアントのJavaScriptとHTMLは、IBM Security Access Manager WebSEALまたはIBM Security Web Gateway Applianceからのpkmslogin.formチャレンジに対して認証応答し、IBM Security Access Managerの有効なクレデンシャルを渡すように設定されなければなりません。さらに、Worklightクライアントのセキュリティー・テスト、レルムとWebSEAL または Web Gateway Appliance ジャンクションにより挿入された認証データ・タイプが、Worklightサーバーで設定されたセキュリティー・テスト、レルムおよびログイン・モジュールと一致する必要があります。この手順を説明します。

2013年 4月 25日

このガイドではIBM Security Access Manager とIBM Worklight間でのSingle Sigh-On(SSO)を実現するために必要な統合手順について説明します。
SSOを実現するために、WorklightクライアントのJavaScriptとHTMLは、IBM Security Access Manager WebSEALまたはIBM Security Web Gateway Applianceからのpkmslogin.formチャレンジに対して認証応答し、IBM Security Access Managerの有効なクレデンシャルを渡すように設定されなければなりません。さらに、Worklightクライアントのセキュリティー・テスト、レルムとWebSEAL または Web Gateway Appliance ジャンクションにより挿入された認証データ・タイプが、Worklightサーバーで設定されたセキュリティー・テスト、レルムおよびログイン・モジュールと一致する必要があります。この手順を説明します。

ダウンロード

内容ファイル名サイズ
IBM Security Access ManagerとIBM Worklightの連携ガイドam_worklight_int_guide_jaJP.pdf472KB

参考文献

static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=WebSphere
ArticleID=877609
SummaryTitle=IBM Security Access ManagerとIBM Worklightの連携ガイド
publish-date=04252013