技術文書一覧

  • spacer 製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

    (0 製品)

    (85 トピック)

    (0 インダストリー)

    (3 種類)

クラウド・プラットフォーム IBM Bluemixで次のアプリを開発しましょう。

 

1 - 35 件のうちの 35 件 概要の表示 | 概要の非表示 検索結果に登録(RSS)

結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 down
Linux パーティションのサイズを変更する: 第 2 回 高度なサイズ変更
Linux システムは、それぞれにサイズが決められた複数のパーティションにインストールされることがよくあります。その一方で、ニーズが変化すると、その変化に応じてパーティションのサイズを変更する必要に迫られることは珍しくありません。Linux にはパーティションのサイズを変更するためのツールがいくつかありますが、パーティションのサイズ変更というタスクを、最初に思ったよりも困難なものにする落とし穴や制約はさまざまにあります。この記事では、パーティション・サイズの高度な変更方法を取り上げ、LVM (Logical Volume Management) 機能の使用方法、トラブルシューティング、そしてパーティションのサイズ変更に代わる手段について説明します。基本的なパーティションのサイズ変更については、この連載の第 1 回で説明しています。
記事 2010/9/01
Linux パーティションのサイズを変更する: 第 1 回 基本編
Linux システムはよく、それぞれにサイズが決まった複数のパーティションにインストールされます。しかし、ニーズの変化に応じてパーティションのサイズを変更する必要に迫られることは珍しくありません。Linux にはパーティションのサイズを変更するためのツールがいくつかありますが、パーティションのサイズ変更というタスクを、当初思ったよりも困難なものにする落とし穴や制約はさまざまにあります。この記事では Linux パーティションのサイズ変更タスクについて、基本的な準備手順から、グラフィカル・ユーザー・インターフェース (GUI) ツールを使用した一般的なサイズ変更シナリオに至るまで説明します。
記事 2010/8/11
4KB セクター・ディスクで Linux を使用する: 実用的なアドバイス
2009年 12月以降、ハード・ディスク・メーカーは通常の 512 バイトのセクターではなく、4096 バイトのセクターを使用するディスクを導入するようになっています。この変化は、オペレーティング・システムのために 4096 バイトの物理セクターを 512 バイト単位の論理セクターに分割するファームウェアによって表面的にはわからなくなっていますが、サイズが大きくなった物理セクターを使用するということは、ディスクのレイアウトやシステムのパフォーマンスに影響をもたらします。この記事ではその影響について、一般的な Linux ファイルシステムに考えられる実際の影響を示すベンチマーク・テストを交えて検討します。2010年以降、4096 バイトのセクターを使用するディスクが普及するにつれ、これらの新しいディスクに対処するためのストラテジーがますます重要になってくるはずです。
記事 2010/4/27
virtio: Linux の I/O 仮想化フレームワーク
Linux カーネルは多様な仮想化方式をサポートしています。このサポートの幅は、仮想化技術の進化、そして新しい仮想化方式の発見 (例えば lguest など) に伴って広がっていくはずです。では、こうした Linux 上で機能する仮想化方式では、どのようにしてベースとなる Linux カーネルを I/O 仮想化に利用しているのでしょうか?その答えは virtio です。すべての仮想化方式で使用されている virtio はハイパーバイザー、そして共通する一連の I/O 仮想化ドライバーを効率的に抽象化してくれます。この記事では virtio を紹介するとともに、近いうちに Linux がハイパーバイザーの選択肢として第一の存在になると思われる理由について説明します。
記事 2010/1/29
Linux でのテスト用にダミーの CIM インジケーションを生成する
CIM (Common Information Model) 標準を使用してハードウェア管理を行う場合、通常はその管理アプリケーションが、ハードウェア・レベルで発生するインジケーションをリッスンして処理する必要があります。開発の際、管理アプリケーションのインジケーション・リスナー・コンポーネントをテストしたいものの、計画されているシステムのハードウェアが利用できない場合には、ダミー・インジケーションが必要です。この記事では、OpenPegasus のソース・コードに同梱されているプロバイダーを使用して、OpenPegasus の CIMOM (Common Information Model Object Manager) 上でダミー・インジケーションを生成する方法を説明します。
記事 2010/1/26
KVM ベースの仮想サーバーを作成する
比較的簡単な 3 つのステップで、完全仮想化機能を使用して Linux KVM ハイパーバイザー・ホスト上に仮想サーバーを作成することができます。KVM (Kernel-based Virtual Machine) は、ハードウェア仮想化拡張機能 (Intel VT-X および AMD-V) と QEMU の修正版をベースとした、Linux 用の無料のオープンソース仮想化ソフトウェアです。
記事 2010/1/19
Linux の仮想化と PCI パススルー
プロセッサーが進化し、仮想化環境のパフォーマンスが向上していますが、I/O のパフォーマンスはどうなのでしょう。この記事では、I/O パフォーマンスを向上させるための、デバイス (または PCI) パススルーと呼ばれる技術を調べてみましょう。この革新的な技術のおかげで、Intel (VT-d) または AMD (IOMMU) によるハードウェア・サポートを利用して PCI デバイスのパフォーマンスを向上させることができます。
記事 2009/10/13
Beagle Board で Linux をブートする
Beagle Board はオープン・ハードウェアによるシングルボード・コンピューターであり、安価であると同時に、満足できる程度の速さで Linux を実行することができます。この記事では、Beagle Board について学ぶと同時に、Linux 開発環境を安価で手に入れる方法も学びましょう。
記事 2009/8/18
Linux ハイパーバイザーの徹底調査
最近 Linux に対して行われた革新のなかで最も重要なものの 1 つとして挙げられるのは、Linux がハイパーバイザー (他のオペレーティング・システムのためのオペレーティング・システム) へ変身したことです。この革新により、Linux をコアに使用した多くのハイパーバイザー・ソリューションが登場しています。この記事では、ハイパーバイザーの背後にある概念と、Linux をプラットフォームとして使用する具体的なハイパーバイザーとして KVM と Lguest の 2 つを探ります。
記事 2009/5/31
Linux クラウドの自動インストール
クラウド・コンピューティングとストレージは、物理リソース (プロセッサー、ストレージなど) をインターネットで拡張可能かつ共有可能なリソース (「サービス」としてのコンピューティングとストレージ) に変身させます。この物理リソースのサービスへの変換は、仮想化によって一段とスケーラブルかつ効率的になります。ここで言っている仮想化は新しい概念というわけではなく、サーバーを仮想化して物理システムを共有できるようにするということです。クラウド・コンピューティングでは、ユーザーは実際のリソースがどこにあるのか、そしてリソースがどのように構成されているのかを知らなくても、大量のコンピューティング・リソースやストレージ・リソースにアクセスすることができます。ここで大きな役割を果たすのは、ご想像のとおり Linux です。この記事を読んで、クラウド・コンピューティングについて、そして雲の向こうにどうしてペンギンがいるのか (インターネットの向こうになぜ Linux が必要なのか) を理解してください。
記事 2009/2/11
怠惰な Linux: 管理者に必須の 10 の秘訣
この記事で紹介する 10 の秘訣を学ぶと、宇宙で最も強力な Linux 管理者になることができます・・・。いや、それほど大げさではないかもしれませんが、大規模な環境で作業する場合には、こうした秘訣が必要なのです。SSH トンネルや VNC、パスワードの回復、コンソール出力を盗み見る方法などについて学びましょう。それぞれの秘訣には例を挙げてあるため、皆さんが自分のシステムでそうした秘訣を試してみることができます。
記事 2008/7/20
コア・パートナー: 第 4 回 PlayStation 3 Wi-Fi ネットワークを管理する
Terra Soft Solutions 社の IT マネージャーである Aaron Johnson が、Cell Broadband Engine をベースとした Sony PlayStation 3に組み込まれた Wi-Fi ネットワークを構成し、暗号化する方法をステップバイステップで紹介します。さらに、PS3 で無線ネットワークを有線ネットワークに切り替える方法を説明する簡単な 16 のステップも学んでください。
記事 2008/6/17
PlayStation 3 での Linux 開発: 第 3 回 簡単な方法で X11 をスリムにする
ソニーの PlayStation 3 (PS3) は Linux を実行することができます。しかし Linux を適切に実行させるためには少し調整が必要です。シリーズ最終回であるこの第 3 回では、Peter Seebach が、より小さなメモリー範囲に収まるように X11 をスリムにする方法について説明します。
記事 2008/4/08
PlayStation 3 での Linux 開発: 第 2 回 メモリーを有効に利用する
ソニーの PlayStation 3 (PS3) は Linux を実行することができます。しかし Linux を適切に実行させるためには少し調整が必要です。このシリーズの 2 回目である今回は Peter Seebach が、メモリーは一体どこに使われているのかを調べ、そうしたメモリーを有効に利用する方法について説明します。
記事 2008/3/31
PlayStation 3 での Linux 開発: 第 1 回 単なるゲーム機を超える
ソニーの PlayStation 3 (PS3) は Linux を実行することができます。しかし Linux を適切に実行させるためには少し調整が必要です。この記事はシリーズの第 1 回として、Peter Seebach が PS3 Linux の特徴や利点を紹介し、また少し調整するだけでメリットが得られる問題をいくつか説明します。
記事 2008/3/18
Linux on board: Nokia N800 のカメラにアクセスする
今回の「Linux on board」の 3 回からなるシリーズでは、カメラ機能を使ってウェブカメラを作成する実際の例をとおして、アプリケーションの作成をどのように始めればよいかを説明します。今回の記事では、Nokia N800 に搭載されているウェブカメラに GStreamer を使ってアクセスし、カメラ・アプリケーションの作成を始める手順を説明します。(この作業は皆さんが想像するほど大変なものではありません。その理由は何といっても既存のアプリケーションを利用しているためです。)
記事 2007/11/27
Linux スラブ・アロケーターの徹底調査
オペレーティング・システムのパフォーマンスの良し悪しは、オペレーティング・システムがどれだけ効率的にリソースを管理できるかによってある程度決まります。かつてはヒープ・メモリー・マネージャーがメモリー管理の標準でしたが、フラグメント化、それにメモリーを再利用しなければならないということがパフォーマンスの弱点になっていました。現在 Linux カーネルで使用されているのは、メモリーをサイズに応じたオブジェクトとして割り当てるという方法です。元々この方法が生まれたのは Solaris でしたが、だいぶ前から組み込みシステムで使用されています。この記事ではそんなスラブ・アロケーターの背後にある概念を探り、スラブ・アロケーターのインターフェースとその使用方法を検討します。
記事 2007/5/15
障害発生時の金科玉条: 第3回 ハードウェアかOSか、それが問題だ
I/O関連のトラブルやカーネルパニックなどの原因にハードウェアがかかわっているのは多々あることです。しかし、実際にそのような状況に直面した場合、どのように原因を探れば良いのでしょうか。今回から2回に分けて、PDに必要なハードウェア関連情報の収集方法について解説していきましょう。
記事 2007/4/20
障害発生時の金科玉条 第4回 ハードウェアかOSか、それが問題だ
障害発生時にPDに必要なハードウェア関連情報の収集方法を解説する本稿。今回は、ハードウェアRAIDの監視について解説します。
記事 2007/4/20
Linux カーネル仮想マシンを探る
Linux と柔軟性は切り離せないものですが、仮想化のオプションにしてもそれは同じことです。しかし最近では、カーネル仮想マシン (KVM) の登場によって Linux 仮想化の全体像が変わってきています。KVM は主流の Linux カーネル (V2.6.20) に統合される初の仮想化ソリューションです。Linux ゲスト・オペレーティング・システムの仮想化をサポートする KVM は、Windows でさえも仮想化を認識するハードウェアでサポートします。この記事で、Linux KVM のアーキテクチャーについて、そして Linux KVM と Linux カーネルとの統合が Linux の使い方を変えるかもしれない理由について学んでください。
記事 2007/4/18
Cell BE プロセッサーでのハイパフォーマンス・アプリケーションのプログラミング、第 5 回: C/C++ での SPU のプログラミング
連載「Cell BE プロセッサーでのハイパフォーマンス・アプリケーションのプログラミング」の第 5 回では、これまでに学んだ相乗演算処理装置 (SPU) の知識を、Cell BE (Cell Broadband Engine) プロセッサーの C/C++ プログラミングに応用します。ベクトル拡張機能を使用する方法、コンパイラーに分岐を予測するよう指示する方法、そして DMA 転送を C/C++ で実行する方法を学んでください。
記事 2007/3/20
Linux と対称型マルチプロセッシング
代表的な中央演算処理装置 (CPU) ベンダーの数々を見ても明らかなように、マルチコア・プロセッサーがデスクトップ市場と組み込み市場を独占しようとしています。マルチプロセッシングによって確かにパフォーマンスは向上しますが、新たな問題も伴います。この記事ではマルチプロセッシングの背後にある概念、そして SMP を活用する Linux 対応アプリケーションを開発する方法を検討します。
記事 2007/3/14
Power アーキテクチャーのためのアセンブリー言語 第 4 回: 関数コールと PowerPC の 64-ビット ABI
ABI (Application Binary Interface) とは、作成した言語やコンパイルしたコンパイラーが異なるプログラム同士がそれぞれの関数を互いに呼び出せるようにするための一連の規則のことです。4 回からなる連載の最終回となるこの記事では、64-ビットのELF システム (UNIX ライクなシステム) に対応した PowerPC ABI について説明し、PowerPC ABI を使用して関数を作成し、呼び出す方法についても取り上げます。64-ビットの PowerPC ABI がどのように機能するかを詳しく知ることで、アセンブリー言語でプログラミングしているかどうかに関わらず、POWER5 や他の PowerPC ベースのプロセッサーに対応した 64-ビットのプログラムを一層効率的に作成できるようになります。この記事では取り上げていませんが、32-ビット ABI もあります。
記事 2007/2/28
Linux のヒント: CUPS を使って DVI ファイルを印刷する
皆さんは、Linux で DVI ファイルや他のファイルを印刷しようとして「unsupported format」メッセージを受け取ったことはないでしょうか。このヒントでは、既存のツールを組み合わせて DVI ファイル印刷用の CUPS プリント・フィルターを作成する方法を説明します。
記事 2007/2/07
Power アーキテクチャーのためのアセンブリー言語: 第 3 回: PowerPC 分岐プロセッサーでのプログラミング
これまでの 2 回の記事では、POWER5 プロセッサー上で 64-ビットの PowerPC 命令セットを使用してプログラムがどのように動作するか、また PowerPC 命令セットがどのようにしてメモリーをアドレス指定するか、そして位置に依存しないコードを作成する方法について説明してきました。今回の記事では、PowerPC 命令セットに用意されている非常に効果的な条件命令および分岐命令の使い方に焦点を当てます。
記事 2007/1/17
Cell BE プロセッサーでのハイパフォーマンス・アプリケーションのプログラミング、第 1 回: PLAYSTATION 3 での Linux 入門
プログラマーが新たな Cell Broadband Engine? (Cell BE) プロセッサーを体験して使いこなせるようになるには、SonyR PLAYSTATIONR 3 (PS3) が最も簡単で最も安上がりな方法になります。この記事を読んで、話題の全容、そして PS3 に LinuxR をインストールして PS3 の Cell BE プロセッサーを対象とした開発に着手する方法を学んでください。
記事 2007/1/03
オープンソースのロボット・ツールキット
ロボットを作るためには、組み込みのファームウェアやハードウェア設計、センサーの選択、コントロール・システムの設計、そして機械設計など、様々な分野でのスキルが必要です。しかしシミュレーション環境を利用すれば、開発に高いコスト (そして時間) をかけなくても、テストや測定、ロボット・アルゴリズムの視覚化などのための仮想的な場を作ることができます。この記事では、Linux 用のオープンソースのロボット技術ツールキットをいくつか紹介し、それらの機能を実際に使ってみながら、皆さんが最適なものを選ぶ際の参考にしたいと思います。
記事 2006/9/05
Linux のためのオープン BIOS
多くのシステムでは、ブート時間の大部分を MS-DOS に対するレガシー・サポートに費やされています。LinuxBIOS や Open Firmware など様々なプロジェクトでは、特定のシステム専用に作られた BIOS システムを、Linux カーネルをロードし、実行するために必要なことのみを行う、整理されたコードで置き換えようとしています。この記事では、こうした分野の概要を説明します。
記事 2006/8/31
Linuxアプリケーションの64ビット・システムへの移植
64ビット・アーキテクチャーの普及に伴い、Linux ソフトウェアを64ビット対応にすることが今まで以上に重要となってきました。宣言と代入、ビット・シフト、型定義、文字列の書式設定などの際に移植性を阻む落とし穴を避ける方法を学びましょう。
記事 2006/4/12
Linux用タッチスクリーンをインストールする
タッチスクリーンがカスタム・デジタル・メディア・センター(家庭用または車載用)、DVR、PVRなどのデバイス、そして家事ロボットの制御インターフェースに加わることで、バックエンドのLinuxアプリケーションが非常に使いやすくなります。この記事では、Sony PSOneのLCDのインストール、モードラインの作成、およびタッチスクリーンのインストールについて概要を述べます。すべてLinux向けです。
記事 2005/12/06
Linuxデバッギング・ツールとしてのシグナル
シグナル・ハンドラーを使用してキャプチャーしたデータの解析に集中することで、デバッグで最も時間のかかる部分、すなわちバグの発見をスピードアップすることができます。この記事では、特にPPC Linuxでテストした例を交えて、Linux シグナルの背景を解説します。
記事 2005/11/29
Solarisからx86の Linuxへの移植ガイド
この移植ガイドでは、Linux/x86への移行計画に関するアドバイスのほか、開発環境やアーキテクチャの違いについても説明します。
記事 2005/4/29
POWER アーキテクチャー開発者用ガイド
スーパーコンピューター、ゲーム機、サーバー、そして携帯電話などでPOWERプロセッサーは活躍しており、全てが共通のアーキテクチャーから形成されています。
記事 2004/3/30
LinuxでCDを焼く
Linuxには、CDを作成するための強力で柔軟性の高いツールが用意されています。この記事では、mkisofs と cdrecord を紹介します。
記事 2003/4/23
ハイパー・スレッド処理でLinuxを高速化
IntelのXeonプロセッサーに、ハイパー・スレッド処理 (HT: Hyper-Threading) という新しいテクノロジーが導入されました。Xeonプロセッサーは、それぞれのプロセッサーで同時に並行して複数のスレッドを実行できるようになり、性能を格段に向上させることができます。
記事 2003/1/01

1 - 35 件のうちの 35 件 概要の表示 | 概要の非表示 検索結果に登録(RSS)