技術文書一覧

  • spacer 製品、トピックスやコンテンツ・タイプでフィルターをかける

    (0 製品)

    (85 トピック)

    (0 インダストリー)

    (3 種類)

クラウド・プラットフォーム IBM Bluemixで次のアプリを開発しましょう。

 

1 - 43 件のうちの 43 件 概要の表示 | 概要の非表示 検索結果に登録(RSS)

結果の表示
タイトル none 種類 none 日付 down
Docker コンテナー・ネットワークを使用する
セキュアに連動する Web アプリケーションを構築するには、Docker のネットワーク機能を使用してください。ネットワークとは、定義上、コンテナーを完全に分離するためのものです。したがって、アプリケーションの実行場所とするネットワークを制御することが重要となります。その制御を可能にするのが、Docker コンテナー・ネットワークです。以下の記事で、Docker エンジンがデフォルトで作成するネットワークのタイプについて解説し、独自のユーザー定義ネットワークを作成する方法を紹介します。
記事 2016/9/01
Cobbler によるシステム・インストールの自動化と管理
Cobbler はインストール・サーバーのセットアップと管理に必要なタスクを一元化することで、システムのプロビジョニングを容易に行えるようにします。この記事では、Cobbler に備わっている機能の一部を取り上げて紹介するとともに、Cobbler をインストールする方法、複数のクライアント・マシンを自動的にインストールするのに適した構成を作成する方法を説明します。
記事 2013/7/04
LPI 試験対策: ネットワーク・クライアントの管理
このチュートリアルは、Linux での中級レベルのネットワーク管理について取り上げる全 7 回からなるシリーズの第 5 回目です。今回も引き続き、David Mertz が LPI (Linux Professional Institute) の LPIC-2 (中級レベルの管理) 202 試験に備えるためのお手伝いをします。今回のチュートリアルではいくつかのプロトコルを取り上げ、ネットワーク内のクライアントのネットワーク設定を集中化して構成する方法をプロトコル別に検討します。DHCP は、IP アドレスの割り当てをはじめ、クライアント・マシンとの基本ハンドシェークを確立するために広く使われているプロトコルです。上位レベルでは、ネットワーク上のマシンの間で任意の情報を共有するために、NIS と (NIS よりも一般的な) LDAP が使用されています。このチュートリアルでは、柔軟でネットワーク化されたユーザー認証システム、PAM についても説明します。
記事 2012/8/02
Linux カーネル 3.3 と 3.4 の紹介
2012年 3月、Linux カーネルのバージョン 3.3 がリリースされました (続いて 5 月にバージョン 3.4 がリリースされました)。これらのリリースでは、ちょっとした機能の追加やバグ修正が大量に行われたことに加え、いくつかの重要な変更が行われています。例えば、Google Android プロジェクトがマージされたこと、Open vSwitch がマージされたこと、ネットワーク機能に関する何点かの改善がなされたこと (チーミング・ネットワーク・デバイスなど)、ファイルシステム、メモリー管理、仮想化に関してさまざまな更新が行われたことなどが挙げられます。この記事では、バージョン 3.3 と 3.4 で行われた数多くの重要な変更について探り、バージョン 3.5 で予定されている変更についてもチラッと覗いてみましょう。
記事 2012/7/19
セキュアな Linux: 第 1 回 SELinux ― その開発の歴史、アーキテクチャー、そして動作原理
Linux に強制アクセス制御 (MAC: Mandatory Access Control) 機能を提供する強力なモジュールである Security-Enhanced Linux に関して、その開発の歴史における基本的なマイルストーン、アーキテクチャー、動作原理を学んでください。この記事は世界の developerWorks 読者に提供するための記事として、developerWorks ロシアに投稿された記事から特別に選ばれて翻訳されたものです。
記事 2012/6/28
ネットワーク・ツー・ネットワーク接続や、ポイント・ツー・ポイント接続で Linux の IPsec を使用して VPN を構成する
この記事では、VPN を設計する場合の原則、VPN を導入するための基本事項、IPsec プロトコルの概念について詳細に説明し、また IPsec の機能の概要、IPsec の実装に必要なメカニズムについて説明します。この記事は世界の developerWorks 読者に提供するための記事として、developerWorks ロシアに投稿された記事から特別に選ばれて翻訳されたものです。
記事 2012/6/14
オペレーティング・システムでもあり、汎用プラットフォームでもある Linux についての考察
Linux はあらゆるところで使われています。小型のものであればスマートフォンから、インターネットの仮想バックボーン、そして大型のものであれば最強のスーパーコンピューターに至るまで、Linux が使われています。これらのプラットフォームに期待される機能の多様さを考えると、これほどまで広範に使われるようになるのは大変なことです。この記事では、Linux がいかに幅広く使用されており、小型機器や大型機器、そしてその中間のあらゆる機器をどれほどサポートしているかを説明します。
記事 2012/4/12
Linux の 302 (Mixed Environment) 試験対策: ドメイン制御
SMB/CIFS の専門用語で言うドメインは、ワークグループと似ています。つまり、ドメインとは関連するコンピューターの集まりであり、これらのコンピューターは通常、単一のローカル・ネットワーク上に存在します。ただし、ドメインにはドメイン・コントローラーと呼ばれる特殊なコンピューターがあります。ドメイン・コントローラーはドメイン内のすべてのサーバーへのログオンを管理するだけでなく、その他にもいくつかのサービスを提供します。Samba はドメイン・コントローラーとして機能することができますが、そのためには、設定しなければならない Samba オプションがあります。
記事 2011/9/16
Linux の 302 (Mixed Environment) 試験対策: ファイル・サービス
システム管理者のための、LPIC (Linux Professional Institute Certification) の LPI-302 試験に備えるために、この記事では混在環境でファイル共有を作成および構成する方法を学びます。
記事 2011/6/24
Linux の 302 (Mixed Environment) 試験対策: Samba を構成する
Samba では、その構成パラメーターを管理および保管するのに、人間が読んで理解できるファイルを使用します。したがって、Samba を構成する上で必要となる最も高度なツールと言えば、テキスト・エディターくらいのものです。今回は、構成ファイルの構造、Samba がネットワークとやりとりする仕組み、ロギングを構成する方法、そして Samba での問題をデバッグする方法を学んでください。
記事 2011/6/17
Linux の 302 (Mixed Environment) 試験対策: Samba のインストールとアップグレード
ほとんどのソフトウェアと同様に、Samba を使用するには、まず Samba をインストールしなければなりません。それにはいくつかの方法がありますが、大きく分けると、ソース・コードをコンパイルしてインストールする方法、そしてビルド済みバイナリー・パッケージをインストールする方法の 2 つに分類することができます。前者は比較的難しい方法ながらも、より柔軟性の高い選択肢です。一方、後者の方法は大抵の Linux ディストリビューションで至って簡単に実行できるものの、サポートするバージョン、適用するパッチ、コンパイル時に指定可能なオプションなどについては、ディストリビューションの保守管理者の決定に従わなければなりません。
記事 2011/4/20
Linux の 302 (Mixed Environment) 試験対策: Samba を構成し、ソースからビルドする
ほとんどの Linux ソフトウェアと同じく、Samba はオープンソースです。したがって、Samba のプログラマーたちが使用したオリジナルのソース・コード・ファイルを入手して、自分のシステムに合わせたバイナリー・パッケージをコンパイルすることができます。ソースからコンパイルすることで、ディストリビューションの保守管理者が提供しているソフトウェアよりも新しいソフトウェアを実行したり、コンパイル時のオプションを調整したりすることができます。また、最適なパフォーマンスを得られるようにコンパイラーの機能を設定することも、さらには、ソース・コードを変更することも可能です。今回の記事で、その方法を学びましょう。
記事 2011/4/14
Linux の 302 (Mixed Environment) 試験対策: 簡易データベース (TDB) ファイル
Samba は、Linux と Windows のファイルおよびプリント・サービスの共有を統合する役割の一環として、Trivial Database ファイルに永続的なデータと一時的なデータの両方を格納します。LPI (Linux Professional Institute) 認定試験 LPI-302 に備え、Samba が情報を格納するために使用する TDB (Trivial Database: 簡易データベース) ファイル形式の概要と、TDB ファイルの内容を見る方法、そして TDB ファイルをバックアップする方法を学んでください。
記事 2011/3/08
Linux の 302 (Mixed Environment) 試験対策: Samba の役割
Samba は単一のプログラムというよりも、それぞれに特定の目的を持つ、相互に関係するサーバーとユーティリティーの集合です。Samba を構成するそれぞれのサーバーとユーティリティーの違いを理解することが、Samba システムを管理する上で役立ちます。さらに、Samba は多種多様なセキュリティー・モデルも実装しています。Samba を既存のネットワークに適切に組み込むにも、Samba を中心とした新しいネットワークをセットアップするにも、これらのセキュリティー・モデルを理解していることが必須となります。
記事 2011/2/23
Linux の 302 (Mixed Environment) 試験対策: 概念
システム管理者のための、LPIC (Linux Professional Institute Certification) の LPI-302 試験に備えるために、混在環境における SMB/CIFS、ファイル共有、プリント・サービス関連の基本概念を学んでください。
記事 2011/2/02
ネットワーク・ファイルシステムと Linux
NFS (Network File System) は 1984年から使用されていますが、その進化は今でも止まることなく、分散ファイルシステムの基礎となり続けています。現在 NFS は、(pNFS 拡張によって) ネットワーク全体に分散されたファイルに対するスケーラブルなアクセスを可能にするまでになりました。この記事では、分散ファイルシステムの背後にある概念、特に NFS での最近の進歩について詳しく探ります。
記事 2010/11/10
Linux での仮想ネットワーク構築
プラットフォームの仮想化が爆発的に普及しつつあるなか、当然、エンタープライズ・エコシステムの他の部分の仮想化も進んでいます。最近、仮想化が進んできた領域の 1 つとして挙げられるのは、仮想ネットワーク構築の領域です。プラットフォーム仮想化の初期の実装は仮想 NIC を生み出しましたが、現在はさらに多くのネットワークの構成要素が仮想化されるようになっています。例えば、1 台のサーバーまたは複数のサーバーに分散された VM 間の通信をサポートするスイッチもその 1 つです。この記事では、NIC とスイッチの仮想化に焦点を当て、仮想ネットワーク構築の背後にある概念を探ります。
記事 2010/10/27
SolarNetOne: すべての人のための、太陽電池によるネットワーキング
世界の多くの地域では、電力網が貧弱であり、コンピューターは十分普及しておらず、ネットワークへの接続はさらに困難です。このように、現代におけるその他多くの事柄やテクノロジーなどと同様、世界の人々は次第に「コンピューターを持つ者」と「コンピューターを持たざる者」という 2 つのグループに分断されつつあります。しかし、多くの人達がこの分断の問題に取り組んでいます。SolarNetOne は、電源、コンピューター、衛星回線が一体となった、インターネット・ホットスポットのターンキー・ソリューションです。つまり事実上どんな場所にも、小型車よりも安いコストで SolarNetOne を設置することができます。
記事 2009/6/30
Linux と Hadoop による分散コンピューティング
人々は毎日、検索エンジンを使ってインターネット上にあるテラバイトをはるかに超えるデータの中から特定のコンテンツを見つけていますが、皆さんはこの検索が実際にどのように実行されているのかを考えたことがあるでしょうか。その検索を実行する 1 つの方法として、Apache の Hadoop を使用する方法があります。Hadoop は膨大な量のデータを分散操作することができるソフトウェア・フレームワークで、その 1 つの応用として、インターネットの Web ページの索引付けを並列処理するための使い方があります。Hadoop は Apache のプロジェクトであり、Yahoo!、Google、IBM などによってサポートされています。この記事では Hadoop フレームワークを紹介し、Hadoop が Linux ベースの最も重要な分散コンピューティング・フレームワークの 1 つである理由を説明します。
記事 2008/12/09
Parallel NFS を使ってファイルシステムのスケーリングを行う
NFS (Network File System) は最近のほとんどの LAN (Local Area Network) で使われているコンポーネントです。しかし NFS は、ハイパフォーマンス・コンピューティング全般に見られる、入出力操作が頻繁に要求されるようなアプリケーションには向いていません。少なくとも、最近まではそうでした。NFS 標準の最新バージョンには pNFS (Parallel NFS) が含まれています。pNFS はファイル共有を並列に実装したものであり、転送レートを何桁も向上させることができます。この入門記事では pNFS を紹介します。[注: この記事は、pNFS の起源および開発に関わったベンダーに関する記述を更新しました (編集者より)]
記事 2008/11/26
コア・パートナー: 第 4 回 PlayStation 3 Wi-Fi ネットワークを管理する
Terra Soft Solutions 社の IT マネージャーである Aaron Johnson が、Cell Broadband Engine をベースとした Sony PlayStation 3に組み込まれた Wi-Fi ネットワークを構成し、暗号化する方法をステップバイステップで紹介します。さらに、PS3 で無線ネットワークを有線ネットワークに切り替える方法を説明する簡単な 16 のステップも学んでください。
記事 2008/6/17
TCP 選択的確認応答に伴うパフォーマンス上のトレードオフ
選択的確認応答 (SACK) は、ネットワークで利用可能な全帯域幅を効果的に使用するには欠かせない TCP のオプション機能です。SACK はスループットに対する効果はあるものの、このような確認応答を処理するには TCP 送信側の CPU に負担がかかることが証明されています。この欠点は、商品として提供されているネットワーク上であっても、悪意のある相手に不正に利用される可能性があります。この記事では、Linux TCP スタック内でのこの問題の程度を明らかにする実験の測定結果を紹介します。ほとんどのディストリビューションでは、SACK はデフォルトで有効に設定されます。
記事 2008/3/31
Linux ネットワーク・スタックの徹底調査
Linux オペレーティング・システムでとりわけ優れた特徴の 1 つとなっているのは、そのネットワーク・スタックです。当初、BSD スタックの派生的なものだったネットワーク・スタックは、今では明確な一連のインターフェースで整然と編成されています。インターフェースには、共通ソケット層インターフェースやデバイス層といったプロトコルに依存しないインターフェースから、それぞれのネットワーク・プロトコルに固有のインターフェースまであります。この記事では、層という観点から Linux ネットワーク・スタックの構造を説明するとともに、そこに含まれる主要な構造をいくつか取り上げます。
記事 2007/6/27
IP エイリアスを使って 1 枚のネットワーク・カードで複数の SSL サイトをホストする
SSL と名前ベースの仮想ホストの併用への関心が高まっています。そんなことは不可能だと言う人もいますが、Apache では IP ベースの仮想ホストを使って仮想ホストを実装できます。John Liao と Jim Miles がこの記事でその方法を伝授します。
記事 2006/12/19
OpenSSL API によるセキュア・プログラミング: 第 3 回 セキュアなサービスを提供する
セキュアなサーバー・アプリケーションがなければ、セキュアなクライアント・アプリケーションが必要になることもありません。OpenSSL では、セキュアなサーバー・アプリケーションを作成できます。文書の上では手ごわそうに見えますが、実際は難しいことではありません。この 3 回シリーズの第 1 回で説明したコンセプトに基づいて、セキュアなサーバー・アプリケーションを構築する方法を学んでください。
記事 2006/9/27
SCTPによるネットワーキングの向上
この記事では、Linux 2.6カーネルのSCTPの主な機能を学び、このプロトコルによるマルチストリーミング機能を実現するサーバーおよびクライアントのソース・コードを見てみます。
記事 2006/2/28
サービス・ロケーション・プロトコルによるクライアント管理自動化
ここでは、SLPとそのアーキテクチャーについて紹介した後、オープン・ソースの実装でこのプロトコルを使用した場合のデモンストレーションを示します。
記事 2006/2/22
Linux におけるソケット機能の向上
この記事では、ソケット API を使用してアプリケーションの機能を最大限に引き出し、GNU/Linux 環境を調整して最適な結果を得るための 4つの方法について見ていきます。この記事で紹介する 4つのヒントを実行すれば、最適なソケット・アプリケーションを最初から設計・開発することができます。
記事 2006/2/03
Linux ソケット・プログラミングの 5 つの落とし穴
Sockets API は、ネットワーキング・アプリケーション開発のためのデファクト・スタンダードな API です。この API はシンプルですが、開発初心者が共通して経験する問題がいくつかあります。この記事では、このような最も一般的な落とし穴を説明して、それらを克服する方法を示します。
記事 2005/9/20
カーネル比較: 2.6カーネルでのネットワーク機能の改善
この記事では、新しいLinuxカーネルで行なわれる多くの領域の改善が、Linuxをよりセキュアに、また企業対応にしようとするユーザーの努力に対して、どのような影響を与えるかについて説明します。
記事 2004/3/03
Windows から Linux へのロードマップ: 第 7 回 ネットワーキング
今回は Linux が最高に力を発揮する部分である、ネットワーク関連の機能に関して説明します。
記事 2003/11/11
Linuxでワイヤレス・アクセスポイントを構築する
独自の管理ソフトウェアを書いたり変更したりできるようになるのが目標なら、ワイヤレス・アクセスポイントをカスタム構築するのがお勧めです。
記事 2003/7/22
サーバー・クリニック: SSHでの安全な接続
みなさんは間違いなくリモートサイトからサーバーで動作するSSHを使用したいと思われることでしょう。しかし、スムーズに進行させていくにはいくつかの秘訣があります。
記事 2003/7/10
洗練されたPerl:PerlでIMAPを使う
今回Tedが紹介してくれるのは、Mail::IMAPClient CPANモジュールでIMAPにアクセスする方法です。
記事 2003/6/19
共通テーマ: OpenSSH キー (鍵) の管理: 第 3 回
連載第3回目のこの記事では、OpenSSHエージェント接続転送を利用してセキュリティーを高める方法や、keychainシェル・スクリプトに加えられた最近の改善点についてご紹介します。
記事 2002/2/01
洗練されたPerl: xinetdプログラムによるシステム管理
xinetdデーモンは、inetdに代わるものであり、さまざまな改善された機能や新機能を備え、構成も容易です。この記事では、inetdの背景となる概念について説明し、xinetdの実際のセットアップ例を示します。
記事 2001/11/01
共通テーマ: OpenSSH キー (鍵) の管理: 第 2 回
第2回となる今回の記事では、Daniel Robbins氏が ssh-agent (私有鍵キャッシュ)、ならびに鍵ベース認証の利便性と柔軟性の飛躍的向上を目的とした特別なbashスクリプト「keychain」の概要を説明します。
記事 2001/9/01
共通テーマ: OpenSSH キー (鍵) の管理: 第 1 回
このシリーズでは、RSA認証およびDSA認証の仕組みについて、また、パスワードレス認証(パスワードを必要としない認証)の正しい設定方法について学びます。このシリーズ第1回目では、Daniel Robbins氏がRSA/DSA認証プロトコルについて紹介し、さらにネットワーク上におけるそれらの使用方法について説明します。
記事 2001/7/01
共通テーマ:iptablesダイナミック・ファイアウォール
ファイアウォールはきわめて有用なものです。しかし、ファイアウォールのルールに対して複雑で迅速な変更が必要な場合は、一体どうすればよいのでしょうか。その答えは簡単です。以下に示されるDaniel Robbinsのダイナミック・ファイアウォール・スクリプトを使えばよいのです。
記事 2001/4/01
ローカル・エリア・ネットワークのセットアップ
この記事では、Red Hat Linuxオペレーティング・システムが稼動している複数のコンピューターから成るローカル・エリア・ネットワーク (LAN) を構築する方法を説明します。最初は基本的な点、すなわちTCP/IP (伝送制御プロトコル / インターネット・プロトコル) スイートに関する概要と、LANにおけるIPアドレスの割り当てに関する説明を扱います。
記事 2001/2/01
Sambaのドメイン・コントローラー・サポート
Samba は、ファイルやプリンターの共用に大変適していますが、それ以上のことが可能です。この記事で、Daniel Robbins が示しているのは、Samba のドメイン・コントローラー機能 の設定の仕方です。これにより、Samba は Windows NT ドメインを制御し、ログイン要求をプロセスし、ローミング・ユーザー・プロファイルを保管することができます。
記事 2000/8/01
共通のスレッド: Samba 入門、第2回
前号の記事では、Samba の機能について紹介しました。いよいよ、あなたのシステムで、Samba を動かす時がやってきました。本稿では、Samba (バージョン 2.0.7) のコンパイル、インストール、および初期構成を行って、ユーザー環境で稼働させるためのプロセスを紹介します。
記事 2000/7/01
共通のスレッド: Sambaへの招待、第3回
Daniel Robbinsは、前回の記事で、初めて Samba を設定する際の手順を説明しました。さあ、あなたが行いたいことをすべて実行できるように、Samba を構成する時が遂にやって来ました。
記事 2000/7/01

1 - 43 件のうちの 43 件 概要の表示 | 概要の非表示 検索結果に登録(RSS)