技術文書一覧

  • spacer 製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

    (0 製品)

    (82 トピック)

    (4 インダストリー)

    (4 種類)

クラウド・プラットフォーム IBM Bluemixで次のアプリを開発しましょう。

 

1 - 1091 件のうちの 100 件 | 次へ 概要の表示 | 概要の非表示 検索結果に登録(RSS)

結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 down
Bluemix と Node.js を使用してユーザー向け OpenWhisk アプリケーションを作成する
OpenWhisk を使ってユーザー向けアプリケーションを作成するにはどのようにするのかを学んでください。このチュートリアルでは、単純なアプリケーションを通して OpenWhisk の基本をおさえます。チュートリアルで説明する手順に従って、このサンプル・アプリケーションを作成し、Cloudant データベースを統合して拡張することができます。さらに、小さな Node.js スタブを使うことで、これをユーザー向けのアプリケーションに仕上げます。
記事 2016/11/10
RESTful API の文書化と定義に Swagger を使用する
Swagger は RESTful API のドキュメントを生成するために役立ちますが、出力されたドキュメントに、必要な詳細やフィーチャーのすべてが含まれるとは限りません。カスタマイズした拡張機能、ツール、およびテンプレートを使用して、Swagger のネイティブ機能を拡張する方法を学んでください。
記事 2016/10/20
D3 および Angular を使用したカスタム・データ視覚化
D3.js ライブラリーを使用してカスタム・データ視覚化を作成し、作成した視覚化を AngularJS アプリに統合します。
チュートリアル 2016/8/25
Elasticsearch を Java アプリケーションの中で使用する
使いやすい REST API と、クラスターの自動スケーリングを組み合わせた Elasticsearch は、全文検索の分野を席巻しています。Elasticsearch をコマンド・シェルから、そして Java アプリケーション内から使用する方法について、この実践的な入門チュートリアルで学んでください。
記事 2016/7/07
多忙な Java 開発者のための Sails.js ガイド: モデルとブループリント
Sails.js でのモデルは JavaScript オブジェクトによって表現されます。これらのオブジェクトは、リレーショナル・データベースやドキュメント指向データベースを含め、あらゆるタイプのデータ・ストアに保管することができます。このチュートリアルでは、Sails.js で初めてのモデルを開発し、データ駆動型アプリケーションにおなじみの機能である、作成、読み取り、更新、削除といった機能の組み込みサポートを提供する Sails のブループリントを導入します。
記事 2016/6/30
次世代の JavaScript モジュールを利用するために jspm を使用する
jspm は、JavaScript によるクライアント・サイドの依存関係管理において、新しい境地を切り開くフレームワークです。このチュートリアルでは、jspm を使用することで、どのようにして次世代の JavaScript (ECMAScript 6) 言語の機能を今から利用することができるか、さらには jspm が npm や GitHub などのレジストリーを利用することで、どのようにしてモジュールを自動的に解決するかを説明し、jspm に組み込まれていて付加価値をもたらすツールについても見て行きます。
記事 2016/6/23
Docker: 今どきの開発者への朗報
Docker を使用することで、より生産的にコーディングを行い、より効率的にスキルを高めてください。コンテナー化されたアプリケーションを扱うことで、開発環境を整えて、依存関係の競合を取り除き、開発および学習にかかる時間を削減してください。
記事 2016/4/28
Linux の 101 試験対策: パーティションおよびファイルシステムの作成
ディスク・ドライブにパーティションを作成する方法、そしてパーティションをフォーマットして、Linux システムでスワップ領域またはデータ領域として使用する方法を学んでください。Linux Professional Institute の LPIC-1: Linux Server Professional Certification 101 試験に備えて勉強するためや、単にパーティションと Linux ファイルシステムについて学んで自分で使用するために、このチュートリアルの内容を利用してください。
記事 2016/4/21
まさにお買い得な developerWorks Premium でクラウド・プロジェクトを活性化してください
この新しい developerWorks Premium メンバーシップ・プログラムに多少の投資をするだけで、時間と (もちろん) お金の点で、非常に大きなメリットを得ることができます。具体的には、クラウド・プロジェクトをサポートする強力なツールを利用できることや、スキルを構築するのに役立つ学習リソースの宝庫にアクセスすること、業界でネットワークを広げて強化できるイベントの割引を受けること、認定試験を無料で受けられること、その他さまざまなものが挙げられます。
記事 2016/3/31
Java 開発者、Web 開発者、およびオープンソース開発者のための developerWorks Premium
developerWorks に最近デビューした developerWorks Premium 開発者メンバーシップ・プログラムは、皆さんの関心領域や専門家レベルがどうであろうとも、すべての開発者に対し、価値あるものを多少なりとも提供します。広範にわたる Safari デジタル・ライブラリー、カンファレンスの再生動画と割引、そして皆さんが選択するその他の特典を念頭におけば、developerWorks Premium がその価格に見合ったものであることが確信されます。
記事 2016/3/17
IoT デバイスから GPS データを取得して使用する PHP アプリを作成する
IoT アプリを作成しようとする PHP 開発者にとって、作業に取り掛かるのは困難な場合があります。このチュートリアルでは、ネットワーク接続されたデバイスから Internet of Things Foundation サービスに送信される位置情報データをサブスクライブする IBM Bluemix IoT アプリを、PHP を使用して作成するプロセスをステップバイステップで紹介することで、読者の皆さんが作業に取り掛かる手助けをします。このアプリは、Google Maps API を使用することで、その位置情報データを地図の画像に反映させます。
記事 2016/3/10
マイクロサービスの実際: 第 2 回 コンテナーとマイクロサービス ― 理想的なペア
この記事では、Linux コンテナーが、ソフトウェア開発に革命をもたらすとともに、マイクロサービスを強力なものにすることで、業界全体をマイクロサービスへシフトさせている状況を説明します。また、マイクロサービスを正常に導入する上で欠かせない要件と、コンテナー・ベースのインフラストラクチャーではそれらの要件をより簡単に満たせることについても説明します。
記事 2016/2/04
Play を使った Web アプリケーション開発: 第 1 回: Play Framework と Scala でユーザー認証を管理する
Play Framework アプリケーション用のユーザー管理を実装するために Scala のスキルを活用してください。このチュートリアルでは、認証と承認を扱う基本的な Play アプリケーションを作成する方法を Pablo Pedemonte が説明します。このアプリケーションのコードは、皆さん独自の Play プロジェクトのスターター・コードとして、ユーザー管理機能の開発時間を短縮するために利用することもできます。
記事 2016/1/21
多忙な Java 開発者のための Sails.js ガイド: Sails を使用して基本的な Web アプリを作成してデプロイする
数あるサーバー・サイド JavaScript フレームワークと同じく、Sails.js を使用すれば、従来型の Web アプリケーションを容易に開発できるようになります。Sails は、Rails を画期的なフレームワークにした考え方を一部採用しており、Node.js を利用した Web 開発とモバイル開発に新たなレベルの生産性をもたらします。このシリーズの第 1 回では、Sails を他のフレームワークとは差別化しているものは何であるか、その概要を、Salis の MVC アーキテクチャーに対する革新的アプローチも含めて説明します。また、Salis を使用した開発環境を構築し、基本的な Sails アプリケーションを作成して、そのアプリケーションを IBM Bluemix にデプロイします。
記事 2016/1/07
Linux の 101 試験対策: ブート・マネージャーのインストール
Linux システムのブート・マネージャーを選択する方法、そして選択したブート・マネージャーを構成する方法を学んでください。このチュートリアルの内容は、Linux システム管理者認定用の LPI 101 試験に備えて勉強するために利用することも、楽しんで学習するために利用することもできます。
記事 2015/12/17
Intro.js を使用して JavaScript アプリにインタラクティブなマニュアルを追加する
Intro.js を使用して、すぐに理解できるインタラクティブなユーザー・マニュアルを JavaScript アプリに追加しましょう。アプリのフィーチャーをアプリの UI の中からいまどきの手法でデモする方法をサンプル・ツアーの実装から学んでください。
記事 2015/12/10
LAMP アプリケーションを Bluemix にマイグレーションする
昔ながらの LAMP アプリケーション (Drupal) を IBM Bluemix にマイグレーションする方法を学んでください。
記事 2015/11/12
JVM の並行性: Akka を使って非同期に振舞う
並行プログラミングに対する手法として長きにわたって確立されているアクター・モデルを使用すると、並行性とスケーラビリティーに優れたアプリケーションを簡単に構築できるようになります。この記事でアクター・モデルについて学び、Akka で実装したモデルを Scala または Java で扱うようになってください。
記事 2015/10/22
JVM の並行性: Akka を使ってアクター・アプリケーションを作成する
アクター・アプリケーションには、シングルスレッド・アプリケーションで用いられる線形アプローチとは異なるスタイルのプログラミングが必要です。ツールキットおよびランタイムとして Akka を使用してシステムを構築する方法について、Scala コードのアクターとメッセージという観点でさらに深く探ってください。
記事 2015/10/15
Linux の 101 試験対策: ハード・ディスクのレイアウト
Linux システムにおけるディスク・パーティションの構成を設計する方法を学んでください。Linux Professional Institute LPIC-1: Linux Server Professional Certification 101 試験に備えるためや、自ら活用するために学ぶ上で、このチュートリアルの内容を活用してください。
記事 2015/10/15
大規模なデータ統合: OSLC と Linked Data Platform
今回の記事では、この連載で紹介している概念を、OSLC (Open Services for Lifecycle Collaboration) コミュニティーがコラボレーションによるソフトウェア開発にどのように適用しているかを学んでください。OSLC は、ソフトウェア・ライフサイクル全体を通して、要件追跡ツールと、開発ツール、テスティング・ツールを連動させやすくする目的で、Linked Data とその他のセマンティック Web 標準を使用しています。
記事 2015/10/08
MEAN をマスターする: MEAN スタックのテスト
MEAN スタックのテスティング・インフラストラクチャーを構成する、疎結合の小さなピースについて見て行きましょう。MEAN でも MEAN でなくても、アプリケーションを本番環境へ移行するには、その前に厳格かつ総合的なテスト・スイートに合格しなければなりません。この記事では、(PhantomJS の助けを借りて) Karma、Mocha、Jasmine、istanbul を使用して UGLI アプリケーションをテストする方法を説明します。
記事 2015/10/01
React Native と Advanced Mobile Access を使って iOS 8 用ゲームを作成する
React Native ゲームを作成し、iOS ネイティブ・アプリの中で JavaScript が IBM MobileFirst にどのようにしてアクセスできるかを学んでください。
記事 2015/9/24
React Native: 迅速な iOS 開発の新しい世界へ
iOS 開発用プラットフォームとツール・セットとして最も急成長している React Native を使用して、モバイル開発を迅速に行ってください。React Native を使用すれば、Objective-C や Swift のチュートリアルは脇に置いて、JavaScript で iOS アプリのコーディングを始めることができます。この記事では React Native の概要を紹介し、そのアーキテクチャーと内部動作を説明した後、React Native のプログラミング手法に焦点を当てたサンプル・アプリに取り組みます。
記事 2015/9/24
一新された PHP: Vagrant と PuPHPet を使用して環境を構築する
Vagrant と PuPHPet のおかげで、PHP による開発とデプロイを行うための複数の同一環境を、仮想マシン・テクノロジーを利用して簡単に構築することができます。この 2 つのオープンソース・ツールは、VirtualBox などのデスクトップ仮想化ソフトウェアと連動するので、システム間の違いが原因で生じる明らかなバグを排除しやすくなります。この記事では、PHP エキスパートの Eli White が、Vagrant と PuPHPet をチームに役立てる方法を説明します。
記事 2015/9/03
golang フォト・アーカイブをクラウドにデプロイする
Bluemix 上にホストされる、Go プログラミング言語で作成されたアプリケーションで Object Storage v2 サービスを利用してください。Object Storage v2 サービスが提供するストレージ・ファブリックは、可用性、堅牢性、信頼性、スケーラビリティーが高く、プライベート・クラウドや IBM パブリック・クラウドで利用可能です。
記事 2015/9/03
Meteor を使用したインスタント Web アプリケーション
Web アプリケーション開発プラットフォームとして Meteor を使用すれば、JavaScript 開発者は極めてインタラクティブで応答性に優れたリッチ・クライアント Web アプリケーションを迅速かつ簡単に設計して構築することができます。この記事で、業界標準の JavaScript ライブラリーを利用して、Meteor によるアプリケーションを構築する実践的な経験をしてください。Sing Li が Meteor の真実に迫り、ありきたりではない機能的なサンプル・アプリケーションを通して Meteor の有望さを探ります。編集者注: このチュートリアルは、2013年の初期ベータ版から現在のバージョンである 1.1.x に Meteor フレームワークがバージョンアップされたことによる変更内容を反映するように更新されました。
記事 2015/8/06
Bluemix DevOps Services デリバリー・パイプラインで Maven を使用する
既存の Apache Maven プロジェクトを Bluemix DevOps Services のデリバリー・パイプラインに統合する方法と、Maven プロジェクトを Bluemix DevOps Services プロジェクトとして使用できるようにセットアップする方法を学んでください。
記事 2015/8/06
一新された PHP: Composer による PHP 依存関係の処理
最近の複雑な PHP プロジェクトでは、複数のサード・パーティー・ライブラリーを使用することがよくありますが、これらのライブラリー自体にも依存関係があります。PHP コミュニティーのために PHP で作成された、Composer というオープンソース・プロジェクトが、最新の PHP アプリケーションから依存関係処理の大変な部分をどのように取り除くかを学んでください。
記事 2015/7/30
試してみたくなる Bluemix の 4 つの試験サービス
結合テスト、データ管理、コンテンツ管理、アプリケーションの品質、アプリケーションのインフラストラクチャーといった分野からのセレクションをはじめとし、IBM Bluemix のもうすぐ一般向けになる最新のボイラープレートとサービスを調べてください。
記事 2015/7/09
PowerVC の OpenStack REST API を探る
IBM Power Virtualization Center Express Edition (PowerVC) は、Power Systems の SDE (Software Defined Environment: ソフトウェアで定義された環境) やクラウド・インフラストラクチャーで容易に仮想リソースを作成して管理できるように設計された、IaaS クラウド・ソリューションです。主に OpenStack をベースとする PowerVC には、OpenStack の業界標準アプリケーション・プログラミング・インターフェースが組み込まれています。OpenStack の各コンポーネントの API と、その API が役立つタスクについて学んでください。
記事 2015/6/25
PHP の新しい側面: 一新された PHP: 最新の PHP でのパスワード・セキュリティー
PHP による Web アプリケーションのパスワードをハッカーから守ってください。PHP が Web とともに進化し続ける中、パスワードを安全に保管しなければならない Web アプリケーションが増えてきています。この全 4 回からなる連載「一新された PHP」の第 2 回では、PHP 5.5 で新たに追加されたパスワード処理機能について学んでください。
記事 2015/6/25
Dojo Mobile でグラフィカル KPI ダッシュボード・アプリを作成する
Dojo Mobile を使用すると、モバイル開発に要する時間が大幅に削減されると同時に、よく利用されているモバイル端末で適切に拡大縮小される、直感的かつリッチな画面を作り出すことができます。このチュートリアルでは、Dojo Mobile のチャート作成ライブラリーとゲージ・ライブラリーを使用することで、モバイル KPI アプリを介してビジネス・ユーザーや経営者に組織の主要業績指標を提供する方法を説明します。
記事 2015/6/25
大規模なデータ統合: RDF を使用してデータの Web を作成する
データ統合の標準とテクノロジーに関する、全 5 回からなる連載記事の第 1 回では、Brian Sletten が OSLC (Open Services for Lifecycle Collaboration) と呼ばれる新しい標準一式の基礎となっている RDF (Resource Description Framework) について紹介します。RDF は、World Wide Web Consortium (W3C) のセマンティック Web テクノロジー・スタックの一部として、複数の参加者の間で大々的な事前調整を行うことなく情報の統合を容易に行えるように設計されたものです。
記事 2015/6/11
React: 保守しやすいハイパフォーマンスの UI コンポーネントを作成する
UI ビュー・コンポーネントを作成して組み合わせ、今風の Web UI を構成するという作業を容易にするために、オープンソースの JavaScript ライブラリー React を使い始めてください。このチュートリアルの例に従い、保守しやすく再利用可能な React コンポーネントを作成するために定められたベスト・プラクティスについて学んでください。
記事 2015/6/04
ドメインに特化した企業ディレクトリーに対する OpenStack Keystone によるサポートを構成する
OpenStack は、IaaS (Infrastructure as a Service) プラットフォームを提供するパブリック・クラウドやプライベート・クラウドを構築するためのオープンソース・ソフトウェアです。Keystone は、OpenStack ファミリーのプロジェクトに対し、ユーザーの認証や承認をはじめとする、アイデンティティー・サービスを提供する OpenStack のサブプロジェクトです。この記事では、Keystone で最近リリースされた、ドメインに特化した LDAP および Active Directory のサポートを構成する方法を紹介します。
記事 2015/5/28
PHP のニュー・フェイス: 一新された PHP
PHP はテンプレート言語として使用されていた初期の頃から、目覚ましい進化を遂げています。最近の PHP プログラミングについて取り上げる全 4 回からなる連載の第 1 回では、PHP のエキスパートである Eli White が、PHP 5.3 以降での進化をいくつか取り上げて詳しく説明します。名前空間、トレイト、クロージャー、ジェネレーターなどについて理解してください。
記事 2015/5/28
MEAN をマスターする: OAuth と Passport による認証の管理
連載「MEAN をマスターする」の前回の記事では、Meetup.com の RESTful API を使用して、ミーティング情報が格納された JSON を取り込みました。今回はサンプル・アプリケーションにログイン機能を追加するために、Meetup.com の OAuth サービスを利用します。
記事 2015/5/14
Bluemix の 1 年: アプリのトップ 10
どの Bluemix アプリが dW 編集チームのお気に入りのリストに入ったかをご覧ください。水の節約から、Watson の利用、フィットネスの記録、駐車した車の探索まで、このリストにはあらゆるものが含まれています。
記事 2015/5/14
「モノのインターネット」を使用して節水する: パート 1
3 部構成シリーズのこの最初のチュートリアルでは、Raspberry Pi をベースにした室内用鉢植え植物をモニターするソリューションを低コストで作成する方法を説明します。このソリューションでは、センサー・データの収集とビジュアライゼーション、およびソーシャル・ネットワークへの更新情報の投稿に IBM Bluemix を使用します。
チュートリアル 2015/3/12
「モノのインターネット」を使用して節水する: パート 3
3 部構成シリーズのこの 3 番目のチュートリアルでは、Raspberry Pi をベースにした低コストの植物モニター・ソリューションの作成方法を説明します。この最後のチュートリアルでは、デスクトップ・デバイスおよびモバイル・デバイス用にセンサー・データをビジュアライズする HTML5 アプリケーションを作成します。データを Cloudant データ・ストアから利用可能にするためにオープン・データ API を作成します。
チュートリアル 2015/3/12
「モノのインターネット」を使用して節水する: パート 2
3 部構成シリーズのこの 2 番目のチュートリアルでは、Raspberry Pi をベースにした低コストの植物モニター・ソリューションを作成する方法を説明します。Node-RED アプリケーションを保護し、コードの変更に応じた Bluemix への自動デプロイメントをセットアップします。
チュートリアル 2015/3/12
Arduino Uno と IBM IoT Foundation を利用してクラウド対応の温度センサーを作成する: 第 3 回 Node-RED を使ってカスタム・アプリケーションを作成する
このチュートリアルは、Arduino Uno と IBM Internet of Things (IoT) Foundation を利用してクラウド対応の温度センサーを作成する、全 4 回からなるシリーズの第 3 回です。今回は、組織と機器を IBM IoT Foundation に登録します。続いて、Arduino 回路と第 2 回で作成したスケッチから MQTT プロトコルを利用して送られてくる温度および湿度データを取得して Mongo データベースに保管する単純なアプリケーションを、Node-RED を使用して作成します。また、Node-RED のフローとして、データベースに対してクエリーを実行する Web サービスを実装するフローを作成します。
チュートリアル 2015/3/12
MEAN をマスターする: MEAN と Meetup.com、Microdata との融合
連載「MEAN をマスターする」の第 4 回では、MEAN アプリケーションに Meetup.com の RESTful API を統合します。そのための作業の過程では、HTML に若干の Microdata を追加してセマンティクスの観点でマークアップすることにより、Web ページを検索エンジンで今より扱いやすくなるようにします。
チュートリアル 2015/1/15
developerWorks の最前線から: 2014 年のオープン・テクノロジー関連のベスト・コンテンツ
developerWorks では、サイトの開設 15 周年をお祝いしていますが、技術に関する全体的な様相が、今年ほど刺激的または複雑だったことはありません。数え切れないほどの製品、プロジェクト、テクニックがあるなかで、余計な情報は省いて、現在ホットなものを概観します。
記事 2014/12/25
Bluemix 上で稼動する Web アプリケーション開発方法 - Node.js 編
IBM Bluemix とは、Web アプリケーションやモバイル・アプリケーションを構築、提供、管理するためのオープン・スタンダードをベースとした PaaS (Platform as a Service) 環境です。IBM Bluemix では幅広いプログラミング言語やフレームワークを使用することができ、Node.js もそのひとつです。 当記事では IBM Bluemix の Node.js 実行環境を使用した、Web アプリケーション開発の流れをステップ・バイ・ステップで解説します。もし Node.js に触れたことがあり、まだ IBM Bluemix を体験したことがない場合は、ぜひ無料のトライアル・アカウントを取得して試してみてください。
チュートリアル 2014/12/11
MEAN をマスターする: MEAN とレスポンシブ Web デザインを適用した UGLI CRUD
連載の著者である Scott Davis が UGLI (User Group List and Integration) アプリケーションという、ユーザー・グループ管理支援ソフトウェアを紹介します。MEAN スタックの基本的な CRUD (Create、Read、Update、Delete) 機能を探るとともに、Bootstrap フレームワークのレスポンシブ Web デザイン機能の概要を学んでください。
チュートリアル 2014/11/27
Arduino Uno と IBM IoT Foundation を利用してクラウド対応の温度センサーを作成する: 第 1 回 回路を組み立てて環境を構築する
このチュートリアル (全 4 回からなるシリーズの第 1 回) では、Arduino マイクロコントローラーを紹介するとともに、自宅の機器が正常に動作するよう管理するという問題を解決するために、著者がこの Arduino をどのように利用したかを説明します。また、Arduino のハードウェア・アドオンを紹介し、これらのアドオンを接続する方法、ハードウェアをテストするためのプログラムをロードする方法を説明します。
チュートリアル 2014/11/27
Arduino Uno と IBM IoT Foundation を利用してクラウド対応の温度センサーを作成する: 第 2 回 スケッチを作成して IBM IoT Foundation Quickstart に接続する
このチュートリアル (全 4 回からなるシリーズの第 2 回) では、IoT (Internet of Things) 用に設計された MQTT (旧称 Message Queueing Telemetry Transport) というプロトコルを紹介し、MQTT を Arduino に実装する方法を説明します。ローカルで MQTT をテストして問題をデバッグするためのツールと手法を学ぶとともに、カスタム・データのグラフ化に対応する IBM Internet of Things Foundation Quickstart に接続する Arduino スケッチを作成してください。
チュートリアル 2014/11/27
Arduino Uno と IBM IoT Foundation を利用してクラウド対応の温度センサーを作成する: 第 4 回 クエリー用 GUI の Web ページをデプロイする
このチュートリアルは、Arduino Uno と IBM Internet of Things (IoT) Foundation を利用してクラウド対応の温度センサーを作成する、全 4 回からなるシリーズの最終回です。今回は、IBM Bluemix 上で温度および湿度データをグラフ化するための簡単な GUI の Web ページを Nginx にデプロイすることで、すべてが盛り込まれた例を完成させるとともに、CORS を有効にするために Node-RED の構成に変更を加える方法についても見ていきます。
チュートリアル 2014/11/27
JVM の並行性: Scala での非同期イベント処理
Scala の Future クラスと Promise クラスは、イベントを編成して順序付けるノンブロッキング手法を含め、非同期処理を扱う強力な手段を提供します。しかも Scala では、マクロとして実装された async / await 構成体によって、ノンブロッキング型のイベント処理をより簡単に作成することができます。このチュートリアルでは、Future と Promise を使用する基本手法の実際を紹介した後、async / await を利用して、単純なブロッキング型のように見えるコードをノンブロッキング方式で実行されるように変換する方法をデモンストレーションします。
チュートリアル 2014/11/20
MEAN をマスターする: MEAN アプリケーションについて探る
連載「MEAN をマスターする」の最初のチュートリアルでは、Yeoman ジェネレーターを使用して、MEAN アプリケーションを立ち上げました。今回は、このアプリケーションについて探るツアーとして、アプリケーションで受信される初の HTTP リクエストをサーバー・サイド (Node.js および Express) からクライアント・サイド (AngularJS) まで追跡します。
チュートリアル 2014/11/20
MEAN をマスターする: MEAN スタックの紹介
Web 開発のエキスパートである Scott Davis による、この全 6 回からなる連載では、MongoDB、Express、AngularJS、および Node.js を使用した前衛的な方法で Web アプリケーションを作成します。連載第 1 回目となる今回のチュートリアルでは、基本的な MEAN アプリケーションを作成する方法に関するデモ、サンプル・コード、そしてその完全な手順を紹介します。また、新しい MEAN アプリケーションを迅速かつ簡単に立ち上げるために使用できる Yeoman ジェネレーターについても説明します。
チュートリアル 2014/11/13
SoftLayer 上で Open edX によるオンライン・ラーニング・プラットフォームを構築する
この記事では、SoftLayer 環境において、Open edX プラットフォームを迅速かつ容易にインストールしてセットアップする方法を紹介します。また、環境の構成を開始して、Open edX を使用するための準備をする方法も紹介します。
記事 2014/10/09
Software Defined Networking を使用して IaaS を最適化する
この記事では IaaS (Infrastructure as a Service) を、相互運用性、ユーザーとプロバイダーの期待値マネジメント、開発者と管理者の要件、効果的なリスク軽減といった点で強化および最適化する手法としての SDN (Software Defined Networking) ソフトウェア抽象化層を介したネットワーク管理手法 について探ります。
記事 2014/9/18
Node.js および MongoDB を使用して単純な通知サービスを作成する
開発グループ間で異種のツールを数多く使用する必要があるならば、イベントの作成、イベントに対するシグナリング、イベントへの登録をするための通知サービスを試しに使ってみてください。このサービスについては、この記事で順を追って説明します。
記事 2014/8/21
Node.js、Express、AngularJS、および MongoDB を使用してリアルタイム・アンケート・アプリケーションを作成する
アンケートの回答が送られてくるとリアルタイムで結果が更新されるアンケート・アプリケーションを作成してください。私が作成したアプリは、すべてに JavaScript を使用した単純なアーキテクチャーをしています。バックエンドには Node.js と Express が使用され、アプリのデータは MongoDB に格納されます。フロントエンドのユーザー・インターフェースには AngularJS と Bootstrap が使用され、アンケートに回答するとリアルタイムでクライアントが更新されるように WebSocket も使用されています。
記事 2014/7/24
Python、SciKit、およびテキスト分類を利用して行動プロファイルを作成する
顧客がこれまで購入した商品に関する説明のテキスト属性に基づいて、顧客の行動プロファイル・モデルを作成する方法を学んでください。SciKit は、モデルの作成と評価をするための強力な Python ベースの機械学習パッケージです。この SciKit を利用して、モデルを作成し、シミュレートした顧客の商品購入履歴にそのモデルを適用する方法を学んでください。この記事のサンプル・シナリオでは、各顧客が購入する特定の商品とそれに対応するテキストの商品説明を基に、個々の顧客に音楽リスナーのプロファイルを割り当てるモデルを作成します。
記事 2014/7/17
Java.next: Clojure での並行処理
すべての Java.next 言語のなかで、Clojure は並行処理に関して最も急進的な手法を採用しています。この記事では、Epochal Time Model、ソフトウェア・トランザクション・メモリーをはじめとする、Clojure の並行処理に関するさまざまな側面のうちのいくつかを取り上げて、詳細を探ります。
記事 2014/6/19
OpenStack プライベート・クラウド用の Linux イメージと Windows イメージを作成する
この記事では、OpenStack クラウド・オペレーティング・システムを使用して構築されたプライベート・クラウド用に、Linux イメージと Windows イメージを作成する新しい方法を提案します。OpenStack 環境用のイメージを作成するために現在採られている方法は、面倒で時間がかかります。そこで著者たちは、プライベート・クラウドのオペレーターとエンド・ユーザーが今までよりも迅速かつ容易にイメージを作成するためのオンラインのセルフサービス方式を提案します。
記事 2014/5/22
Zend Framework 2 を使って Web アプリケーションのセキュリティーを強化する
Web アプリケーションは、SQL インジェクション、XSS、CSRF、スパム、総当たりパスワードによるハッキングを含め、各方面からの攻撃を受けやすいものですが、Zend Framework 2 に用意されているセキュリティー関連のコンポーネントを使用すれば、PHP Web アプリケーションを一般的な攻撃の大多数から簡単に守ることができます。この記事では、これらのコンポーネントを使用して、フォーム入力の検証、ボットによるフォーム送信の除外、コメント・スパムの拒否、そして通常とは異なるイベントのロギングなどを行うことで、アプリケーションをよりセキュアにする方法を説明します。
記事 2014/5/08
WebGL による 3D 開発: 第 2 回 WebGL ライブラリーを利用して、簡潔なコードに機能を凝縮する
JavaScript 開発者は WebGL API を使用することで、最近の PC やモバイル端末のハードウェアに組み込まれている強力な 3D グラフィックス・アクセラレーション機能を直接利用することができます。WebGL は最近のブラウザーではほとんどサポートされており、これを使用することで、一般 Web ユーザー向けにハイパフォーマンスの 3D ゲーム、アプリケーション、そして 3D で拡張した UI を作成することができます。この記事は、WebGL に初めて取り組む JavaScript 開発者を対象とした全 3 回からなる連載の第 2 回です。今回は、著者の Sing Li が、WebGL API に直接コーディングするよりも遥かに効率的な 3D 開発を可能にする 2 つのライブラリーを紹介します。
記事 2014/4/24
Zend Framework とともに Doctrine を使用する
Doctrine は PHP アプリケーションを開発するための ORM (オブジェクト・リレーショナル・マッピング) ツールです。若干の構成作業を行うことで、Zend Framework に Doctrine を組み合わせることができ、Doctrine のエンティティーを使用して簡単にアプリケーションのデータを操作できるようになります。この記事では、Doctrine 2.3 を Zend Framework 1.x または 2.x によるアプリケーションと統合するプロセスについて説明します。
記事 2014/3/20
Twitter Storm でビッグ・データをリアルタイムに処理する
Storm は、オープンソースのビッグ・データ処理システムです。Storm はリアルタイム分散処理を対象としている点、そして言語に依存しないという点で、他のビッグ・データ処理システムとは異なります。Twitter の Storm とそのアーキテクチャー、そしてさまざまなバッチ処理ソリューションおよびストリーム・プロセッシング・ソリューションについて学んでください。
記事 2014/3/13
独自のブラウザー拡張機能を作成する: 第 1 回、Chrome を拡張する
どのブラウザーにも、それぞれに固有の長所と短所があり、支持する人もいれば、批判する人もいます。そのなかで、すべてのブラウザーに共通して言えることは、人々がブラウザーで費やす時間がますます増えているということです。 この連載では、Chrome、Firefox、および Safari を対象に、共通のベーシックな拡張機能を作成する方法を検討します。それによって、それぞれのブラウザーを拡張する作業とはどのようなものなのか、また共通する作業の難易度はどの程度なのか、さらには拡張機能を配布する方法とはどのようなものなのかを説明します。今回の記事では、Chrome の拡張機能を作成します。
記事 2014/3/13
サーバー・クラスター対応の Java アプリケーションを構築する
極めてスケーラブルな Java エンタープライズ・アプリケーションを開発する場合、サーバーをクラスタリングするのが当たり前のことになってきています。けれども今のところ、Java EE ではアプリケーション・レベルでサーバー・クラスターに対応できるようにはなっていません。この記事では、分散型エンタープライズ Java アプリケーションにおいて、サーバー・グループのコーディネーションをするために、Apache ZooKeeper と LinkedIn の Norbert という 2 つのオープンソース・プロジェクトを利用する方法を Mukul Gupta と Paresh Paladiya が紹介します。
記事 2014/2/20
Hadoop のための Oozie ワークフロー・スケジューラー
ビッグ・データがそのままの形式で、Hadoop を使用してデータ処理タスクを実行する開発者のデータ要件を満たすことは、ほぼありません。実際にデータ処理を行うジョブを開始する前に、さまざまな ETL (Extract/Transform/Load: 抽出/加工/書き込み) や前処理が必要になるのが一般的です。このプロセスを自動化したり、これらの作業を時間が経過した後でも新しいコードやステップを作成せずに再利用できる、繰り返し実行可能な単位およびワークフローへと体系化したりするのに役立つのが、Oozie フレームワークです。この記事では、Oozie を使用してさまざまなタイプのワークフローを作成する方法について説明します。
記事 2014/2/13
OpenStack について学ぶ: アーキテクチャー、機能、相互作用
OpenStack は、IBM をはじめ、業界をリードする企業が推進している人気の高いオープンソース・クラウド・コンピューティング・プロジェクトです。OpenStack について概説するこの記事では、OpenStack の全体的なアーキテクチャー、個々のモジュールの機能、そしてモジュール間の相互作用を紹介します。OpenStack の各種コンポーネントについては、連載の他の記事で詳しく説明します。
記事 2014/2/06
OpenStack について学ぶ: ストレージ関連コンポーネントの Swift と Cinder
この記事では、OpenStack のブロック・ストレージ (Swift) プロジェクトとオブジェクト・ストレージ (Glance) プロジェクトを紹介し、OpenStack のアーキテクチャー全体の中でこの 2つのプロジェクトがどのような位置を占めており、どのような機能を実現するのかを説明します。また、これらのコンポーネントをインストール、構成、使用する上での要件についても説明します。
記事 2014/2/06
Selenium と Cucumber を使用した自動テスト
シンプルなフィーチャー (feature) ファイルにテストを記述し、ブラウザーでスイッチを切り替えてこのテストを実行する方法を習得することにより、Selenium と Cucumber を使用したテストを自動化する作業を楽なものにしてください。この記事は、Selenium と Cucumber を使用したテスト自動化フレームワークのセットアップ、シングル・ページ Web アプリケーション用のテスト・スイートの作成、そして Selenium Grid による複数の Web/モバイル・ブラウザーでのテストを行うための実践的な入門ガイドです。
記事 2014/1/23
Ruby を使用して Web から情報を抽出する
この記事では、構造化された情報を Web から抽出するための最新の方法について探っていきます。著者である M. Tim Jones が Ruby スクリプトの例を使用して、スクレイピング技術について説明するとともに、目的のデータを取得するために Web API を使用する方法について説明します。
記事 2014/1/23
レコメンダー・システム: 第 2 回 オープンソース・エンジンの紹介
この連載の第 1 回では、レコメンデーション・エンジンを構築するための基本的な手法とアルゴリズムについて紹介しました。連載を締めくくる今回は、レコメンダー・システムを構築するためのオープンソースのソリューションをいくつか紹介するとともに、2 つのオープンソース・ソリューションを実際に使用する方法を説明します。また、単純なクラスタリング・アプリケーションを Ruby で作成し、そのアプリケーションをサンプル・データに適用する方法についても説明します。
記事 2014/1/16
レコメンダー・システム: 第 1 回 手法とアルゴリズムの紹介
大規模な商用 Web サイトやソーシャル Web サイトでは、そのほとんどがユーザーに対して、おすすめの商品を紹介してくれたり、おすすめのユーザーを紹介してつながれるようにしてくれたりします。レコメンデーション・エンジンは膨大なデータを分類し、ユーザーの気に入りそうなものを特定します。この記事では全 2 回からなる連載の第 1 回として、レコメンダー・システムの基礎となる概念を説明し、レコメンダー・システムを駆動するアルゴリズムについて紹介します。第 2 回では、利用可能なオープンソースのレコメンデーション・エンジンについて説明します。
記事 2014/1/16
PHP アプリケーションと Instagram の統合: 第 2 回
Instagram は、ユーザーがスマートフォンで写真を撮って、その写真を Web を介して他のユーザーと共有できる、人気の高い写真共有サービスです。アプリケーション開発者は Instagram REST API を使用して、これらの写真を検索し、写真とそれに関連付けられているコメントや「いいね!」の情報を取得することができます。この全 2 回からなる記事では Instagram API を紹介するとともに、Instagram のユーザーが生成した豊富なコンテンツのリポジトリーを利用して革新的な Web アプリケーションを作成するために、この API を PHP で使用する方法を説明します。
記事 2013/12/19
Eclipse Orion の紹介: クラウドの中でクラウドに対応
Eclipse Orion プロジェクトの目標は、Web の中で Web を対象に開発することのみに焦点を合わせた、ブラウザー・ベースでオープンソースのツール統合プラットフォームを作成することです。Orion のツールは JavaScript で作成されており、ブラウザー内で実行されます。また、Orion のコンポーネントは個別に利用することもできます。この記事では Orion の概要を紹介するとともに、Orion のツールを理解する上で役立つリソースと解説を提供します。
記事 2013/12/12
PHP の学習: 第 3 回 認証、オブジェクト、例外、ストリーム処理
このチュートリアルは、単純なワークフロー・アプリケーションの構築プロセスを通して PHP の使用方法を説明する 3 部構成のシリーズ「PHP の学習」の第 3 回です。今回のチュートリアルでは、HTTP 認証の使用方法、ファイルをストリーム処理する方法、そしてオブジェクトと例外の作成方法を学びます。
記事 2013/12/12
スケーラブルなクラウド・ソフトウェアの開発を Apache Thrift で単純化する
Apache Thrift は、スケーラブルなサービスをさまざまなプログラミング言語で開発できるフレームワークであり、クラウド環境内のさまざまなコンポーネント間のやりとりを明確に規定することができます。この記事では、Thrift に関連する概念 (複数のプログラミング言語の場合のリモート・プロシージャー・コールに対するインターフェース定義) について紹介した後、複数のプログラミング言語が使用されているクライアント・サーバー・アプリケーションで Thrift を使用する例について説明します。
記事 2013/12/12
Apache Lucene および Solr 4 による次世代の検索とアナリティクス
Apache Lucene と Solr は、組織が簡単かつ劇的にデータ・アクセス能力を高めることを可能にする、極めて能力の高いオープンソースの検索テクノロジーです。Lucene および Solr のバージョン 4.x では、データ駆動型アプリケーションに、今まで以上に簡単にスケーラブルな検索機能を追加できるようになっています。この記事では、Lucene と Solr のコミッターである Grant Ingersoll が、関連度、分散検索、ファセット処理に関係する、最新の Lucene と Solr の機能を紹介します。高速かつ効率的でスケーラブルな次世代のデータ駆動型アプリケーションを構築するために、これらの機能を利用する方法を学んでください。
記事 2013/12/05
PHP の学習: 第 2 回 ファイルをアップロードし、ファイルの情報を XML または JSON 形式で保管し、表示する
このチュートリアルは、単純なワークフロー・アプリケーションの構築プロセスを通して PHP の使用方法を説明する 3 部構成のシリーズ「PHP の学習」の第 2 回です。PHP の基礎知識を基に、ブラウザーからファイルをアップロードする方法や、セッションについて、あるいは PHP で XML または JSON を処理する方法について学ぶには、このチュートリアルに従ってください。
記事 2013/11/21
Linux ブートの失敗からのリカバリー
カーネルのアップグレードやディスク・スワップ、あるいはその他のシステム変更が行われた後に Linux コンピューターがブートしなくなったとしても、手の施しようがないわけではありません。GRUB (Grand Unified Bootloader) には、ブート・プロセスを制御してリカバリーするための手段がいくつかあります。あるいは、外部ツールを使って緊急ブート・ディスクを作成しておけば、必要に応じてそのディスクに救いの手を求めることができます。この記事では、問題がある状況下でもブートできるようにするための手順および GRUB コマンドについて説明するとともに、BIOS ベースのシステムの「命を救う」外部ツールを紹介します。
記事 2013/11/21
VoltDB 入門
NoSQL データベースが持つスケーラビリティーを実現するとともに、従来のリレーショナル・データベース・システムが持つ ACID 特性を備えたインメモリー・データベース、VoltDB について学んでください。この記事では、データベース・テーブルを設計してパーティショニングし、Java コードで作成されたストアード・プロシージャーを使用してデータの格納と取得を行う方法を説明します。さらに、VoltDB をベースに作成されたキー・バリュー型ストアである VoltCache についても探ります。
記事 2013/11/14
Java アプリから動的に PDF ファイルを生成する
アプリケーションで PDF 文書を動的に作成する必要がある場合、iText ライブラリーが必要です。オープンソースの iText ライブラリーを使用すると、PDF を簡単に作成することができます。この記事では iText を紹介するとともに、iText を使用して Java アプリケーションから PDF 文書を生成する方法について順を追って説明します。また、iText についての理解を深めるために、サンプル・アプリケーションを作成します。
記事 2013/11/14
Slim マイクロフレームワークで REST アプリケーションを作成する
Slim は、PHP アプリケーションを開発するための機能を完備したオープンソースのマイクロフレームワークです。Slim はその高度な URL ルーターおよびミドルウェア・アーキテクチャーから、静的 Web サイトや API プロトタイピングにとって最適なフレームワークとなっています。この記事では、Slim について詳しく探り、Slim を使用して認証および各種のリクエスト/レスポンス・フォーマットに対応する REST API を迅速に作成してデプロイする方法を説明します。
記事 2013/11/07
DB2のNoSQLによるJSONサポート機能(第2部): コマンドライン・プロセッサーを使用する
アプリケーション環境が急速に変化するなか、さまざまなアプリケーション・レイヤー間でデータを保存・交換するための柔軟なメカニズムが必要となっています。JSON (JavaScript Object Notation)はスキーマ設計のオーバーヘッドを削減し、データ加工を行う必要がないため、モバイル環境をサポートするインタラクティブなアプリケーションの構築のためには不可欠なテクノロジーとなっています。DB2のNoSQLによるJSONサポート機能を活用すると、開発者はMongoDBに基づいて作成したポピュラーなJSONベースのクエリー言語を使用することによって、IBM DB2 for Linux, UNIX, and Windowsに保存されたデータを処理するアプリケーションを作成することができます。ドライバー・ベースの本ソリューションは実績のあるエンタープライズ機能と高い質のサービスを提供するRDBMSと連携し、JSONによるデータの柔軟な表示を実現します。DB2のNoSQLによるJSONサポート機能は、JSON文書を処理するにあたってコマンドライン・プロセッサー、Java API、および通信リスナーをサポートします。本記事では、NoSQLアプリケーションをサポートするためにDB2データベースの設定を行い、独自のアプリケーションを開発することを目的としたNoSQLによるコマンドライン・プロセッサーの基本的な活用方法を確認します。
記事 2013/10/21
DB2のNoSQLによるJSONサポート機能(第4部): IBMによるDB2に対応するNoSQLの通信リスナーを使用する
DB2のNoSQLによるJSONサポート機能を活用すると、開発者はMongoDBに基づいて作成したポピュラーなJSONベースのクエリー言語を使用することによって、IBM DB2 for Linux, UNIX, and Windowsに保存されたデータを処理するアプリケーションを作成することができます。ドライバー・ベースの本ソリューションは実績のあるエンタープライズ機能と高い質のサービスを提供するRDBMSと連携し、JSONによるデータの柔軟な表示を実現します。DB2のNoSQLによるJSONサポート機能は、JSON文書を処理するにあたってコマンドライン・プロセッサー、Java API、および通信リスナーをサポートします。この記事では、IBMによるDB2に対応するNoSQLの通信リスナーについて紹介します。本通信リスナーはMongoDBの通信プロトコルに基づいてメッセージを解析します。そのため、MongoDBのコミュニティーに提供されるさまざまなドライバーを使用し、これらのドライバーを使用する際に身に着けたスキルを活用することによって、DB2をJSONストアとして使用したうえでJSON文書の保存・更新・検索を行うことができます。
記事 2013/10/21
DB2のNoSQLによるJSONサポート機能(第3部): Java APIを使用してアプリケーションを作成する
DB2のNoSQLによるJSONサポート機能を活用すると、開発者はMongoDBに基づいて作成したポピュラーなJSONベースのクエリー言語を使用することによって、IBM DB2 for Linux, UNIX, and Windowsに保存されたデータを処理するアプリケーションを作成することができます。ドライバー・ベースの本ソリューションは実績のあるエンタープライズ機能と高い質のサービスを提供するRDBMSと連携し、JSONによるデータの柔軟な表示を実現します。DB2のNoSQLによるJSONサポート機能は、JSON文書を処理するにあたってコマンドライン・プロセッサー、Java API、および通信リスナーをサポートします。DB2によるJSONサポート機能に基づくJava APIはコマンドライン・プロセッサーと通信リスナーの基盤となる機能を提供し、カスタム・アプリケーションの作成をサポートします。本記事ではサンプルのJavaプログラムに基づいて基本的な使用方法について紹介し、JSON文書の保存と検索を最適化するためのオプションを説明します。
記事 2013/10/21
Java.next: 継承を伴わない拡張、第 3 回
Java.next 言語 ― Groovy、Scala、および Clojure ― では、Java 言語の拡張に関する制約をさまざまな方法で是正しています。連載「Java.next」の今回の記事で取り上げるのは、Groovy のメタプログラミング機構で使用できる驚異的な拡張機能です。
記事 2013/10/03
万人のためのモバイル: 自作の Android アプリに署名を付け、封印し、配布する
Web ロジックではコンテンツが何よりも重要ですが、モバイル・ユーザーにとってはアプリとの対話がすべてを支配します。モバイル・アプリでは、静的な情報によるデザインが行われなくなり、代わりにゲーミフィケーションが採用されるようになっています。今回の記事では、Andrew Glover が Android モバイル開発の紹介を完結するために、前回の記事で紹介したサンプル・アプリケーションの Overheard Word に多岐選択式クイズの機能を追加します。その後、デジタル署名を生成する方法、そして署名付きのアプリを Android 向けの Google Play または Amazon Appstore で公開して宣伝する方法を説明します。
記事 2013/10/03
Spring Redis アプリケーションを開発する
Redis は、キー・バリュー型の NoSQL データストア・ソリューションです。Spring Data Redis は、Java 開発者が下位レベルの Redis API を直接操作することなく、Redis を使用して Spring アプリケーションを構築できるようにするための、Spring ポートフォリオ・プロジェクトです。この記事では Redis について紹介した後、Spring Data Redis API を使用して単純な辞書アプリケーションを構築する方法を説明します。
記事 2013/9/19
Bootstrap を使用した迅速な Web 開発
モバイル対応のものを含め、Web サイトや Web アプリケーションの開発を順調にスタートさせるために Bootstrap を利用する方法を学んでください。LESS プロジェクトをベースにした Bootstrap は、Web アプリケーション UI の一貫したフレームワークを提供することを目的に、Twitter の内部エンジニアたちによって開発されました。
記事 2013/9/12
データの視覚化: 第 2 回 D3 のコンポーネント・レイアウトを使用する
この全 2 回からなる連載記事では、SVG (Scalable Vector Graphics) とオープンソースの D3 JavaScript ライブラリーを使用してデータを視覚化する方法を学びます。ビジネスでデータの大きさを把握する上では、形状、色、レイアウトが大いに役立つ場合があります。今回の記事では、D3 による計算と独自の計算の両方を使用して、キャンバス上にグラフィック・コンポーネントを配置してデータを表現するさまざまな方法を実演します。
記事 2013/9/12
LyX を使用してグラフィカルな方法で LaTeX 文書を作成する
LyX は、お馴染みのドロップダウンによるコンテンツ駆動のメニュー・システムを使用して、LaTeX 文書を作成、編集するためのグラフィカルなツールです。TeX とその上位のマクロ言語である LaTeX は、強力な文書マークアップ言語であり、Linux ユーザーの間ではデファクト・スタンダードとなっています。しかし、これらの言語を初めて使用するとなると、使用可能なマークアップ・タグや、それらのマークアップ・タグを使用できるコンテキスト、さらにはテキスト・エディターとプレビュー用のツールの使い方などを知らなければならないため、扱いにくい言語かもしれません。LyX は、この LaTeX 文書を処理するプロセス全体を単純化します。それは、Linux 上での作業に限ったことではありません。Linux、UNIX、Windows、および Mac OS X システムに LyX をインストールして使用する方法、さらにはカスタマイズする方法を学んでください。
記事 2013/9/12
データ・サイエンスとオープンソース
データ・サイエンスでは、データから価値ある情報を抽出することを目的として、数学とコンピューター・サイエンスを組み合わせます。この記事ではデータ・サイエンスについて紹介し、この急速に成長している分野での優れたオープンソース・ツールを調査します。
記事 2013/9/12
Java.next: 継承を伴わない拡張、第 2 回
Java 言語の拡張メカニズムには意図的な制約があり、Java 言語を拡張する際には主に継承とインターフェースを利用して行わざるを得ません。その一方で、Groovy、Scala、Clojure には、これに代わるもっと多くの拡張手段があります。今回の記事では、Clojure が拡張メカニズムとしてプロトコルを使用する方法を詳しく探ります。
記事 2013/9/05
データの視覚化: 第 1 回 SVG と D3 でブラウジング・メトリクスを視覚化する
この全 2 回からなる連載記事では、SVG (Scalable Vector Graphics) とオープンソースの D3 JavaScript ライブラリーを使用してデータを視覚化する方法を学びます。ビジネスでデータの大きさを把握する上では、形状、色、レイアウトが大いに役立つ場合があります。サンプル・シナリオでは、SVG と D3 を使用して、ソーシャル・メディアのブラウジング・メトリクスから、豊富な情報を伝えるグラフィックを作成する方法を実演します。
記事 2013/8/29
DB2のNoSQLによるJSONサポート機能(第1部): DB2のNoSQLによるJSONサポート機能の概要
DB2のNoSQLによるJSONサポート機能を活用すると、開発者はMongoDBに基づいて作成したポピュラーなJSONベースのクエリー言語を使用することによって、IBM DB2 for Linux, UNIX, and Windowsに保存されたデータを処理するアプリケーションを作成することができます。ドライバー・ベースの本ソリューションは実績のあるエンタープライズ機能と高い質のサービスを提供するRDBMSと連携し、JSONによるデータの柔軟な表示を実現します。DB2のNoSQLによるJSONサポート機能は、JSON文書を処理するにあたってコマンドライン・プロセッサー、Java API、および通信リスナーをサポートします。本記事ではDB2のNoSQLによるJSONサポート機能を提供するテクノロジー・レビューの概要について説明します。
記事 2013/8/27
Sass を使用して CSS 開発を改善する
Sass (Syntactically awesome stylesheets) はメタ言語であり、CSS (cascading stylesheets) プリプロセッサーでもあります。CSS 開発の効率を高め、開発期間を短縮するには、Sass の基礎を理解することがカギとなります。CSS を開発するための Sass の構文は、シンプルで洗練されている上に堅牢であるため、Sass を使用することで扱いやすいスタイルシートを作成することができます。Sass について紹介するこの記事では、Sass を使用して Web サイトのスタイルシートを改善する方法の基礎を学びます。
記事 2013/8/22
LESS を使用して CSS でもっと多くのことを行う
LESS を使用して、理解しやすく保守が可能な CSS (Cascading Style Sheets) を最新の Web サイト向けに作成する方法を学びましょう。テーブルと目に見えない画像を用いてレイアウトのトリックを行っていた、かつてのおぞましい日々は、CSS によっておぼろげな過去の記憶となります。しかし CSS もまだ使いにくいものであるため、いくつかのイニシアチブでは CSS が開発者にとって使い勝手のよいものになるように取り組みました。そうした中で最も優れているのが、変数、ミックスイン、演算、関数などの動的振る舞いによって CSS を拡張できる LESS です。LESS は CSS に似た言語であり、クライアント・サイドで、またはサーバー・サイドのプリプロセスによって、シームレスに CSS にコンパイルすることができます。
記事 2013/8/22
MicroXML の紹介: 第 1 回 MicroXML の基本原則を探る
XML コミュニティーのなかでは、「XML は理解するのも、処理するのも難しい」という XML に対する不満の声が常々聞かれます。XML はさまざまな歴史的理由から、基本的に複雑であるため、この 10 年以上の間に XML を単純化したバージョンがいくつか提案されました。一方で、JSON と HTML5 は XML の最も基本的な考え方の一部を脅かしています。これまでの XML のバージョンと互換性を持ちつつ、XML を単純化した MicroXML は、こうした問題点に関する議論の中から生まれました。現在 MicroXML は、W3C コミュニティー・グループ主導の下で、ドラフト仕様の基本実装が既にいくつか公開されています。全 2 回からなる連載の第 1 回となるこの記事では、MicroXML コミュニティー・グループの共同議長の 1 人である Uche Ogbuji が、MicroXML について、さらには MicroXML と中核的な標準である XML 1.x との技術的な違いについて説明します。
記事 2013/8/09
MicroXML の紹介: 第 2 回 microxml-js を使用して MicroXML の処理を行う
MicroXML は、これまでの XML のバージョンと互換性を持ちつつ、XML を単純化したものです。この全 2 回からなる連載の第 1 回では MicroXML の基本原則について説明しました。MicroXML は単純な文法で設計されており、数多くある最近の汎用構文解析ツールを使用して処理することができます。MicroXML の当初の活動を率いた James Clark 氏は、MicroXML コミュニティーの仕様に対応するパーサーを検討して開発を行った 1 人です。この記事では、Clark 氏が開発した、JavaScript による MicroXML パーサーを使用して、MicroXML フォーマットを試す方法を説明します。
記事 2013/8/08

1 - 1091 件のうちの 100 件 | 次へ 概要の表示 | 概要の非表示 検索結果に登録(RSS)