技術文書一覧

  • spacer 製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

    (51 製品)

    (116 トピック)

    (1 インダストリー)

    (4 種類)

クラウド・プラットフォーム IBM Bluemixで次のアプリを開発しましょう。

 

1 - 1223 件のうちの 100 件 | 次へ 概要の表示 | 概要の非表示 検索結果に登録(RSS)

結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 down
WAS for Bluemix構成ガイド
この資料は Bluemix上で稼動するWASであるWAS for Bluemixを初めて利用する人を対象に基本的な情報をまとめたものです。 資料の内容は、2016年3月時点でのWAS for Bluemix (V8.5.5.8)を前提にしています。
記事 2016/4/20
WebSphere Application Server V8.5 Fix 適用手順書
WebSphere Application Server V8.5 に Fix Packを適用する手順をご紹介します。
記事 2016/4/15
BPM事例シリーズ: 第2回:サプライチェーンの効率化
決して新しくはないけれど、あまり日本では浸透していないBPM。でもBPMは「自社がどうビジネスを行っているか」を把握する、いわばビジネスの基礎体力です。BPMへの取り組みは、ビジネス環境の変化や新しいテクノロジーに対応できる組織力の向上につながります。 本連載ではBPMの事例をベースに、どのようなビジネス課題をBPMで解決できるのかを紹介していきます。第2回は、サプライチェーンの効率化に向けた業務設計とシステム連携をBPMで実施した事例をご紹介します。
記事 2016/4/15
IBM MQ Appliance V8セミナー
当資料は2015年11月25日に実施しましたMQ Applianceセミナーの資料です。
記事 2016/3/24
BPM事例シリーズ: 第1回:BPM入門
決して新しくはないけれど、あまり日本では浸透していないBPM。でもBPMは「自社がどうビジネスを行っているか」を把握する、いわばビジネスの基礎体力です。BPMへの取り組みは、ビジネス環境の変化や新しいテクノロジーに対応できる組織力の向上につながります。 本連載ではBPMの事例をベースに、どのようなビジネス課題をBPMで解決できるのかを紹介していきます。第1回目は、そもそもBPMとは何なのか、BPMに取り組むと何がよいのかをご紹介します。
記事 2016/3/24
WAS V8.5.5 SAML Web SSO 構成ガイド
WebSphere Application Server V8.5.5のSAML Webシングルサインオンの概要と構成手順をご紹介します。
記事 2016/2/18
触って確認!ODM V8.7 ビジネス・コンソールのシミュレーション機能
IBM Operational Decision Manager V8.7 より追加された、Decision Center ビジネス・コンソールでのシミュレーション機能についてご紹介します。業務部門のユーザーにも分かりやすいGUIベースの操作で、シミュレーションを実行できるこの機能について、基本的なシミュレーションの設定から、グラフ入りのレポートの出力までの手順をご説明します。ぜひお手元で試してみてください。
記事 2016/2/02
WebSphere Application Server V8.0 Fix 適用手順書
WebSphere Application Server V8.0 に Fix Packを適用する手順をご紹介します。
記事 2016/1/27
WAS Liberty+DevOpsツールで実現するインフラ構築自動化ガイド
このガイドでは、WAS LibertyとJenkinsやMavenなどのCIツールの連携による迅速なシステム構築・運用方法をご説明します。
記事 2016/1/08
MobileFirst Platform Foundation V7.1 アップデート・セミナー
Bluemixコンテナー上でも稼働! より使いやすくなった新機能をご紹介します。
記事 2015/12/17
プロセスとしての IT を検討する
IT 運用を自動化するという考えは新しいものではありません。実際、無駄が多いことで悪名高い反復タスクを合理化するため、さらには苛立たしく非効率的なやり直し作業を避けるために、これまで長いこと IT 運用の自動化を実現することが、切望される目標となってきました。これは実現するのが難しい目標でもありましたが、革新的な考えを適用すると事態は変わってきます。その考えとは、IT の大部分は、作業を遂行するための定義可能なプロセスであるというものです。IBM は、スマーター・プロセス・ソリューションのリーダーとして、管理可能なプロセスを明らかにして最大限の効果を生み出すために自動化することにおいて、ある程度の経験を積んできました。この記事では、その方法のすべてをいくつかに分けて、オペレーション・センターを自動化する最善かつ最も戦略的な方法を模索している IT リーダーを対象に、わかりやすく説明します。
記事 2015/12/10
DevOpsツールとWAS Liberty / PureApplicationの連携セミナー資料
このセミナー資料では、JenkinsやMavenなどの主要なオープンソースのCIツールを例に、CIツールとLibertyやPureApplicationの連携による迅速なアプリケーション・デリバリーのシナリオをご紹介します。
記事 2015/12/08
IBM Business Process Manager クライアント・サイド・ヒューマン・サービス(CSHS)ガイド V8.5.5対応
IBM Business Process Manager V8.5.5にて新しいユーザー対話サービスであるクライアント・サイド・ヒューマン・サービス(以降「CSHS」)が導入されました。CSHSは、ヒューマン・サービスをサーバー・サイド(Process ServerまたはProcess Center)ではなく、クライアント・サイド(クライアントのブラウザ)で実行します。本ガイドでは、CSHSの従来のヒューマン・サービスとの違い及び、その使用方法について解説します。
記事 2015/12/04
IBM Business Process Manager V8.5 UI開発ガイド
IBM Business Process Manager(以下、IBM BPM)では、Coachと呼ばれるフレームワークを利用して迅速にユーザー・インターフェースの開発を行うことが可能です。本ガイドでは、IBM BPM V8.5におけるパフォーマンスを考慮したユーザー・インターフェース開発について解説します。
記事 2015/12/04
PureApplicationSoftware 運用ガイド
PureApplication はパターン・デプロイメント技術を活用したクラウド環境構築ソリューションです。本ガイドでは、PureApplication Software を利用するにあたって、障害設計、可用性設計、バックアップ・リストア、システム・メンテナンスをはじめとした運用管理や、既存の仮想化環境から PureApplication Software の環境への移行についてまとめています。これから PureApplication Software を検討する場合にお役立てください。
記事 2015/11/24
Java EE 7 アプリケーション設計ガイド - JSF(JavaServer Faces) 2.2 詳細編
Java EE 7 アプリケーション設計ガイド - JSF(JavaServer Faces) 2.2 詳細編の資料です。
記事 2015/11/24
IBM Business Process Manager V8.5 運用ガイド
当ガイドは、IBM Business Process Manager V8.5 における一般的な運用項目に関する手順や考慮事項を記載しています。内容は、基本的にStandard版を前提としていますが、一部(「7.バックアップ・リストア」など)はAdvanced版の旧WebSphere Process Serverの機能の内容も含んでいます。
記事 2015/11/04
IBM Business Process Manager V8 Coach 入門
本ガイドでは、IBM Business Process Manager V8.0が提供する新しいCoachについて解説し、開発に役立つ情報を提供することを目的とします。
記事 2015/11/04
IBM Business Process Manager CSSによるCoachレイアウト制御ガイド
IBM BPMでは、Coach Viewの組み合わせによって、ユーザー・インタフェース(画面)を構築します。 HTML/CSSの技術に基づいているため、レイアウト装飾の変更は標準のCoach Viewに対してCSSを適用することにより実現が可能です。本資料では、CSSの指定によって可能となるレイアウト装飾方法の基本と、よくある要望に基づく実現例示し、画面の開発や標準化作業をより迅速に行えるための情報を提供します。
記事 2015/11/02
WebSphere Application Server V8.5 for IBM i 導入・構成ガイド
WebSphere Application Server V8.x から、IBM Installation Managerを使った導入方法に変更されています。 当ガイドでは、WebSphere Application Server V8.5をIBM iインストールする手順について、実際のインストール作業の画面イメージを使ってご紹介します。
記事 2015/9/17
IBM DataPower Gatewayのご紹介
当記事では、IBM DataPower Gateway製品の機能概要と提供形態についてご紹介します。
記事 2015/8/03
WAS Liberty 最新情報セミナー 2015 資料
2015年7月6日に開催された「WAS Liberty 最新情報セミナー ~次世代ランタイム Liberty で変わる Java EE システム」セミナーでは、WAS技術者の方々を対象に、Java EE 7対応したWAS Libertyの最新情報をご紹介しました。
記事 2015/7/31
IBM DataPower Gatway セミナー
2015年7月15日に開催した『IBM DataPower Gateway セミナー』の資料を公開します。
記事 2015/7/29
IBM Integration Bus V10 アップデート・セミナー
2015年7月3日に開催した『IBM Integration Bus V10(旧WebSphere Message Broker)アップデート・セミナー』の資料を公開します。
記事 2015/7/17
IBM Operational Decision Manager v8.6 ルール・ガバナンス・ガイド
以前掲載された「IBM Operational Decision Manager v8.5 ルール・ガバナンス・ガイド ~実践ガバナンス・フレームワーク~」を、v8.6でのガバナンス・フレームワークの機能拡張に合わせて大幅に改修しました。より使いやすくなったDecision Governance Frameworkの機能の実践的な使い方をご紹介します。
記事 2015/7/03
ビジネス・ルール・アドバンスト ポーカーゲームで学ぶビジネス・ルール
ビジネスルール管理システムIBM Operational Decision Manager(ODM)を利用したコンフィギュレーション・ルールの記述方法や効率のよい処理方法について、カードゲームのポーカーのルールを用いて解説しています。
記事 2015/7/01
IBM Blueworks Live ハンズオン
プロセスを描く、分析する、ウォークスルーするなど、IBM Blueworks Liveの代表的な機能をご紹介したハンズオンです。
記事 2015/6/29
IBM Blueworks Live 日本語ガイド
クラウド型のプロセス・モデリング・ツールである IBM Blueworks Live 日本語ユーザ・ガイドです。
記事 2015/6/23
Bluemix によって容易になる DevOps
簡単な DevOps ソリューションが必要であるなら、まさに IBM Bluemix がうってつけです。
記事 2015/6/04
Java EE 7 アプリケーション設計ガイド - Java API for JSON Processing 編
Java EE 7 アプリケーション設計ガイド - Java API for JSON Processing 編の資料です。
記事 2015/6/02
Java EE 7 アプリケーション設計ガイド - JAX-RS 2.0 編
Java EE 7 アプリケーション設計ガイド - JAX-RS 2.0 編の資料です。
記事 2015/6/02
ダイナミックな開発エコシステムとしての IBM Bluemix
IBM Bluemix は、クラウド内で組み立て可能なアプリケーションを作成するための単なるプラットフォームではありません。新しいサービス、機能、リソース、さらには果てしないイノベーションが次々と拡充されるなか、今では Bluemix をアプリケーションの開発およびデプロイメントのエコシステムとして利用できるようになっています。
記事 2015/5/28
IBM Integration Busチーム開発とモジュールの共有
当資料は、IBM Integration Bus v9.0(IIB、旧WebSphere Message Broker)でのチーム開発のTipsとモジュールの共有について解説したものです。
記事 2015/4/30
WebSphere Commerce 向けの Bluemix アプリケーションを作成する
IBM Bluemix 上で独自のウィジェット・エコシステムを作成してください。この記事では、Bluemix ウィジェットの作成、Bluemix ウィジェットを作成する開発者、そして新しいツールを基幹業務のユーザーに配布する方法に焦点を当てます。また、エクスペリエンス・クリエイターとエクスペリエンス・コンポーザーの間のダイナミズムについても簡単に説明します。Bluemix と WebSphere Commerce には、ともに日々開発され続けているアプリケーションのエコシステムがあります。記事ではエコシステムのマージを開始して、エクスペリエンス・コンポーザーとエクスペリエンス・クリエイターの両方にメリットをもたらす方法についても説明します。
記事 2015/4/30
IBM Integration Bus を PureApplication Service on SoftLayer としてデプロイする
このチュートリアルでは、PureApplication Service on SoftLayer を使用して、IBM Integration Bus の基本パターンをデプロイする方法を紹介します。パターンを利用してワークロードのプロビジョニング、監視、保守を自動化および単純化することで、開発者はアプリケーションの開発に専念し、準備が整った時点でオフプレミス環境からオンプレミス環境に移行することが可能になります。
記事 2015/4/23
IBM MobileFirst を Cast Iron と統合してモバイル・アプリをエンタープライズに接続する
IBM MobileFirst Platform Foundation モバイル・アプリケーション・フレームワークは、アダプター・メカニズムによる統合機能を提供します。MobileFirst のアダプターは、エンタープライズ・サービスにアクセスするために MobileFirst プラットフォーム上のサーバーにデプロイされるコンポーネントです。これらのアダプターは、モバイル・アプリケーションとエンタープライズ・システムとの間のメディエーターまたはゲートウェイとしての役割を果たし、モバイル・アプリケーションからのリクエストを受け取って、リクエストに応じてエンタープライズから取得したデータをモバイル・アプリケーションに返します。IBM WebSphere Cast Iron Cloud インテグレーション製品は、クラウドとオンプレミス・アプリケーションとの迅速な統合や、統合コストの削減、SaaS (Software as a Service) およびクラウド・モデルにおけるリソースと生産性の最適化を可能にする製品です。この記事では、IBM MobileFirst と Cast Iron の統合について説明します。
記事 2015/4/23
PureApplication 運用ガイド バックアップ/アーカイブ編
新しいストレージ機能の追加によって、PureApplication のバックアップ運用の選択肢の幅が大きく広がりました。システム情報、カタログ・コンテンツ情報、ワークロード、ユーザー・データのバックアップやアーカイブの方法や考慮点を解説したものとなっています。
記事 2015/4/20
PureApplication SystemでGPFSサービスを構成する
PureApplication v2.0 では、ハイパフォーマンス共有ファイルシステムであるGPFSのサポートが強化され、企業システムに求められる可用性のレベルに応じて、適切な構成を選択できるようになりました。本記事では、PureApplication System上で構成可能なGPFSトポロジーについて解説し、構成方法について説明します。
記事 2015/4/09
Java EE 7 アプリケーション設計ガイド - Servlet 3.1 編
Java EE 7 アプリケーション設計ガイド - Servlet 3.1 編の資料です。
記事 2015/4/06
IBM Bluemix というモバイル・アプリ開発の早道があるのに、なぜ開発にそれほど時間をかけているのですか?
IBM Bluemix は、サービス、API、インフラストラクチャーを組み合わせて提供することから、強力なモバイル・システム・エンゲージメント・アプリケーションを極めて短い時間で構築できるようになっています。この動画では、どのようにしてそれが可能になるかを説明しています。
記事 2015/3/12
JSR に準拠したポートレットをクラウド内で迅速に作成してデプロイする
ご自分の Eclipse ワークベンチと WebSphere Application Server Liberty Profile を使用してポートレットを開発し、Bluemix にデプロイしてください。
チュートリアル 2015/2/26
IBM API Management Service利用手順
2014年10月にIBM API ManagementのSaaS版の提供が開始されました。本資料は始めてIBM API Management Serviceを利用する方のためにアカウント取得方法をご紹介します。
記事 2015/2/20
Java EE 7 アプリケーション設計ガイド - Concurrency Utilities for Java EE編
Java EE 7 アプリケーション設計ガイド - Concurrency Utilities for Java EE編の資料です。
記事 2015/2/19
Bluemix のスキル: クラウド向けの設計をする際に知っておかなければならないこと
皆さんが既にお持ちのスキルの多くは、IBM Bluemix を利用して開発を行う際に重宝するはずです。Bluemix を利用して組み立て可能なアプリケーションに取り組む際に必要となるその他のスキル、そして直面する課題について理解してください。
記事 2015/2/19
IBM PureApplication System での OS 認証と Microsoft Active Directory の統合
IBM は、IBM PureApplicatio Systemを実装する際には、外部 LDAP サブシステムを統合するよう推奨しています。多くのクライアントでは、外部 LDAP を統合することを OS の追加要件としていますが、外部 LDAP をそのままの形で統合することはできません。この記事では、PureApplication System 上の OS セキュリティーと外部 Microsoft Active Directory サービスの統合を自動化する方法を説明します。この統合により、PureApplication System 上に存在する多数の VM の管理が大幅に単純化されることになります。この記事の内容は、IBM WebSphere 開発者向け技術ジャーナルから引用したものです。
記事 2015/2/12
MobileFirst Platform Foundation (旧 Worklight) 6.3 アップデート・セミナー資料
2014年12月25日に開催された「MobileFirst Platform Foundation (旧 Worklight) 6.3 アップデート・セミナー」の資料です。
記事 2015/1/29
WebSphere Application Server での改善された過負荷保護とワークロード優先順位付け
IBM WebSphere Application Server Network Deployment では、サーバーが過負荷状態にならないよう、Intelligent Management フィーチャーによって自動的にサーバーが保護されます。また、リソースに制約のある環境でミッション・クリティカルなアプリケーションが継続的にサービスを提供できるよう、オートノミック要求フロー・マネージャー (ARFM) を使用して、トラフィックを選択的に調整することもできます。V8.5.5.3 では、ノード・ベース ARFM と呼ばれる機能へと強化することで、現在は CPU やヒープの使用率の上昇にこれまでよりも迅速に対応できるようになるとともに、優先順位の高いワークロードをより明確に差別化できるようになっています。この記事では、ノード・ベース ARFM によって強化された機能である、CPU 過負荷保護と同時要求限度について解説し、ノード・ベース ARFM を構成してシステムのヘルスとワークロードの優先順位付けを確認する方法を説明します。
記事 2015/1/29
新卒関西人のWebSphere挑戦記: ③ ~サンプル・アプリケーションの実装~
連載の3回目である本稿では、Libertyプロファイルをアプリケーション・サーバーとして使用し、簡単なアプリケーションを開発します。ServletやJSP、CDIなどのJava EEの機能を使い、MVCモデルというプログラム・アーキテクチャに則った形で開発します。各技術要素についても解説を交えながら手順を進めますので、開発経験のない方もご覧いただける内容です。是非手元の環境で実践してみてください。※完成版のソースコードは.war形式で配布します。
記事 2015/1/23
IBM MobileFirst Server 6.3 導入構成ガイド
IBM MobileFirst Platform Foundation(旧Worklight Platform Foundation)は、モバイル・アプリケーションの効率的な開発・実行・管理をトータルに実現するモバイル・アプリケーション・プラットフォームです。本ガイドでは、IBM MobileFirst Platform Foundationのサーバー側コンポーネントに焦点を当て、コンポーネントの構成要素とそれぞれの役割を説明し、実際にMobileFirst Server 6.3をWebSphere Application Server 8.5.5 Liberty Coreの上に導入する手順を解説します。
記事 2015/1/21
Bluemix と呼ばれるものの正体とは: アプリケーション開発に訪れた革命に参加する
IBM Bluemix の優れているところはどこですか?この短い動画では、Bluemix がどのようにして、アプリケーションの開発に関係するすべてのインフラストラクチャーとミドルウェアのセットアップを排除し、革新的なアプリケーションを迅速に組み立てるために必要なあらゆるビルディング・ブロックを提供しているのかを説明します。
記事 2015/1/15
クラウド・アプリケーションにとって最も重要な 9 つのルール
実際にパブリック・クラウドまたはプライベート・クラウドのいずれかにデプロイできるアプリケーションは、クラウド・レディなアプリケーションです。アプリケーションがクラウド・レディであるということは、アプリケーションがその下位にある PaaS (Platform as a Service) レイヤーを利用できるようにアプリケーションを設計する必要があるということであり、アプリケーションの設計上の制約が PaaS レイヤーにおける前提事項に反することが原因でアプリケーションが停止するようなことはない、ということでもあります。アプリケーションを設計する際に、いくつかの単純なルールに従えば、通常はアプリケーション全体を実装し直さずにクラウド・レディにすることができます。
記事 2015/1/15
IBM MobileFirst Platform Foundation ハイブリッドアプリに Xtify プッシュ通知を統合する
この記事では、Xtifyのプッシュ通知機能の概要をご紹介するとともに、IBM MobileFirst Platform Foundation (旧名称 IBM Worklight Foundation) を用いたハイブリッド・アプリケーションの実装手順について解説します。
記事 2015/1/08
「現場の気付き」をビジネス化する組み立て可能なIoTシステム - IBM Internet of Things Foundation
手間やコストをかけずスピーディに「モノのインターネット」によるビジネス創出の可能性を試行錯誤できるIoTに特化したクラウドであるIBM IoT Foundationをご紹介します。 プログラミングなどのITスキルをあまり必要とせずにドラッグ &ドロップで使用可能であり、『モノ』の現場での知恵やひらめきをシステムへ繋いでIoTでの新たな価値の創造を試みたいビジネスパーソンのかたへお奨めです。
記事 2015/1/07
IBM MobileFirst Platform FoundationのiOS / Android ネイティブアプリにXtifyプッシュ通知機能を統合する
当記事では IBM MobileFirst Platform Foundation ネイティブアプリケーションに Xtify プッシュ通知機能を統合する手順について解説しています。
記事 2015/1/06
IBM Integration Bus (IIB) 小ワザ集: Integration Explorerを利用した簡易統計取得
「IBM Integration Bus 小ワザ集」では IBM Integration Busの構築・開発・運用管理する際の便利な機能やツール、コマンドなどをコンパクトな記事で紹介していきます。
記事 2014/12/22
IBM Integration Bus (IIB) 小ワザ集: Web管理画面を利用した統計情報の確認方法
「IBM Integration Bus 小ワザ集」では IBM Integration Busの構築・開発・運用管理する際の便利な機能やツール、コマンドなどをコンパクトな記事で紹介していきます。
記事 2014/12/22
IBM MessageSight 構成運用ガイド
IBM MessageSightの構成、運用、高可用性構成の設計及び手順に関する詳細情報をガイドとしてまとめています。
記事 2014/12/16
WAS V8.5 ヘルス管理機能を応用した自動データ収集手法: 第四回「Java Health Centerによる障害解析用データ取得の自動化」
本シリーズでは、WAS V8.5から実装されたインテリジェント管理機能のうち、ヘルス管理機能を活用した問題判別用データの自動取得方法について、シナリオ別に4回に分けてご紹介します。第一回はインテリジェント管理を構成する方法と、ヘルス管理機能の基本的な使い方について、第二回ではJythonスクリプトを用いて障害解析用データを取得する方法について、第三回ではPMI統計情報を利用したデータ取得の自動化についてご説明しました。第四回ではJava Health Center を利用した障害解析用データの自動取得方法についてご紹介します。
記事 2014/12/12
Bluemix 上で稼動する Web アプリケーション開発方法 - Java 編
Bluemix 上のランタイム「Liberty for Java」を利用して Web アプリケーションを開発する手順をステップ・バイ・ステップで解説します。
チュートリアル 2014/12/11
IBM Worklightハイブリッド・モバイル・アプリケーションをLinkedInサービスに接続する
LinkedInでは、サード・パーティー製のWebアプリケーションやモバイル・アプリケーションからユーザーに代わってLinkedInサービスを呼び出すことを可能にするAPIセットを公開しています。この記事では、IBM Worklight開発者を対象に、ハイブリッド・モバイル・アプリケーションからLinkedInサービスに接続する2つのHTTPアダプターの作成方法を紹介します。1つ目のHTTPアダプターは、OAuth規格を使ってLinkedInとアプリケーション・ユーザー間の認証要求と許可要求をセキュアに処理するアダプターです。2つ目のHTTPアダプターは、許可された要求をOAuthトークンを使ってLinkedInサービスに送信します。
記事 2014/12/08
IBM API Management V3.0 テクニカル・セミナー 資料
2014年10月6日に開催した「IBM API Management V3.0 テクニカル・セミナー」の資料を公開します。
記事 2014/12/02
WAS V8.5 ヘルス管理機能を応用した自動データ収集手法: 第三回「PMI統計情報を利用したデータ取得の自動化」
本シリーズでは、WAS V8.5から実装されたインテリジェント管理機能のうち、ヘルス管理機能を活用した問題判別用データの自動取得方法について、シナリオ別に4回に分けてご紹介します。第一回はインテリジェント管理を構成する方法と、ヘルス管理機能の基本的な使い方について、第二回ではJythonスクリプトを用いて障害解析用データを取得する方法についてご説明しました。第三回ではPMI統計情報を利用したデータ取得の自動化についてご説明します。
記事 2014/12/01
IBM PureApplication System V2.0の新しいパターン・エンジン
2014年9月に出荷開始されたIBM PureApplication System V2.0。この新しいバージョンでは従来に比べ、さまざまな機能が進化しています。今回は、その中でも大きく改変された主要な機能として、新しいパターン・エンジンの概要と、パターン開発支援機能をご紹介します。
記事 2014/11/21
IBM WebSphere MQ V8.0 アップデート・セミナー
2014年10月3日開催の『WebSphere MQ V8.0 アップデート・ワークショップ』の資料を公開します。
記事 2014/11/19
IBM PureApplication System第2世代ハードウェア解説
この記事では、IBM PureApplication System第2世代ハードウェアについて取り上げ、新機能や第1世代との相違点に重点をおいて、第2世代ハードウェアの特長を確認します。各モデルに含まれるハードウェア・コンポーネントや、ハードウェアの機能向上などについても解説します。
記事 2014/11/18
リスク・スコアリング分析のユース・ケースでIBM Operational Decision ManagerのDVSシミュレーション機能を使用する
この記事では、IBM Operational Decision ManagerのDecision Validation Service機能を拡張して、大規模なデータセットに対するKPIベースのシミュレーションを生成する方法について説明します。このシミュレーションをビジネス・ユーザーはリスク・スコアリング分析に利用できます。この記事で示す設計と実装の考慮事項は主にIBM ODM V8.5に基づいていますが、これより前の製品バージョン(WebSphere ILOG JRules V7.5やV8など)にも適用できます。このコンテンツは、IBM Business Process Management Journalの一部です。
記事 2014/11/17
語彙とルールをルール・セット間で共有するための IBM Operational Decision Manager リポジトリーを設計する
ビジネス・ルール管理システム (BRMS: (Business Rule Management System)) プロジェクトの初期設計では、語彙の共有とルールのガバナンスを容易にするために、将来的にビジネス・ルール・テクノロジーが組織の中で広く展開されることを考慮しなければなりません。この記事では、ルール・プロジェクトを 3 層構造に分割する設計手法を提案します。この手法は、単純で、標準化および体系化されていて、ビジネス・コンテキストに適応させることができます。
記事 2014/11/14
MavenとLibertyプロファイルで実現するビルドプロセスの自動化
Mavenは、現在多くのプロジェクトで活用されているJavaプロジェクトのライフサイクル管理ツールです。また、LibertyプロファイルではMaven用プラグインを提供しており、このプラグインを使用することによって、Mavenによる管理の中に、Libertyプロファイルを取り込むことが可能です。 本書では、MaveおよびLibertyプロファイルが提供するMaven用プラグインを使用して、アプリケーションのコンパイル、テスト実行、パッケージングなどの一連のビルドプロセスを自動化する方法を、具体例を用いて説明していきます。
記事 2014/11/05
IBM Certified System Administrator : WebSphere Application Server Network Deployment V8.5.5対策講座 資料
WebSphere Application Server Network Deployment V8.5.5 IBM Certified System Administrator(認定システムアドミニストレーター) はワールド・ワイドで認定されたWebSphere Application Serverシステム管理者のための資格です。WebSphere Application Serverを操作・管理するためのスキル全般を問われます。試験対策テキストを参考に、合格を目指してください。
記事 2014/11/04
BPMの現場から: BPMソリューションのアーキテクチャー設計では、ソフトウェア設計の基本を忘れずに
プロセス・アプリケーションの中には実装が容易なものもありますが、ビジネス・アプリケーション開発の基礎となる規律や厳密さが必要になるという点は、どのBPMアプリケーションでも同じです。実際、BPMはビジネス主体のユーザー層を持つため、アーキテクチャー面での厳密さに対するニーズが非常に高まっていると言えます。多くのビジネス・ユーザーは、アプリケーション・ランタイムに関連した基盤の複雑さや、アプリケーションの最適化を保証するためのITニーズを理解していません。つまり、BPMが「単純」に見えても、堅固なアプリケーションを確実に提供するために、組織は安定したアーキテクチャーを今もなお必要としているのです。この記事では、安定したアーキテクチャーを持つBPMソリューションを作り上げるために、ケース・スタディーを参照しながら、最適化されたBPMアプリケーションの構築に不可欠なアーキテクチャーの重要な特徴について検討します。このコンテンツは、IBM Business Process Management Journalの一部です。
記事 2014/11/04
PureApplication Service on SoftLayer 使用ガイド
PureApplication Service on SoftLayerは、PureApplication Systemと同様なパターン・エンジンや運用管理機能をパブリッククラウド上で提供するものです。パターンの可搬性によって従来のPureApplication System(プライベートクラウド)との連携が可能となり、アプリケーションを適材適所に配置・連携するハイブリッド・クラウドを実現可能できるようになります。 当資料は、PureApplication Service on SoftLayerの概要解説から、具体的な使用方法、PureApplication Systemとの違いまで網羅的に解説したものとなっています。
記事 2014/11/04
IBM Integration Bus (IIB) 小ワザ集: DFDL構文解析モデルのテスト
「IBM Integration Bus 小ワザ集」では IBM Integration Busの構築・開発・運用管理する際の便利な機能やツール、コマンドなどをコンパクトな記事で紹介していきます。
記事 2014/10/24
IBM Integration Bus (IIB) 小ワザ集: FileReadノードでメッセージ・フロー中でファイル読み込みを実施する
「IBM Integration Bus 小ワザ集」では IBM Integration Busの構築・開発・運用管理する際の便利な機能やツール、コマンドなどをコンパクトな記事で紹介していきます。
記事 2014/10/24
IBM Worklight Foundation V6.2 プッシュ通知の基本と実装
プッシュ通知は、サーバーからプッシュされるメッセージを受信する、モバイル・デバイスの機能です。IBM Worklight Foundationのプッシュ通知アーキテクチャでは、モバイル・プラットフォームごとに提供されるプッシュ通知の仕組みに共通したAPIの提供やデバイス・トークンの一元管理、アダプターを利用した実装方法の提供によって、より統合的で効率的なプッシュ通知の実現を可能にしています。この記事では、IBM Worklight Foundation V6.2でさらに強化されたプッシュ通知機能をご紹介するとともに、ハイブリッド・アプリケーションにおける実装手順やモバイル・デバイスのプラットフォーム別に必要となる設定手順について解説します。
記事 2014/10/22
WAS V8.5 ヘルス管理機能を応用した自動データ収集手法: 第二回「Jythonスクリプトを用いた障害解析用データ取得の自動化」
本シリーズでは、WAS V8.5から実装されたインテリジェント管理機能のうち、ヘルス管理機能を活用した問題判別用データの自動取得方法について、シナリオ別に4回に分けてご紹介します。第一回はインテリジェント管理を構成する方法と、ヘルス管理機能の基本的な使い方についてご説明しました。第二回ではJythonスクリプトを用いて障害解析用データを取得する方法についてご説明します。
記事 2014/10/20
Hadoop に対処する: IBM Worklight と IBM Bluemix 上の IBM InfoSphere BigInsights を統合して、モバイル・アプリでビッグ・データとしての動画をストリーミングする
この記事では、動画データのストリーミングをモバイル・アプリケーションに統合する方法を説明します。この方法を説明する中で、IBM Bluemix 上の IBM InfoSphere BigInsights、そして IBM Worklight といった最先端のテクノロジーを使用することによって対処できるビジネス問題のいくつかと、これらのテクノロジーによってもたらされる可能性の一部についても明らかにします。この記事では、従わざるを得ないトレンドの一例として、ビデオ・ストリーミングに対応するために、クラウド・サービスを利用してモバイル端末にビッグ・データを統合することを要求するトレンドを取り上げます。
記事 2014/10/16
Java EE 7 アプリケーション設計ガイド - WebSocket編
Java EE 7 アプリケーション設計ガイド - WebSocket編の資料です。
記事 2014/10/08
WAS V8.5 ヘルス管理機能を応用した自動データ収集手法: 第一回「Webサーバー・プラグインのインテリジェント管理機能の構成と、基本シナリオ」
本シリーズでは、WAS V8.5から実装されたインテリジェント管理機能のうち、ヘルス管理機能を活用した問題判別用データの自動取得方法について、シナリオ別に4回に分けてご紹介します。第一回はインテリジェント管理を構成する方法と、ヘルス管理機能の基本的な使い方についてご説明します。
記事 2014/10/06
新卒関西人のWebSphere挑戦記: ② ~WAS Liberty Repository~
Libertyの拡張機能やサンプルなどを提供するLiberty Repositoryを紹介します。Liberty Repositoryは、新規に追加されるフィーチャー情報の取得やベータ版のランタイムも含め、最新情報にいち早くタッチできるオンライン・リポジトリです。本稿では、Liberty Repositoryの活用の仕方について図を用いて説明します。
記事 2014/10/03
IBM PureApplication System における WebSphere eXtreme Scale ベースのキャッシュ・サービスを探る
クラウド・エンタープライズ・アプリケーションのパフォーマンスとスケーラビリティーの問題に対処するには、キャッシュ・サービスがソリューションとしてよく使われます。この記事では、IBM PureApplication System のクラウド・システムに用意されている 3 つのキャッシュ・サービスについて探ります。対象とするのは、組み込みキャッシュ・サービス、WebSphere eXtreme Scale をベースにクラスターで仮想システム・パターンを使用して作成するキャッシュ・サービス、そして同じく WebSphere eXtreme Scale をベースに仮想システム・パターンとコア OS イメージを使用して作成するキャッシュ・サービスです。
記事 2014/10/02
Virtual Pattern Kit for Developers v2 利用ガイド
2014年8月末PureApplication Software v2.0 がリリースされ、PureApplication Systemおよび PureApplication Service on Softlayerでは新たなパターン・デプロイメント・エンジンが利用可能になりました。Virtual Pattern Kit for Developers v2.0 を利用して、 開発・評価のために、この新たなパターン・デプロイメント・エンジンをお客様自身のvSphere/ESX環境で試していただくことが可能です。当ガイドは Virtual Pattern Kit for Developers v2.0 の導入・構築方法をご説明します。
記事 2014/9/24
WAS 小ワザ集: 第34回:WARファイルのライブラリJARからファイルやJSPの読み込みを抑止する
「WebSphere Application Server 小ワザ集」では WebSphere Application Serverを導入・構築・運用管理する上で便利な機能やツール、コマンドなどをご紹介します。WebSphere Application Serverをもっと使いやすくするためのヒントとしてご活用ください。
記事 2014/9/08
ODM アプリケーション・デザイン・ガイド
本書は、IBM Decision Server Rule Designer (以下Rule Designer) V8.5.1で開発し、IBM Operational Decision Manager (以下ODM) V8.5.1で稼働させるルール・アプリケーションの開発指針および開発標準について記述します。
記事 2014/8/29
IBM Bluemix MQ Light サービスを利用して複数のアプリケーションを統合する
IBM Bluemix をベースにした新しいメッセージ・サービスである MQ Light を使用して、Web アプリケーションまたはモバイル・アプリケーションを作成してください。キューを使用して個々の受信者に単一のメッセージを送信するためのキューイング・サービスとして MQ Light を使用することも、複数の受信者に通知を送信するためのパブリッシュ/サブスクライブ・ブローカーとして MQ Light を使用することもできます。
記事 2014/8/28
IBM Integration Bus (IIB) 小ワザ集: Mappingノードを使ってメッセージを分割する方法
「IBM Integration Bus 小ワザ集」では IBM Integration Busの構築・開発・運用管理する際の便利な機能やツール、コマンドなどをコンパクトな記事で紹介していきます。
記事 2014/8/28
IBM Integration Bus (IIB) 小ワザ集: メッセージ・フローのボトルネックを特定する方法
「IBM Integration Bus 小ワザ集」では IBM Integration Busの構築・開発・運用管理する際の便利な機能やツール、コマンドなどをコンパクトな記事で紹介していきます。
記事 2014/8/28
Worklight Platformセミナー資料
7月28日に開催された「モバイル・アプリの効果的な開発と配置を実現 Worklight Platform セミナー」の資料です。
記事 2014/8/26
IBM MessageSight v1.1 構成運用機能検証
IBM MessageSightの構成・運用に関する機能のうち、HA構成/監視/バックアップ・リストアの検証結果について情報を提供します。
記事 2014/8/22
Worklight Foundation 国際化対応ガイド
本ガイドでは、多言語対応のモバイル・アプリケーション(国際化対応アプリ)の開発において、Worklightのハイブリッド・アプリで利用できる機能とその使い方を説明します。
記事 2014/8/14
WebSphere Application Server V8.5 導入ガイド
WebSphere Application Server V8.5では、シングルサーバー構成用のBaseエディションと、複数サーバー構成用のNetowork Deploymentエディションが提供されています。当ガイドでは、WAS V8.5をインストールする手順について、実際のインストール作業の画面イメージを使ってご紹介します。
記事 2014/8/13
PureApplicationで考える クラウド時代のシステム構築ワークショップ
2014年7月9日に開催された「PureApplicationで考えるクラウド時代のシステム構築ワークショップ」の資料です。
記事 2014/8/13
IBM Integration Bus (IIB) 小ワザ集: ログの出力言語を変更する方法
「IBM Integration Bus 小ワザ集」では IBM Integration Busの構築・開発・運用管理する際の便利な機能やツール、コマンドなどをコンパクトな記事で紹介していきます。
記事 2014/7/31
IBM Integration Bus (IIB) 小ワザ集: 実行グループ内JVMのGC状況を確認する方法
「IBM Integration Bus 小ワザ集」では IBM Integration Busの構築・開発・運用管理する際の便利な機能やツール、コマンドなどをコンパクトな記事で紹介していきます。
記事 2014/7/31
よく聞かれるIBM ODM(BRMS機能)10のこと
IBM ODMの紹介の際によく聞かれる10のことをまとめてみました。
記事 2014/7/31
Node.js アプリケーションで IBM Bluemix の Data Cache サービスを利用する
この記事では、Node.js アプリケーションでの IBM Bluemix Data Cache サービスの使用方法を説明するとともに、Bluemix 上にホストされる他の Node.js アプリケーションで拡張して使用することができるクライアント・ライブラリーを提供します。
記事 2014/7/31
Worklightを使用する: 第 3 回 MQTT プロトコルを使用して ToDo アプリを拡張する
IBM Worklight プラットフォームを紹介するこの連載では、多種多様な IBM ソフトウェア製品を利用してモバイル・アプリを作成する方法を説明します。この第 3 回では、ToDo Worklight サンプル・アプリを機能強化する手段として、MQTT プロトコルを使ってアプリ・ユーザー間で項目を共有できるようにする方法を説明します。
記事 2014/7/29
IBM PureApplication System の導入シナリオ
IBM PureApplication System を使用するすべてのユーザーと組織の成功を支援する目的で作成された、このロール・ベースでタスク・ベースの総合ガイドブックをダウンロードしてください。このガイドブックは、目的別の作業についての Stories (説明)、Use cases (使用ケース)、Tasks (タスク) で構成されており、PureApplication System を使用して、予想通り確実に目的を果たすために必要な情報は、ある 1 つの出発点から見つけることができます。
記事 2014/7/24
IBM PureApplication System のバックアップとリストア: 第 3 回 ワークロードのバックアップ
IBM PureApplication System は一体化されたクラウド・コンピューティング・システムであり、クラウド内でワークロードをデプロイして実行するためのハードウェアとソフトウェアが統合されています。他のシステムと同様、管理者は PureApplication System とそのワークロードの最新のバックアップ一式を保守する必要があります。PureApplication System のシステム・バックアップ機能でシステムの構成を取り込むことはできますが、クラウド・コンポーネントやワークロード・コンポーネント、データ・コンポーネントをより細かい粒度で再作成またはリストアする必要がある場合には、他のバックアップ手法が必要です。この記事では、ワークロード・コンポーネントをバックアップする方法について説明するとともに、パターンに構成を追加して、それぞれのパターン・インスタンスにアプリケーション・データをバックアップさせる方法についても説明します。
記事 2014/7/24
IBM Image Construction and Composition Tool(ICCT)利用ガイド for IBM PureApplication System
IBM PureApplication System (PureApp)には、IBM Image Construction and Composition Tool(ICCT)と呼ばれる、仮想イメージのカスタマイズを行うツールが提供されています。PureApp V1.1より、ICCTを用いることでWindows系OSイメージを作成し、PureApp上でWindows系OSを利用することが可能です。 当資料では、ICCTの製品概要および導入手順、およびWindows系OSイメージの作成手順について解説します。
記事 2014/7/17
IBM PureApplication Systemの仮想アプリケーション・パターンを利用して、運用コストを削減する: (Part6)
第6回の今回は、連載第5回に引き続き、「外部ツールとの連携」をテーマに、今までのサンプルを機能拡充しつつ、VAPの運用操作を外部ツールから呼び出す方法を解説します。 運用をメニュー化することにより、利用者は複雑な運用を容易に行うことが可能です。しかし、利用者によっては特定の運用操作をWebブラウザからではなく、VAP外部のアプリケーションや自動化を支援するツール(本記事では総称して「外部ツール」と呼びます)から実行したいケースも考えられます。これらのケースを充足することで、利用者の目的に合わせてより適切なソリューションとして提供できるとともに、運用操作の自動化により日々の運用負荷を更に削減できます。
記事 2014/7/16

1 - 1223 件のうちの 100 件 | 次へ 概要の表示 | 概要の非表示 検索結果に登録(RSS)