技術文書一覧

  • spacer 製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

    (52 製品)

    (114 トピック)

    (1 インダストリー)

    (4 種類)

1 - 1140 件のうちの 100 件 | 次へ 概要の表示 | 概要の非表示 検索結果に登録(RSS)

結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 down
IBM Image Construction and Composition Tool(ICCT)利用ガイド for IBM PureApplication System
IBM PureApplication System (PureApp)には、IBM Image Construction and Composition Tool(ICCT)と呼ばれる、仮想イメージのカスタマイズを行うツールが提供されています。PureApp V1.1より、ICCTを用いることでWindows系OSイメージを作成し、PureApp上でWindows系OSを利用することが可能です。 当資料では、ICCTの製品概要および導入手順、およびWindows系OSイメージの作成手順について解説します。
記事 2014/7/17
IBM PureApplication Systemの仮想アプリケーション・パターンを利用して、運用コストを削減する: (Part6)
第6回の今回は、連載第5回に引き続き、「外部ツールとの連携」をテーマに、今までのサンプルを機能拡充しつつ、VAPの運用操作を外部ツールから呼び出す方法を解説します。 運用をメニュー化することにより、利用者は複雑な運用を容易に行うことが可能です。しかし、利用者によっては特定の運用操作をWebブラウザからではなく、VAP外部のアプリケーションや自動化を支援するツール(本記事では総称して「外部ツール」と呼びます)から実行したいケースも考えられます。これらのケースを充足することで、利用者の目的に合わせてより適切なソリューションとして提供できるとともに、運用操作の自動化により日々の運用負荷を更に削減できます。
記事 2014/7/16
ODM アプリケーション開発ガイド: 後編
ODM アプリケーション開発ガイド 前編に続く後編です。 後編では、作成したルールをアプリケーションから呼び出すための方法について紹介します。
記事 2014/7/15
Session Cache サービスでスケーラビリティーを向上させる
Bluemix 内でアプリケーションを構築する方法と Session Cache サービスを利用する方法を探ってください。クラスタリングやロード・バランシングに Session Cache サービスを利用すると、スケーラビリティーとパフォーマンスを高める上で有効です。
記事 2014/7/10
IBM PureApplication Systemの仮想アプリケーション・パターンを利用して、運用コストを削減する: (Part5)
これまでの連載で、PDK(IBM Workload Plug-in Development Kit)を用いて仮想アプリケーション・パターンを開発することで、利用者に対し自律化および運用操作をメニュー化したアプリケーション実行環境を提供できることを解説しました。これから第5回および次回6回にわたり、「外部ツールとの連携」をテーマに、今までのサンプルを機能拡充しつつ、VAP外部から運用操作を呼び出す方法を解説します。
記事 2014/7/07
IBM Integration Bus (IIB) 小ワザ集: GUIツール(Integration Toolkit, Integration Explorer)を任意の言語で起動する方法
「IBM Integration Bus 小ワザ集」では IBM Integration Busの構築・開発・運用管理する際の便利な機能やツール、コマンドなどをコンパクトな記事で紹介していきます。
記事 2014/7/03
IBM Integration Bus (IIB) 小ワザ集: 2つのHTTPリスナー
「IBM Integration Bus 小ワザ集」では IBM Integration Busの構築・開発・運用管理する際の便利な機能やツール、コマンドなどをコンパクトな記事で紹介していきます。
記事 2014/7/03
Node.js アプリケーションで Bluemix の Data Cache サービスを利用する
この記事では、Node.js アプリケーションでの Bluemix Data Cache サービスの使用方法を説明するとともに、Bluemix 上にホストされる他の Node.js アプリケーションで拡張して使用することができるクライアント・ライブラリーを提供します。
記事 2014/7/02
ODM ハンズオン
IBMのBRMS製品であるOperational Decision Managerを使用したハンズオンの資料になります。
記事 2014/7/02
Elastic MQ を使用して複数の Bluemix アプリケーションを迅速に統合する
IBM Bluemix をベースにした新しいメッセージ・サービスである Elastic MQ を使用して、Web アプリケーションまたはモバイル・アプリケーションを作成してください。キューを使用して個々の受信者に単一のメッセージを送信するためのキューイング・サービスとして Elastic MQ を使用することも、複数の受信者に通知を送信するためのパブリッシュ/サブスクライブ・ブローカーとして Elastic MQ を使用することもできます。
記事 2014/7/02
ODM アプリケーション開発ガイド: 前編
当資料の目的は、Operational Decision Manager V8.5.1を利用したルール・アプリケーション開発を行うために必要な手順、知識をガイドすることです。基本構成として、開発環境である Rule Designerの機能の紹介、一連のルール・アプリケーションの開発の流れ、開発したルール・アプリケーションの実行の仕方という3つのポイントから説明していきます。また各所に実際のルール・アプリケーション開発で躓きがちなポイントをTipsとして紹介していきます。
記事 2014/6/20
WAS 小ワザ集: 第33回:インテリジェント管理機能を無効化する方法
「WebSphere Application Server 小ワザ集」では WebSphere Application Serverを導入・構築・運用管理する上で便利な機能やツール、コマンドなどをご紹介します。WebSphere Application Serverをもっと使いやすくするためのヒントとしてご活用ください。
記事 2014/6/19
IBM Worklight を使用してネイティブ・モバイル・アプリを開発する
企業が顧客やパートナー、従業員とやりとりする上で、モバイル・アプリケーションが急速に主要な手段となりつつあります。モバイル・アプリケーションに対するニーズが高まると共に、企業はこの比較的新しい要求に対処するための、より適切かつ効率的な方法を求めています。IBM Worklight は、こうした点で独特な位置を占める有用なモバイル・アプリケーション・プラットフォームです。Worklight の柔軟性を示す 1 つの例は、このプラットフォーム上でユーザーは、モバイル Web アプリ、ハイブリッド・アプリ、ネイティブ・アプリを作成することができます。この記事では、IBM Worklight を使用してネイティブ・モバイル・アプリケーションを作成する方法について説明します。
記事 2014/6/16
仮想アプリケーション・パターンのプラグインを作成する: 第 2 回 既存のパターン・タイプを拡張してカスタマイズする
仮想アプリケーション・パターンは、そのベースにあるトポロジーからは切り離された抽象アプリケーション・モデルを定義します。自分で作成したソリューションを仮想アプリケーション・パターンとして有効にしたいけれども、このソリューションには既存のパターン・タイプのプラグインが提供していない追加の機能が必要だとしたらどうしますか?その場合には、現在提供されている機能を拡張する必要があります。連載の第 2 回となるこの記事では、既存のパターン・タイプを拡張してカスタマイズする方法を具体的な実践例を用いて説明します。
記事 2014/6/12
WebSphere Application Server V8.5 導入ガイド
WebSphere Application Server V8.5では、シングルサーバー構成用のBaseエディションと、複数サーバー構成用のNetowork Deploymentエディションが提供されています。当ガイドでは、WAS V8.5をインストールする手順について、実際のインストール作業の画面イメージを使ってご紹介します。
記事 2014/6/06
WebSphere Application Server のセキュリティーに関するよくある質問(FAQ)
処理環境の完全性が危険にさらされるため、セキュリティーに関する質問には、可能な限り早く答える必要があります。そのために、この記事では、IBM WebSphere Application Server のセキュリティーに関する最もよくある質問の一部に対して、簡潔かつ直接的な回答を示しています。
記事 2014/6/05
IBM Integration Bus (IIB) 小ワザ集: ESQLコードからJavaのロジックを呼び出す方法
「IBM Integration Bus 小ワザ集」では IBM Integration Busの構築・開発・運用管理する際の便利な機能やツール、コマンドなどをコンパクトな記事で紹介していきます。
記事 2014/6/05
IBM Business Process Manager による SAPエンタープライズ・サービス との連携
IBM Business Process Manager には、BPM プロセス・フローの中で SAP エンタープライズ・サービスを呼び出すための強力なツールが用意されており、これらのツールを使用すれば、簡単に SAP プロセスにアクセスすることができます。この記事では、Web サービス・フレームワーク上で、SAP とのシームレスかつセキュアな統合を実現するプロセス・フローを作成する方法を具体的な例で説明します。
記事 2014/6/04
IBM Operational Decision Managerインフラ設計ガイド
IBM Operational Decision Managerのインフラ設計や運用管理に携わる方を対象にインフラ設計の指針について記述します。 ODMはWebSphere Application Serverをベースとした環境にルール・エンジンのコンポーネントが稼働しているため、インフラ設計はWASと同様の部分が多くなります。本書では、WASとは異なりODM特有のインフラ設計が必要な内容をピックアップして記述します。WASのインフラ設計に関する技術文書と合わせて参考にしてください。 本書の記述内容を参考とすることで、WASのインフラ担当者がODMのインフラ設計にも対応可能になることを目的とします。また、ODMのインフラ設計を進める上での効率化と品質確保も目的とします。
記事 2014/5/27
WebSphere Application Server V8.5 管理ガイド
WebSphere Application Server V8.5の設計・運用管理に携わる方を対象に、構成検討・運用設計の指針を説明します。
記事 2014/5/26
ODM アプリケーション・デザイン・ガイド
本書は、IBM Decision Server Rule Designer (以下Rule Designer) V8.5.1で開発し、IBM Operational Decision Manager (以下ODM) V8.5.1で稼働させるルール・アプリケーションの開発指針および開発標準について記述します。
記事 2014/5/17
ODM アプリケーション・デザイン・ガイド
本書は、IBM Decision Server Rule Designer (以下Rule Designer) V8.5.1で開発し、IBM Operational Decision Manager (以下ODM) V8.5.1で稼働させるルール・アプリケーションの開発指針および開発標準について記述します。
記事 2014/5/12
IBM PureApplication Systemの仮想アプリケーション・パターンを利用して、運用コストを削減する: (Part4)
第2回目は「システムの自律化」、第3回目は「運用作業のメニュー化」を取り上げ、そのメリットとシナリオ、PDK (IBM Workload Plug-in Development Kit)による開発方法を解説いたしました。第4回目は、今まで開発してきたパターンの「Windows対応」をテーマにPDKでの開発方法を解説します。
記事 2014/5/12
DITADoclet と DITA API 特殊化を利用して DITA Java API リファレンス・マニュアルを生成する
DITADoclet と DITA API 特殊化を組み合わせることで、時間を節約しながらも、品質の高い API ドキュメントを Java ソース・コードから直接作成します。
記事 2014/5/08
IBM Worklight 6.1 テクニカル・セミナー資料
2014年4月4日に開催された「IBM Worklight 6.1 テクニカル・セミナー」の資料です。 IBM Worklightは、iPhone、iPad、Android、Windows 8/RT、Adobe AIR、PC/Mobile Webなどの複数OS、複数デバイスで稼動するハイブリッド・アプリケーションの開発/テスト/配布/実行/管理環境を提供します。 本資料では、Worklight V6.1 のモバイル・アプリ基盤やセキュリティー構成など、実案件への適用にあたって必要となる実践的な技術情報やノウハウをご紹介します。
記事 2014/5/08
IBM MessageSight テクニカル・セミナー
2014年4月9日に開催した『IBM MessageSight テクニカル・セミナー』の資料を公開します。
記事 2014/5/07
IBM WorklightのAnalytics Embedded を活用しアプリケーションの問題を分析する
Worklight V6.0から従来のレポート機能に加え、Worklightサーバーのログやモバイル・デバイスで稼動しているアプリケーションが出力するログ(エラー)をリアルタイムに検索や参照できるようにするIBM SmartCloud Analytics Embedded機能が追加されました。 この記事では、Analytics Embedded機能の中でもすべてのログをリアルタイムに検索できる、検索ビューを使用し、アプリケーションの問題をいち早く発見し、改善につなげるための方法を紹介します。例として、「MyAgenda」アプリケーションを使い、ログの収集の設定から、ログの収集のコーディング、コンソールでの検索、問題の解決について、シナリオをもとに紹介します。
記事 2014/4/17
BlueMixで使うBRMS
IBMがPaaSのクラウド環境として、BlueMixというサービスを公開しました(2014年4月の時点では、β版でテスト公開)。このBlueMix上でIBMのBRMS製品であるOperational Decision Manager の実行環境であるDecision Serverのランタイムが使用できます。当文書では、BlueMixを利用してBRMSのランタイムにルールを配布し実行の確認までの手順およびWebアプリケーションとの連携について記述しています。
記事 2014/4/16
IBM PureApplication Systemにおけるパターン採用のベスト・プラクティス
IBM PureApplication System のパターンをベースとしたシステム構築アプローチは、システムの開発チームと運用チームの関係、さらには各チーム内の役割にまで影響を与え、変化を起こし、大きく変えてしまいました。IBM PureApplication System の可能性を最大限に引き出し、効率性とTCOにおいて、最大限の効果を実現するには、組織上および運用上のベスト・プラクティスを採用する必要があります。この記事では6 つの重要なベスト・プラクティスを描き出し、組織のIT ガバナンス・ポリシーとデータ・センター管理戦略にIBM PureApplication System を成功裡に統合するヒントを示します。
記事 2014/4/15
WAS V8 サイレント・インストール・ガイド
当文書はWebSphere Application Server 8.0をマシン上にコマンドライン上でインストールする、サイレント・インストールの手順を示すものです。サイレント・インストール後の設定手順に関しては、既に発行されておりますWebSphere Application Server V8.0 導入ガイドをご参照ください。
記事 2014/4/09
Apache TomcatからWebSphere Application Server Libertyプロファイルへのマイグレーション
Apache Tomcat から IBM WebSphere Application Server V8.5.5 Liberty プロファイルにアプリケーションと構成をマイグレーションするための手順を説明します。
記事 2014/4/03
Worklight Server 6.1 導入構成ガイド
IBM Worklightは、モバイル・アプリケーションの効率的な開発・実行・管理をトータルに実現するモバイル・アプリケーション・プラットフォームです。本ガイドでは、IBM Worklightのサーバー側コンポーネントに焦点を当て、コンポーネントの構成要素とそれぞれの役割を説明し、実際にWorklight 6.1をWebSphere Application Server Liberty Profileの上に導入する手順や、Worklight Serverで行う典型的な作業や設定について解説します。
記事 2014/4/01
IBM PureApplication Systemの仮想アプリケーション・パターンを利用して、運用コストを削減する: (Part3)
第2回目は、システムの自律化について説明しました。第3回目は、運用作業のメニュー化を取り上げ、そのメリットとシナリオ、PDKによる開発方法を解説します。前回と同様に、バックアップや監視などの運用に関しては、従来型システムと同等の工数が必要になるため全工程におけるインパクトは限定的です。然るに、PureAppを利用したとしても、システムのトータルコストを大きく削減できないと巷で噂されていることに対する解決策を提示していきます。
記事 2014/3/18
MQ Telemetry Transport (MQTT) V3.1 プロトコル仕様
MQTT (MQ Telemetry Transport) プロトコルは軽量のパブリッシュ/サブスクライブ型プロトコルです。このプロトコルはリモートのセンサーや制御機器で使用されるもので、帯域幅が限られ、信頼性が低く、途切れがちな通信経路を介して TCP/IP で通信を行います。このプロトコルの仕様はまだ標準化されていません。このプロトコルはロイヤリティー・フリーのライセンスで公開されています。
記事 2014/3/10
IBM ILOG JViews ハンズオン自習書
本資料は、ILOG JViews を利用したアプリケーション開発手順をステップ・バイ・ステップで学習できるハンズオン形式の自習書です。
記事 2014/3/03
IBM Integration Bus V9 ファイル連携機能
IBM Integration Busの持つ強力なファイル連携機能の技術的な詳細を説明しています。 IBM Integration Busを利用したファイル連携ソリューションを開発される技術者の方は参考にしてください。
記事 2014/3/03
IBM Worklight V6.1 位置情報アプリケーションの作成
IBM Worklight V6.1のロケーション・サービス機能を利用する事によりどの様な位置情報を活用するアプリケーションが作成できるのかを説明し、実際のアプリケーション作成方法について解説します。
記事 2014/2/20
IBM PureApplication V1.1 実践!ソリューション・ワークショップ資料
2014年2月3日に開催した「IBM PureApplication V1.1 実践!ソリューション・ワークショップ」のセッション資料です。当ワークショップではV1.1の新機能や、IBM PureApplication Systemが提供する様々なパターンの活用方法、SCASなどIBMクラウド間におけるポータビリティの利点をご説明しています。またPureApplicationとPureDataの連携についても併せてご紹介しています。
記事 2014/2/18
IBM PureApplication Systemの仮想アプリケーション・パターンを利用して、運用コストを削減する: (Part2)
第1回目は、仮想アプリケーション・パターン(以降、VAP)を選択した理由と、第2回目以降のベースとなるシステム・プラグインとパターン・タイプの開発方法について説明しました。第2回目は、システムの自律化を取り上げ、そのメリットとシナリオ、Plugin Development Kit(以降、PDK)による開発方法を解説します。前回と同様に、バックアップや監視などの運用に関しては、従来型システムと同等の工数が必要になるため全工程におけるインパクトは限定的です。然るに、PureAppを利用したとしても、システムのトータルコストを大きく削減できないと巷で噂されていることに対する解決策を提示していきます。
記事 2014/2/06
IBM PureApplication Systemの仮想アプリケーション・パターンを利用して、運用コストを削減する: (Part1)
IBM PureApplication System (以降、PureApp) は、ハードとソフトを一体にした垂直統合型製品であり、専門家の高度な知見やノウハウ (=Expert Integrated System) が事前に組み込まれています。利用者の観点では、導入容易性、導入フェーズの工数削減、システムの安定稼動、ワンストップサービス等、今までは考えられなかったメリットを享受できます。 しかしながら、バックアップや監視などの運用項目に関しては、従来型システムと同等の工数が必要になるため全工程におけるインパクトは限定的ではないか。3:7の法則とも呼ばれているが、 IT 投資額のうち3割が構築コスト、7割が運用コストになります。然るに、 PureApp を利用したとしても、システムのトータルコストを大きく削減できないと巷で噂されています。そこでこの記事では、お客様事例を元に、仮想アプリケーション・パターンを利用して運用コストを削減する画期的な方法について説明していきます。第1回目は、仮想アプリケーション・パターンを選択した理由と、第2回目以降のベースとなるシステム・プラグインとパターン・タイプの開発方法を解説します。
記事 2014/1/22
IBM Worklightの分析機能「IBM SmartCloud Analytics Embedded」のご紹介
IBM Worklight V6.1では従来のレポート機能に加え、より自由度が高くリアルタイムな分析を行うことが可能な IBM SmartCloud Analytics Embedded 機能が追加されました。この機能を使うことで、モバイルアプリケーション開発者は、分析のための開発を行うことなく、Worklight コンソールから Worklight サーバーのログやモバイルデバイスで稼動しているアプリケーションの出力するログ・エラーの検索や参照を行うことができます。Tealeaf CX のサーバー・サイド分析基盤との連携も可能です。この記事では、Worklight V6.1 をベースに、Analytics Embedded 機能を概観し、実際に使用するための構成方法について解説します。
記事 2014/1/21
IBM Integration Bus V9.0 導入・構成ガイド
この資料では、IBM Integration Bus V9.0の導入・構成方法について紹介しています。
記事 2014/1/20
WAS虎の巻: 第6回「SSL通信と証明書」
第6回のWAS 虎の巻では、Webシステムでセキュアな通信を行うためのSSL通信の基本の仕組みとSSLに使用される証明書について解説します。
記事 2014/1/09
Libertyプロファイルにおけるオープン・ソース・フレームワークの利用
軽量なWebアプリケーション・サーバーであるLibertyプロファイルを使うと、Java EEやOSGiなどの最新のJava技術を活用して Webアプリケーションを構築、稼動させることができます。 必要に応じてJava EE以外のフレームワークもしくはJava EEを拡張する技術を取り込むことで、さらに拡張性が高く開発効率の良いアプリケーション基盤を提供します。 この記事では、Libertyプロファイル上でオープン・ソース・フレームワークを利用するポイントとIBMが提供するサンプル・アプリケーションの実行方法について説明します。
記事 2014/1/08
MQTT、IBM MessageSight 技術セミナー
2013年10月1日に開催した「MQTT、IBM MessageSight 技術セミナー」の資料を公開します。
記事 2014/1/07
WebSphere Application Server V8.5へのマイグレーションガイド
WebSphere Application ServerのV5.0~V7.0から最新のVersion 8.5へのマイグレーションにあたっての注意点を解説します。
記事 2013/12/26
SoftLayer への移行: Racemi Cloud Path サービスを使用して、IBM WebSphere Application Server V8.0 64 ビット版 BYOL VM を SCE から SoftLayer にマイグレーションする
IBM SmarterCloud Enterprise から IBM SoftLayer に WebSphere Application Server V8.0 BYOL のインスタンスを安全にマイグレーションする方法を学びましょう。
記事 2013/12/19
BPMで何ができるの?BPMってどう実践するの?: 第2回 BPMの活用:ビジネスの視点から
本連載ではBPMのアプローチによりお客様の課題をどう解決することができるか、またIBMの提供するBPM製品がどのようにそれを実現するのかを紹介し ます。 今回はビジネスの視点を中心にBPMで何が実現できるかに注目します。
記事 2013/12/18
BPMで何ができるの?BPMってどう実践するの?: 第4回 BPMの実践
本連載ではBPMのアプローチによりお客様の課題をどう解決することができるか、またIBMの提供するBPM製品がどのようにそれを実現するのかを紹介し ます。最終回の今回はITを活用したBPMの導入の課題とそれを成功に導くためのポイントについてお話しています。
記事 2013/12/18
BPMで何ができるの?BPMってどう実践するの?: 第3回 BPMの活用:ITの視点から
本連載ではBPMのアプローチによりお客様の課題をどう解決することができるか、またIBMの提供するBPM製品がどのようにそれを実現するのかを紹介します。今回はITの視点を中心にBPMで何が実現できるかに注目します。
記事 2013/12/18
WAS 小ワザ集: 第32回:Application Anti Pattern(8) HttpSessionに入れたオブジェクトを外部から変更する
「WebSphere Application Server 小ワザ集」では WebSphere Application Serverを導入・構築・運用管理する上で便利な機能やツール、コマンドなどをご紹介します。WebSphere Application Serverをもっと使いやすくするためのヒントとしてご活用ください。
記事 2013/12/13
Virtual Pattern Kit for Developers 利用ガイド
多くのお客様から、まずはパターン・デプロイメントをご自身の環境で試してみたいとのご要望を頂いております。 この Virtual Pattern Kit for Developers を VMWare ESX/ESXi 環境に導入して頂くことで、ご自身の環境でパターン・デプロイメントを体験することが可能です。またVirtual Pattern Kit for Developersには、パターンの開発に使用するツール IBM Image Construcstion and Composition Tool (ICCT) および Plugin Development Kit (PDK)を同梱しておりますので、パターンの開発環境としてご利用いただくことが可能です。
記事 2013/12/13
IBM Integration Bus V9.0 ハンズオン資料
IBM Integration Bus(IIB)は、システム間の連携基盤として国内外で豊富な実績を誇るソフトウェアです。 高い柔軟性と開発生産性を兼ね備えたIIBの機能を半日で速習するための、ハンズオン・セミナーを毎月箱崎本社にて開催しています。 お申込み多数につき、定員の関係からセミナーへご参加いただけない方が多いため、資料を公開いたします。 IIBの全ての機能が期間制限無しにご利用いただけるIIB Developer Editionとあわせて利用して、IIBスキルアップにお役立てください。
記事 2013/12/04
WAS 小ワザ集: 第31回:OutOfMemoryError発生時に自動でJVMを停止する方法
「WebSphere Application Server 小ワザ集」では WebSphere Application Serverを導入・構築・運用管理する上で便利な機能やツール、コマンドなどをご紹介します。WebSphere Application Serverをもっと使いやすくするためのヒントとしてご活用ください。
記事 2013/12/03
ビジネス・ルール管理システム(BRMS)  - 0から始めるディシジョン・テーブル開発
本資料は、ビジネス・ルール・アプリケーション開発でよく使われるディシジョン・テーブルの開発及びテストの実行までの手順をIBM Operational Decision Managerが提供するEclipseベースのRule Designerを用いて実施していきます。 ルール・アプリケーションをはじめて作成する人を対象としているため、採用したシナリオは、外部からString変数を1つ受けとって、別のString変数に値をセットするという、シンプルなものを使用しています。まとめには、ディシジョン・テーブルを用いた、いくつかの複雑な利用形態について記載しましたので、チャレンジしてみてください。
記事 2013/11/19
IBM Workload Plug-in Development Kit(PDK)による仮想アプリケーション・パターン・プラグイン開発ガイド
IBM Workload Plug-in Development Kit(以降PDK)は、IBM PureApplication Systemおよび関連製品における仮想アプリケーション・パターンを開発・カスタマイズするためのツールです。仮想アプリケーション・パターンを開発・カスタマイズするためには、PDKの利用方法および仮想アプリケーション・パターンのライフサイクルを理解する必要があります。本資料ではPDKでの開発環境の導入から、プラグイン開発の手順、実際の開発の方針について解説します。
記事 2013/11/18
MQTT、IBM MessageSightのご紹介 - IBM MessageSight for Developersを使ってMQTTを体験する
当記事では、MQTTとIBM MessageSightの概要のご紹介と、IBM MessageSight for Developersを使って、MQTTとIBM MessageSightを体験するためのガイドを提供します。
記事 2013/11/13
WAS 小ワザ集: 第24回:WAS Base/Expressでシンプル・クラスターを構成する方法
「WebSphere Application Server 小ワザ集」では WebSphere Application Serverを導入・構築・運用管理する上で便利な機能やツール、コマンドなどをご紹介します。WebSphere Application Serverをもっと使いやすくするためのヒントとしてご活用ください。
記事 2013/11/12
BPMで何ができるの?BPMってどう実践するの?: 第1回 BPMって要するに何?
本連載ではBPMのアプローチによりお客様の課題をどう解決することができるか、またIBMの提供するBPM製品がどのようにそれを実現するのかを紹介します。ITを活用したBPMの最新状況を大まかに理解していただくことを目標に、製品の詳細についてはあまり触れず、わかりやすい記述を心がけます。
記事 2013/11/07
IBM Operational Decision Manager v8.5 ルール・ガバナンス・ガイド
IBM Operational Decision Manager v8.5を効果的に利用する際に必要となるルール・ガバナンスについてのガイドです。IBM Operational Decision Manager V8.5 により新たに加わったガバナンス・フレームワークの機能を最大限に活用しながら、ガイドの読者が実践的にルール管理を行うようになることを目的としています。
記事 2013/10/24
Salesforce.com オブジェクトを公開するための Web API を作成する
この記事では API 開発者を対象に、IBM WebSphere Cast Iron の Web API サービスを使用して、Salesforce.com の CRM (顧客関係管理) システム内に連絡先を作成するために呼び出すことができる Web API を作成する方法を説明します。IBM WebSphere Cast Iron の Web API サービスを使用すれば、わずか数回のクリックで API をアセンブルして公開することができます。さらに、提供されている分析機能を使用して Web API の使用状況を分析することも、ブランドの開発者ポータルでコミュニティー・フックを使用して Web API コミュニティーをソーシャル化することもできます。
記事 2013/10/24
WebSphere Application Server V8.5 パラメーター・シート
WebSphere Application Server V8.5 Network Deployment (WAS V8.5 ND版)のパラメーターシートをご紹介いたします。WAS V8.5(FixPack未適用)で新規に追加されたパラメーター、および削除、変更があったパラメーターの一覧も合せてご紹介します。
記事 2013/10/23
IBM Integration Bus V9 アップデート・セミナー
2013年9月26日に開催した「IBM Integration Bus V9(旧WebSphere Message Broker)アップデート・セミナー」の資料を公開します。
記事 2013/10/10
WebSphere MQ Managed File Transfer V7.5 導入構成ガイド
当資料は、WebSphere MQ Managed File Transfer V7.5 (旧WMQ FTE)の導入構成ガイドです。 WMQ MFTをUNIX/Linux/Windows環境に導入する際の手順と考慮点についてまとめています。
記事 2013/10/08
はじめてのWebSphere Application Server V8.5
当ガイドは、WebSphere Application Server (以降、WAS) を初めてインストールする方を対象とし、WASの基本的なスキルを獲得することを目的としています。当ガイドでは、最初にWASおよびWASに関連するコンポーネントに関して説明し、OSへのWASのインストールおよび、アプリケーションのインストールを体験できます。また、WASを運用していく上で必要となる、WASの起動・終了、WASのチューニング、WASの問題判別についてベースとなる情報を記載しています。
記事 2013/10/07
新卒関西人のWebSphere挑戦記: ① ~WAS Libertyプロファイルの導入からアプリ実装まで~
本連載では、WebSphere Application Server Libertyプロファイルを用いて、サーブレットやJSPなどでアプリケーションの実装までを行う予定です。初回は、Liberty プロファイルの導入にあたり、まずLibertyプロファイルとは何かを説明し、その後にEclipseに対するLibertyプロファイル用プラグインを用いた導入方法を紹介します。対象とするEclipseパッケージは3.7(Indigo)、4.2(Juno)の2種類です。なお、2013年6月26日に公開されたEclipse 4.3(Kepler)でも4.2と同様の手順によってLibertyプロファイルの導入が可能です。
記事 2013/9/26
IBM PureApplication System上のCore OS仮想システムでX Window System環境を利用しよう
IBM PureApplication System W1500 V1.1 (以下、PureApplication System)は、Hypervisor Editionと呼ばれるIBMミドルウェアをOSに導入済みの仮想イメージを提供しています(WebSphere Application Server Hypervisor EditionおよびDB2 Enterprise Server Edition Hypervisor Editionを同梱)。 また、Hypervisor Editionを提供していないIBMミドルウェアや他社製ソフトウェアを利用したいといったシナリオに対応するために、「Core OS」と呼ばれるRed Hat Enterprise Linuxの仮想イメージを提供しています。 この「Core OS」においてX Window System (以下、X)を利用するには、各種RPMパッケージを追加導入する必要があります。 本記事では、Core OSを前提とした仮想OS環境において、Xを利用するための作業手順について詳細に説明します。
記事 2013/9/25
IBM PureApplication System ハンズオン・セミナー資料
2013年9月3日、9月4日に開催した「IBM PureApplication Systemハンズオン・セミナー」の資料です。2013年2月に実施したハンズオン資料をPureApplication V1.1での手順に更新し、講義資料も一部更新しています。
記事 2013/9/20
IBM SmarterCloud 上で DB2 と WAS をセットアップする: 前編
IBM のパブリック・クラウド・サービスである SmarterCloud Enterprise (SCE) は、SaaS 提供基盤としてはもちろん、開発・検証環境としてもお役立ていただけます。DB2 の新機能を試してみたい、最新版の WAS でアプリケーションの動作確認をしたい、といったご要望に柔軟に対応することが出来ます。ぜひお試しください。前編では SCE 上にインスタンスを作成し、クライアントから接続するまでの手順を解説します。
記事 2013/9/19
IBM SmarterCloud 上で DB2 と WAS をセットアップする: 後編
IBM のパブリック・クラウド・サービスである SmarterCloud Enterprise (SCE) は、SaaS 提供基盤としてはもちろん、開発・検証環境としてもお役立ていただけます。DB2 の新機能を試してみたい、最新版の WAS でアプリケーションの動作確認をしたい、といったご要望に柔軟に対応することが出来ます。ぜひお試しください。後編では SCE 上のインスタンスに、DB2 および WAS をセットアップする手順を解説します。
記事 2013/9/19
PureApplication System 仮想パターン構築の極意: 第 2 回 仮想パターン構築において役立つ手法 (その 1)
当シリーズでは、ISV アプリケーションを IBM PureApplication System 上の仮想パターン (仮想アプリケーション・パターン (Virtual Application Pattern: 以下、VAP) と仮想システム・パターン (Virtual System Pattern: 以下、VSP)) として構築する上で筆者らが取得したノウハウやベストプラクティスをご紹介します。その中で今回は、VAP 開発手法を 3つ、VSP 開発手法を 6つご紹介します。
記事 2013/9/12
IBM Business Process ManagerとIBM Operational Decision Managerの連携
IBM Business Process Manager(以下IBM BPM)によるビジネス・プロセス管理基盤と、IBM Operational Decision Manager(以下IBM ODM)によるビジネス・ルール管理基盤を組み合わせることにより、業務の変化に柔軟に対応できる基盤を迅速に構築することが可能です。本記事では、IBM BPM上のビジネス・プロセスとIBM ODM上のビジネス・ルールの連携イメージを、サンプルを用いてご紹介します。
記事 2013/9/11
IBM PureApplication System サマー・スクール資料
2013年8月21日、22日に開催した「IBM PureApplication System サマー・スクール」のセッション資料です。5月に行われた「IBM PureApplication Systemデザイン・ワークショップ」を拡充・更新した内容です。分野・レベルことに、3つのパートに分かれています。
記事 2013/9/09
WAS V8.5.5 最新情報ワークショップ資料
2013年7月29日に開催された当ワークショップでは、WAS技術者の方々を対象に、2013年6月14日にリリースされたWAS V8.5.5の最新情報をご紹介しました。
記事 2013/8/28
IBM PureApplication SystemにおけるAdvanced Middleware Configurationを利用したWASの構成管理
プライベートクラウド環境などでWASを数多く稼動させた場合、WASの構成管理が大変な労力となります。PureApplication Systemでは、Advanced Middleware Configuration(以下、AMC)を使用して、WASの環境構築、構成管理、アプリケーション実装を自動化出来ます。本記事では、AMCを利用してWASの構成管理、マイグレーションする方法をご紹介します。
記事 2013/8/27
IBM Worklightでの簡単jQuery Mobile画面作成
IBM Worklightには、jQuery Mobileでモバイル画面開発を容易に行うための機能があります。それが、Rich Page EditorとMobile patternです。Rich Page Editorは、モバイル画面用WYSIWYGエディターです。Mobile patternは、良く使用されるモバイル画面をテンプレート化した機能です。この2つの機能を使用する事より、最小限の時間で容易にモバイル画面を開発することが可能になります。本記事では、「マイ・アジェンダ」サンプル・アプリケーションの画面作成の説明を通じて、これらの機能の使用方法を説明します。
記事 2013/7/25
IBM WebSphere Cast Iron の Web API サービスへの Facebook の統合
この記事では、API 開発者を対象に、IBM WebSphere Cast Iron Live の Web API サービスに Facebook を統合する方法を説明します。これにより、Facebook 用の魅力的な Web API を迅速かつ容易に作成、ソーシャル化、管理できるようにします。この記事を読んで、API の定義方法、定義した API に合わせて開発者ページをカスタマイズする方法、アプリケーションを登録する方法、そして API をテストする方法を学んでください。
記事 2013/7/25
WebSphere Application Server V8.5 でのシステム管理: 第 4 回 プラガブルな SDK 7 を使用して WebSphere Application Server で Java 7 を有効にする
この記事では、IBM WebSphere Application Server で、IBM Software Development Kit, Java Technology Edition バージョン 7.0 を使用できるようにする手順について説明します。
記事 2013/7/12
IBM Business Process Manager のユーザー・インターフェース開発
IBM Business Process Managerを使用した効率的なユーザー・インターフェース開発についてご紹介します。
記事 2013/7/11
IBM WebSphere Application Server Migration Toolkit
記事 2013/7/01
WebSphere DataPower 開発ガイド: 第4回 「XSLT(Extensible Stylesheet Language Transformations )開発(後編)」
この連載では、WebSphere DataPowerの設計・開発を行う際に必要となる、ルール設計の考慮点や指針、開発方法のTIPS等について解説します。 この回では、DataPowerのプログラミング部分となるXSLTについて解説します。
記事 2013/6/28
WebSphere DataPower 開発ガイド
記事 2013/6/28
WebSphere Application Server V8.5 でのシステム管理: 第3回 High Performance Extensible Logging (HPEL)
IBM WebSphere Application Server V8.0 では、ログおよびトレースの内容を保管して処理する機能に対して High Performance Extensible Logging という新しい方法を導入しました。新たにリリースされた WebSphere Application Server V8.5 で、HPEL はさらに改良され、より一層役立つものになりました。この記事では、HPEL とは何か、なぜ HPEL が重要なのかについて説明します。この記事の内容は、IBM WebSphere 開発者向け技術ジャーナルの一部です。
記事 2013/6/27
IBM Certified System Administrator : WebSphere Application Server Network Deployment V8.5対策講座 資料
WebSphere Application Server Network Deployment V8.5 IBM Certified System Administrator(認定システムアドミニストレーター) はワールド・ワイドで認定されたWebSphere Application Serverシステム管理者のための資格です。WebSphere Application Serverを操作・管理するためのスキル全般を問われます。試験対策テキストを参考に、合格を目指してください。
記事 2013/6/21
WebSphere Portal を使用してレスポンシブ Web デザインを実装する: 第 2 回 デバイス・クラスを使用して特定の機器をターゲットに開発する
単一の Web サイトでコンテンツとレイアウトを機器に合わせて自動的に最適化する手法として、CSS メディア・クエリーを使用するレスポンシブ Web デザインが広く使われるようになっています。この記事では、WebSphere Portal のデバイス・クラス・メカニズムを利用して、特定の機器に合わせてリソースをフィルタリングし、テーマ内でのリソースの集約を最適化する方法を説明します。これらの手法によって、レスポンシブなテーマのパフォーマンスが向上するともに、より一貫したユーザー・エクスペリエンスがもたらされます。
記事 2013/6/20
WebSphere DataPower 開発ガイド: 第3回 「XSLT(Extensible Stylesheet Language Transformations )開発」
この連載では、WebSphere DataPowerの設計・開発を行う際に必要となる、ルール設計の考慮点や指針、開発方法のTIPS等について解説します。この回では、DataPowerのプログラミング部分となるXSLTについて解説します。
記事 2013/6/12
IBM Blueworks Liveによるビジネス・ルールのモデリング
IBM Blueworks Live(Blueworks Live)の活用により、業務ユーザーはクラウド環境上でコラボレーションしながら、ビジネス・プロセスに加えてビジネス・ルールのモデリングを行うことができます。本記事では、Blueworks Liveによるビジネス・ルールのモデリング機能についてご紹介します。事前に、IBM Blueworks Live 日本語ガイドを一読することをお勧めします。
記事 2013/6/11
WebSphere Application Server Performance Tuning Toolkit の紹介
WebSphere Application Server はエンタープライズ・アーキテクチャーの重要なコンポーネントの 1 つであり、そのパフォーマンスにボトルネックがあると、さまざまなアプリケーションに影響を及ぼしかねません。WebSphere Application Server Performance Tuning Toolkit は、WebSphere Application Server のパフォーマンスの問題を明らかにするために容易に使用できるツールです。このツールキットはインフラストラクチャーを最大限に活用する上で非常に有効です。
記事 2013/6/10
WAS虎の巻: 第7回「WebSphere Application Server(WAS)のセッション管理」
セッション管理は、インタラクティブなWebサイトを構築するための重要な機能です。WAS虎の巻第1回ではセッション管理の必要性を、第2回ではセッション・アフィニティー機能とセッション・パーシスタンス機能を紹介しました。WASを設計・構築する上では、セッション管理を理解しておくことが重要な項目のひとつとなりますので、WAS虎の巻第7回では、セッション管理機能の詳細をもう少し詳しくご紹介します。
記事 2013/5/31
WebSphere Application Server (WAS) 虎の巻
記事 2013/5/31
WebSphere Application Server V8.5 でのシステム管理: 第2回 集中インストール・マネージャーを使用する
多くのシステム管理者は、慣れ親しんだツールである IBM Installation Manager を使用して、IBM WebSphere Application Server をインストールしています。しかし、最近のバージョンの WebSphere Application Server の新しいツールには、多数のリモート・マシンに WebSphere Application Server をインストールすることができる機能と柔軟性が加わりました。この記事では、WebSphere Application Server V8.5 における、集中インストール・マネージャーの設定方法と使用方法について説明します。
記事 2013/5/23
IBM PureApplication System デザイン・ワークショップ資料
2013年5月10日に開催した「IBM PureApplication System デザイン・ワークショップ」のセッション資料です。
記事 2013/5/23
WebSphere DataPower 開発ガイド: 第2回 「処理ポリシー設計」
この連載では、WebSphere DataPowerの設計・開発を行う際に必要となる、ルール設計の考慮点や指針、開発方法のTIPS等について解説します。第2回は「処理ポリシー設計」です。
記事 2013/5/16
WebSphere Application Server V8.5 でのシステム管理: 第1回 新しい管理フィーチャーと機能強化の概要
IBM WebSphere Application Server V8.5 で強化されたシステム管理機能に対する包括的な概観を提供する連載記事の第1回です。まず、この第1回の記事では、新しいシステム管理フィーチャーの概要を説明し、それぞれの主要フィーチャーの詳細については、今後の記事で説明します。
記事 2013/5/16
IBM Blueworks Live 日本語ガイド
クラウド型のプロセス・モデリング・ツールである IBM Blueworks Live 日本語ユーザ・ガイドです。
記事 2013/5/14
WebSphere Application Server V7、V8、および V8.5 における高度なセキュリティー強化: パート 1 セキュリティー強化の概要とその取り組み方法
セキュリティーの構成要素は、ネットワークのエッジで外部の脅威から保護するファイアウォールだけではありません。セキュリティーとは、システムを適切に強化することを目的とした、困難で複雑な一連の措置と手順のことです。この記事では、一般的なセキュリティーのさまざまな側面を取り上げるとともに、IBM® WebSphere® Application Server のセキュリティー・アーキテクチャーと WebSphere Application Server 環境の強化について説明します。この記事は、以前のバージョン向けの記事を WebSphere Application Server V7、V8、および V8.5 に合わせて大幅に更新し、セキュリティーを強化する方法だけに焦点を絞って編集した全 2 部構成のパート 1 です。この記事の内容は、IBM WebSphere 開発者向け技術ジャーナルの一部です。
記事 2013/5/08
WebSphere DataPower 開発ガイド: 第1回 「DataPowerの構成概念とサービス設計」
この連載では、WebSphere DataPowerの設計・開発を行う際に必要となる、ルール設計の考慮点や指針、開発方法のTIPS等について解説します。第1回は「DataPowerの構成概念とサービス設計」です。この回では、WebSphere DataPowerの設計・開発の知識として必要となるDataPowerの構成概念と、サービス設計について解説します。
記事 2013/5/02
IBM Security Access ManagerとIBM Worklightの連携ガイド
このガイドではIBM Security Access Manager とIBM Worklight間でのSingle Sigh-On(SSO)を実現するために必要な統合手順について説明します。 SSOを実現するために、WorklightクライアントのJavaScriptとHTMLは、IBM Security Access Manager WebSEALまたはIBM Security Web Gateway Applianceからのpkmslogin.formチャレンジに対して認証応答し、IBM Security Access Managerの有効なクレデンシャルを渡すように設定されなければなりません。さらに、Worklightクライアントのセキュリティー・テスト、レルムとWebSEAL または Web Gateway Appliance ジャンクションにより挿入された認証データ・タイプが、Worklightサーバーで設定されたセキュリティー・テスト、レルムおよびログイン・モジュールと一致する必要があります。この手順を説明します。
記事 2013/4/25
WebSphere MQが提供するデータ変換機能 概説
記事 2013/4/18
ODMの言語化とルールの実行について
この文書では、BRMS初心者向けに、弊社BRMS製品であるODM(Operational Decision Manager)が実際の業務アプリケーションで使用されるときのアーキテクチャー・オーバー・ビュー、データ定義、言語化の設定箇所、BOMの自動変数の生成チェック、インサート文、ルール記述の関係およびその実行の動作について解説していきます。
記事 2013/4/05

1 - 1140 件のうちの 100 件 | 次へ 概要の表示 | 概要の非表示 検索結果に登録(RSS)