IBM BPMによるモバイル・デバイスとの連携

IBM Business Process Manager(以下、IBM BPM)では、ビジネス・プロセス実行のユーザーインタフェースとして、スマートフォン等のモバイル・デバイスをサポートしています。IBM BPMとモバイル・デバイスの連携により、場所・時間を選ばない業務の効率化を実現します。本記事では、IBM BPMによるモバイル・デバイスの利用イメージや連携機能についてご紹介します。事前に、IBM Business Process Manager v7.5 概要サンプルから始めてみようIBM BPM v7.5を一読されることをお勧めします。

針原 英克, WebSphere BPMテクニカル・セールス, IBM

針原 英克
日本アイ・ビー・エム(株) ソフトウエア事業にてBPM製品のプリセールスを担当しています。2001年よりJava EE、SOA、BPM領域の技術支援を一貫して担当しています。



2013年 3月 14日

はじめに

モバイル・デバイスの活用により、Business Process Management(BPM)システム上で実行されるビジネス・プロセスを場所・時間を選ばず実行することができ、業務効率化や業務実行時間の短縮化を実現できます。本記事では、IBM BPMによるモバイル・デバイスの利用イメージや連携機能についてご紹介します。

モバイル・デバイスによるBPMシステムの活用

IBM BPMでは、人間中心のビジネス・プロセス連携基盤とシステム間連携基盤を、オールインワンのパッケージとして提供しています。IBM BPMの概要アーキテクチャを図1.に示します。プロセス連携基盤では、Business Process Modeling Notation(BPMN)、およびBusiness Process Execution Language(BPEL)によるビジネス・プロセス実行をサポートします。システム連携基盤では、Enterprise Service Bus(ESB)およびアダプタによる異機種システム間の連携機能を提供します。
人手で行う業務のインタフェースは、Webブラウザ経由でのワークフロー実行や、Business Activity Monitoring(BAM)機能による業務状況のリアルタイム把握が可能ですが、これらに加えてiOSやAndroid端末等のモバイル・デバイスによるビジネス・プロセス実行が可能です。

図1.IBM Business Process Managerアーキテクチャ
図1.IBM Business Process Managerアーキテクチャ

ビジネス・プロセスの実行にモバイル・ユーザーが介在するケース、例えば以下のようなケースでIBM BPMとモバイル・デバイスの連携が有効となります。

  • 営業担当者がお客様先で見積もり依頼を送信する
  • 出張中の上司が移動中にレビューや承認業務を実施する

IBM BPMとモバイル・デバイスの連携 サンプル・アプリケーション

IBM BPMとモバイル・デバイスの連携について、Apple社のiOS用アプリケーションのサンプルが無償で提供されています。

https://www.blueworkslive.com/bpmmobile/
(Apple社のApp Storeへのリンクがあります)

本サンプル・アプリケーションでは、ビジネス・プロセスの起動、モバイル・デバイスで撮影した画像ファイルの添付、他ユーザーからのアクティビティに対するコメント表示などの機能が提供されます。(図2.図3.)

図2.iOS Task List Mobile App
図2.iOS Task List Mobile App
図3.BPMタスク管理とワークフローの実行
図3.BPMタスク管理とワークフローの実行

REST APIによるビジネス・プロセスの管理

前述のサンプルのような、モバイル・デバイスからのBPMアプリケーションのリモート実行は、IBM BPM製品機能として提供しているREST APIにより実現されます。REST APIを活用することで、Android端末等のモバイル・デバイスやブラウザ以外のクライアント・アプリケーションからのビジネス・プロセス実行も可能にします。REST APIにより、以下のような操作が可能です。

  • ビジネス・プロセスの管理(起動/停止/状態取得 など)
  • ビジネス・プロセスに関連付けられたデータの操作や検索

REST APIを用いて開発を行う場合のテスト機能として、WebブラウザベースでREST APIのリストを確認し、入力出力のテストを行うことができる、REST APIテスターを提供しています。図4.の例は、実行中のビジネス・プロセスのタスクIDを引数にタスク詳細データを取得するAPIをテストしたものです。

図4.REST APIテスター
図4.REST APIテスター

最後に

本記事では、IBM BPMによるモバイル・デバイスの利用イメージについて説明し、サンプル・アプリケーションおよびREST APIのテスト機能を紹介しました。

参考文献

コメント

developerWorks: サイン・イン

必須フィールドは(*)で示されます。


IBM ID が必要ですか?
IBM IDをお忘れですか?


パスワードをお忘れですか?
パスワードの変更

「送信する」をクリックすることにより、お客様は developerWorks のご使用条件に同意したことになります。 ご使用条件を読む

 


お客様が developerWorks に初めてサインインすると、お客様のプロフィールが作成されます。会社名を非表示とする選択を行わない限り、プロフィール内の情報(名前、国/地域や会社名)は公開され、投稿するコンテンツと一緒に表示されますが、いつでもこれらの情報を更新できます。

送信されたすべての情報は安全です。

ディスプレイ・ネームを選択してください



developerWorks に初めてサインインするとプロフィールが作成されますので、その際にディスプレイ・ネームを選択する必要があります。ディスプレイ・ネームは、お客様が developerWorks に投稿するコンテンツと一緒に表示されます。

ディスプレイ・ネームは、3文字から31文字の範囲で指定し、かつ developerWorks コミュニティーでユニークである必要があります。また、プライバシー上の理由でお客様の電子メール・アドレスは使用しないでください。

必須フィールドは(*)で示されます。

3文字から31文字の範囲で指定し

「送信する」をクリックすることにより、お客様は developerWorks のご使用条件に同意したことになります。 ご使用条件を読む

 


送信されたすべての情報は安全です。


static.content.url=http://www.ibm.com/developerworks/js/artrating/
SITE_ID=60
Zone=WebSphere
ArticleID=861168
ArticleTitle=IBM BPMによるモバイル・デバイスとの連携
publish-date=03142013